ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジン作品をキレイに仕上げるポイントとアクセサリー加工に失敗しないコツ

      2017/05/05

完成したレジン作品をアクセサリーに加工する時にバリの処理や、作品の表面やサイドの凸凹、曇りに困った事はありませんか?今回は完成したレジン作品を既製品のように美しく仕上げるためのポイントをこちらの蝶のモチーフを使って写真付きで詳しくご紹介します。

仕上げ作業に使用した道具

  • ネイル用ファイル(ヤスリ)
  • つまようじ、歯ブラシ
  • UVレジン(レジンでコーティングする場合)
  • ツヤ出しニス(ニスでコーティングする場合)

仕上げ作業にはヤスリがけが必要不可欠です!

シリコンモールドを使用した場合によくできる、バリと呼ばれるシリコンモールドの枠にはみ出してしまった所にできる突起の処理で困った経験はありませんか?

レジンの場合はバリも薄く柔らかいのでカッターやハサミで簡単に取れますが、たまに厚みがあって取りにくいバリもあります。そんなバリの処理にはヤスリが欠かせません。

硬いバリは金属製の金ヤスリやネイル用の粗めのファイルで削って取りのぞきます。ヤスリはサイドの凸凹を整えたり、面取り(角を丸くする)の時にも使用します。

ヤスリにも種類がたくさんありますが、どのようなものを購入したらよいのでしょうか?

今回オススメするのはネイル用のファイルと金ヤスリです。紙ヤスリでも仕上げはできますが、表面を平らに整える時には平らな板などに固定して使用しなければ綺麗に平らにするのは困難です。ただ、紙ヤスリしか入らないような、細かい所や狭い場所の仕上げには必要になってくるので、小さい作品や複雑な形の作品を作りたい人は揃えておくと便利です。

ネイル用のファイルは最初から板状になっているので表面の仕上げにとても使いやすくコストパフォーマンスにも優れています。ファイルやヤスリには目が荒いものと細かいものがあります。ネイルファイルは裏表で荒いものと細かいものが別れているものが多いので、荒い、中くらい、細かいと3種類くらい粗さの違うものを何本か用意しましょう。100円ショップでもブロック状になっていて4面それぞれ粗さが違うという商品があります。爪の表面がピカピカになると書いてあるものは簡単な仕上げにも使用できてオススメです。

硬いバリや、大きく削りたい時は金属製の金ヤスリを使うと早く削る事ができます。金ヤスリも100円ショップで購入できます。平らで粗目と細目なもの、半円や丸型のものなど削る場所の形状に合わせて購入しましょう。

紙やすりの場合は、数字が小さい方が目が荒くなります。レジンに使用する時は240番くらいの粗め、600番~800番くらいの中目、1000番~1200番くらいの細目の3種類があると便利です。ヤスリは消耗品なので100円ショップなどの安いセットになっているものでOKです。

バリと気泡の処理で仕上げの下準備をしよう!

実際にバリの処理と、サイドや表面に残った気泡跡を埋める処理を写真付きで説明していきますね。

手順1 バリや凸凹をヤスリで整える


大きなバリをカッターやハサミで取りのぞき、硬いバリは粗目のヤスリで削って取りのぞきましょう。


表面、サイド、裏面の凸凹も粗目→中目→細目の順でヤスリがけをして表面を整えてます。

手順2 気泡跡の穴をUVレジンで埋める


ヤスリがけをしていると、気泡が残っていた所が白くなってわかりやすくなります。穴になっていてヤスリがけで出た粉が詰まって白くなっているので、水で洗い流し、歯ブラシやつまようじで粉を取りのぞきます。


キレイになった気泡跡の穴にUVレジンをつまようじで表面が盛り上がるくらいのせます。穴の中に気泡が入りやすいのでつまようじや貼りでグリグリ回して気泡を抜きながらレジンをのせましょう。2分程硬化させて固まったら盛り上がった部分を粗目→細目の順でヤスリで整えます。


気泡跡や凸凹ば無くなれば下準備は完了です。レジンでコーティングする場合はこれくらい凸凹が残っていても大丈夫です。

表面をコーティングしてパーツを仕上げよう

下準備が終わったら次は表面の曇りを除去していきます。表面をツヤツヤにするにはいくつか方法があります。

表面をコーティングする方法

  • レジンを薄く塗る
  • ツヤ出しニスを塗る
  • ツヤ出しニス用のスプレーを吹き付ける
  • コンパウンド(研磨剤)を使って磨く

などがあります。今回はレジンとツヤ出しニスで仕上げる方法を後ほど写真付きでご紹介します。その他の方法は以下のように加工します。

スプレータイプのツヤ出しニスを使用する場合

ツヤ出しニスのスプレータイプはUVコーティングできる物もあるのでレジンの黄ばみが気になる方にオススメです。臭いがキツイので屋外で使用しましょう。吹き付ける時は20~30センチ離して吹き付けます。1度にたくさん吹き付けるとムラになりやすいので、3回くらいにわけて吹き付けるとキレイに仕上がります。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

個人でも購入できる業務用のおすすめレジン液5選

レジン液は100円ショップでも購入出来ますが、5gとごく少量になります。 ポピュ …

【クラゲモチーフ】レジンとネイルシールで簡単♪海の中を漂うクラゲモチーフアクセサリー

水族館でも人気のクラゲ。男女問わず不思議な魅力にひかれている人も多いのでは?幻想 …

レジンで指輪を作ってみよう!

レジン作品は平面の台座にパーツを閉じ込める作品を作ることが多いと思いますが、一見 …

レジンで綺麗な宇宙色を再現してみよう

最近、女性たちの間でじわじわと人気が出ているのがレジンといわれるアクセサリーです …

スチームパンクにピッタリ!レジン用歯車パーツのオススメ商品とアリス風ペンダントトップの作り方

どこかレトロな雰囲気で男性にも人気の歯車パーツは、レジンでも大活躍のオススメパー …

これはおすすめ!レジンに対応出来る格安のUVライト!

UVレジンをするのに持っていると便利な「UVライト」。 UVレジン液は太陽光で硬 …

羊毛フェルトとレジンでふんわり猫モチーフのアクセサリー

ふわふわでかわいい羊毛フェルトの作品作りは根強い人気ですよね。最近ではキャラクタ …

100円ショップのシールを使って、簡単レジンストラップの作り方

今回は、プードルレジンストラップの作り方を紹介したいと思います。 100円ショッ …

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …

簡単さ重視!初心者向けレジンキットのご紹介

これからレジンをやってみたいとお考えの方は“色付けやデザインが難しそう” “そも …