ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫で活躍!ボタンの種類と用途について説明します!

      2017/05/24


一言でボタンと言っても大きさ、形、模様などたくさんありますよね。なぜ、そんなに種類が豊富なのでしょう?もちろん、それぞれにきちんと用途があるからです!
例えば、透明なボタンを少し柄のついたボタンや、パールなどのきらきらしたボタンに変えるだけでその洋服や小物の印象ががらりと変わったりします。
ボタンはおしゃれの影の立役者ですね。
今回はそんなボタンの種類とそれぞれの用途について説明します。

ボタンの穴

ボタンの穴には2つ穴、4つ穴、穴のない足つきのものがあります。
2つ穴のボタンは洋服やブラウスなどによく見られ、繊細な印象を与えます。
4つ穴のボタンも洋服が多いですが、2つ穴に比べてしっかりと縫い付けることができるので厚手の布地には4つ穴のボタンが向いています。スーツやコートには4つ穴が多いです。
足つきのボタンはボタンの裏に小さな輪っかのついた、コロンとしたデザインがとても可愛らしいボタンです。女性のおしゃれ着や子どもの制服などによく見られます。

ボタンの種類と用途

プラスチックボタン

 アクリルボタンやポリエステルボタン、ナイロンボタンなどがあります。大量生産が可能な為、安価で購入することができます。
用途:シャツ・ブラウス

貝ボタン

 貝から作られるボタンです。高瀬貝、黒蝶貝、茶蝶貝、白蝶貝などがあります。ぱっと見   
 はプラスチックボタンに似ていますが、天然物なので同じ柄が2つとない高級感のあるボタンです。
 用途:シャツ・ブラウス

本水牛ボタン

 水牛の角からできている天然素材ボタンです。年数がたっても頑丈で変色することがないので長く使えるボタンです。ツヤ有、ツヤ無などもありサイズも豊富です。とても高級感のあるボタンです。
 用途:スーツ・コート・ジャケット

ヴィンテージボタン

 イギリス・オーストリア・フランスなどが有名な年代物のボタンのことです。アンティークボタンとも呼ばれています。色合いの豊かさだけでなく、動物・花・おかし(主に飴など)のデザインもとても豊富です。
 用途:ハンドメイドのパーツ(ヘアピン・アクセサリー)

メタルボタン

 銅、亜鉛、ニッケル、真鍮、アルミなど金属やメタル加工されたボタンのことです。最近では、髪留めなどの手芸の材料にする人も多いようです。デザインが豊富で、とても存在感のあるボタンです。
 用途:紺ブレザー

ウッドボタン

 竹・オリーブ・コクタン・ヒノキ・タガヤサンなどの木を原料にして作られたボタンです。温かみのある可愛らしいボタンで、小物などのハンドメイドにもよく使用されます。
 用途:コットンやリネンのナチュラル系の洋服・ハンドメイドのパーツ・子ども服

ナットボタン

 タグヤワシからできている、象牙によく似た白色のボタンです。本水牛ボタンに比べてカジュアルな印象で、麻やコットン生地などの素材がよく合うボタンです。
 用途:メンズのジャケット・カーディガン・ズボン

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

手縫いで赤ちゃん用品♪アイデア16品のご紹介!【裁縫好き必見】

ご出産を控えたプレママさんたちは、はやる気持ちを抑えながら準備をされていることで …

手縫い上手が教える「使って納得」使いやすい裁縫道具・裁縫セット!

手芸好きにとって裁縫道具は宝物です。 これがあれば何でもできる、そんな気がしてき …

100均で見つけた!使える裁縫グッズはこれ!

最近の100円均一はだいたいの裁縫グッズが揃ってしまうのでとても便利です。でも、 …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …

手縫いが上手になりたい!どんな練習をしたら上達するの?

ミシンより手軽にできる手縫い。でもその技量がはっきり出てしまうのが悩みですね。 …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …