ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

      2017/12/07

3000-2
外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはありませんか?これは裾のまつり縫いがほつれてしまった時の状況です。そのままにしておくと更にほつれて見栄えが悪くなるだけでなく、布も傷めてしまいます。できればすぐに補修して、もとの姿に戻しましょう。今回は、このまつり縫いについてお話します。

まつり縫いとは?

小学校で習ったかもしれませんが、もう一度まつり縫いのおさらいをしましょう。「まつる」とは裾などの布の端を折り、細かい縫い目を表に出しながらかがることを言います。まつり縫いには「流しまつり縫い」と「たてまつり縫い」の2種類があります。裾などによく使われるのが「流しまつり縫い」で、今回メインでお話する方法です。裏の縫い目は斜めになり表側はほとんど見えません。

糸と針の選び方

流しまつり縫いでは、基本的に目立たない色を選ぶのがポイントです。細い糸の方が目立ちにくくなります。材質は綿でも混紡でも、ポリエステルでもOKです。柔らかい布の場合は、ポリエステルなどの細い糸が向いています。針は短くて細い方がやりやすいでしょう。このような良い針を1本くらい持っておいても良いと思います。

布の折り方

出来上がりの線をまず折り、さらに端を1センチくらい折るので三つ折りという形になります。裏側を見ながら作業を行います。家にいる時は、アイロンをしっかりかけてから行うとやりやすいでしょう。
スカートやズボンなどの既製品でロックミシンが掛かっている場合は三つ折にせず、周りの寸法に合わせて折り、ミシンの縫い目上を進んでください。

縫い方

①糸を適当な長さに切って針穴に通し、玉結びを作ります。
②まつる部分の裏側から針を刺し、表に出します。
まつり②
③斜めに進み、布の織り糸を少しだけすくいます。糸を引っ張りすぎないようにしてください。
まつり③
④斜めに進み、手前の布の裏から表に針を出します。
まつり④
⑤糸を引くとこのような感じになります。
まつり⑤
⑥③~⑤を繰り返します。
まつり⑥
⑦最後はすくったところで玉止めをします。
まつり⑦
⑧玉止めを隠すように裏から出し、糸を切って終了です。
まつり⑧
⑨表側からはほとんど見えません。
まつり⑨
・途中で糸がなくなったら、三つ折の裏に糸を出して玉止めをします。新しい糸を用意し、同じ場所の裏からスタートして同様に進めます。

目立たなくする方法

何度も練習すれば次第に上手になりますが、コツは表地をすくうところです。布全体をしっかりすくうのではなく、織り糸の一部をすくう感覚をマスターしてください。縫い目の間隔が揃い、表の目に見える部分が少なければとてもきれいに仕上がります。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時 …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・ …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

裁縫用語のパイピングとは何のこと?

パイピングという言葉を聞いたことはありますか?裁縫で布を扱うときには色々と役に立 …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …

裁縫で使うチョークとは?~チャコペンとチョークについて~

裁縫用のチョークとはどのようなものか紹介します。また、チャコペンというものについ …

裁縫の玉止めが苦手なあなたへ!正しい玉止めの仕方と上手になるコツ!【写真付き】

何か作りたくて手縫いにトライしてみたものの、どうも最後の「玉止め」がうまくいかな …

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸に …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …