ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

      2017/12/07

3000-2
外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはありませんか?これは裾のまつり縫いがほつれてしまった時の状況です。そのままにしておくと更にほつれて見栄えが悪くなるだけでなく、布も傷めてしまいます。できればすぐに補修して、もとの姿に戻しましょう。今回は、このまつり縫いについてお話します。

まつり縫いとは?

小学校で習ったかもしれませんが、もう一度まつり縫いのおさらいをしましょう。「まつる」とは裾などの布の端を折り、細かい縫い目を表に出しながらかがることを言います。まつり縫いには「流しまつり縫い」と「たてまつり縫い」の2種類があります。裾などによく使われるのが「流しまつり縫い」で、今回メインでお話する方法です。裏の縫い目は斜めになり表側はほとんど見えません。

糸と針の選び方

流しまつり縫いでは、基本的に目立たない色を選ぶのがポイントです。細い糸の方が目立ちにくくなります。材質は綿でも混紡でも、ポリエステルでもOKです。柔らかい布の場合は、ポリエステルなどの細い糸が向いています。針は短くて細い方がやりやすいでしょう。このような良い針を1本くらい持っておいても良いと思います。

布の折り方

出来上がりの線をまず折り、さらに端を1センチくらい折るので三つ折りという形になります。裏側を見ながら作業を行います。家にいる時は、アイロンをしっかりかけてから行うとやりやすいでしょう。
スカートやズボンなどの既製品でロックミシンが掛かっている場合は三つ折にせず、周りの寸法に合わせて折り、ミシンの縫い目上を進んでください。

縫い方

①糸を適当な長さに切って針穴に通し、玉結びを作ります。
②まつる部分の裏側から針を刺し、表に出します。
まつり②
③斜めに進み、布の織り糸を少しだけすくいます。糸を引っ張りすぎないようにしてください。
まつり③
④斜めに進み、手前の布の裏から表に針を出します。
まつり④
⑤糸を引くとこのような感じになります。
まつり⑤
⑥③~⑤を繰り返します。
まつり⑥
⑦最後はすくったところで玉止めをします。
まつり⑦
⑧玉止めを隠すように裏から出し、糸を切って終了です。
まつり⑧
⑨表側からはほとんど見えません。
まつり⑨
・途中で糸がなくなったら、三つ折の裏に糸を出して玉止めをします。新しい糸を用意し、同じ場所の裏からスタートして同様に進めます。

目立たなくする方法

何度も練習すれば次第に上手になりますが、コツは表地をすくうところです。布全体をしっかりすくうのではなく、織り糸の一部をすくう感覚をマスターしてください。縫い目の間隔が揃い、表の目に見える部分が少なければとてもきれいに仕上がります。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸に …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

付け方説明!手縫いでかわいいポケットを付けましょう!

お手持ちのバッグやお洋服などに外ポケットを付けてみませんか? ちょこっとリメイク …

裁縫で使う道具~チャコペンって何?~

いきなりですがチャコペンとは何か知っていますか?裁縫をやってみようと考えている人 …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

手縫い上手が教える「使って納得」使いやすい裁縫道具・裁縫セット!

手芸好きにとって裁縫道具は宝物です。 これがあれば何でもできる、そんな気がしてき …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …