ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

   

3000-2
外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはありませんか?これは裾のまつり縫いがほつれてしまった時の状況です。そのままにしておくと更にほつれて見栄えが悪くなるだけでなく、布も傷めてしまいます。できればすぐに補修して、もとの姿に戻しましょう。今回は、このまつり縫いについてお話します。

まつり縫いとは?

小学校で習ったかもしれませんが、もう一度まつり縫いのおさらいをしましょう。「まつる」とは裾などの布の端を折り、細かい縫い目を表に出しながらかがることを言います。まつり縫いには「流しまつり縫い」と「たてまつり縫い」の2種類があります。裾などによく使われるのが「流しまつり縫い」で、今回メインでお話する方法です。裏の縫い目は斜めになり表側はほとんど見えません。

糸と針の選び方

流しまつり縫いでは、基本的に目立たない色を選ぶのがポイントです。細い糸の方が目立ちにくくなります。材質は綿でも混紡でも、ポリエステルでもOKです。柔らかい布の場合は、ポリエステルなどの細い糸が向いています。針は短くて細い方がやりやすいでしょう。

布の折り方

出来上がりの線をまず折り、さらに端を1センチくらい折るので三つ折りという形になります。裏側を見ながら作業を行います。家にいる時は、アイロンをしっかりかけてから行うとやりやすいでしょう。
スカートやズボンなどの既製品でロックミシンが掛かっている場合は三つ折にせず、周りの寸法に合わせて折り、ミシンの縫い目上を進んでください。

縫い方

①糸を適当な長さに切って針穴に通し、玉結びを作ります。
②まつる部分の裏側から針を刺し、表に出します。
まつり②
③斜めに進み、布の織り糸を少しだけすくいます。糸を引っ張りすぎないようにしてください。
まつり③
④斜めに進み、手前の布の裏から表に針を出します。
まつり④
⑤糸を引くとこのような感じになります。
まつり⑤
⑥③~⑤を繰り返します。
まつり⑥
⑦最後はすくったところで玉止めをします。
まつり⑦
⑧玉止めを隠すように裏から出し、糸を切って終了です。
まつり⑧
⑨表側からはほとんど見えません。
まつり⑨
・途中で糸がなくなったら、三つ折の裏に糸を出して玉止めをします。新しい糸を用意し、同じ場所の裏からスタートして同様に進めます。

目立たなくする方法

何度も練習すれば次第に上手になりますが、コツは表地をすくうところです。布全体をしっかりすくうのではなく、織り糸の一部をすくう感覚をマスターしてください。縫い目の間隔が揃い、表の目に見える部分が少なければとてもきれいに仕上がります。

注意すること

・まつり縫いをする時は、糸を引きすぎないようにしてください。適度な余裕がないと、美しい裾のラインが出ません。
・針やはさみの扱いは充分にお気をつけくださいね。特に外出先では落ち着かず、急いでいることもあります。針で指を刺さないように、慎重に作業を進めてください。

外出先では

外出先での裾のほつれ、本当に困りますね。応急処置で並縫いでもいいのですが、やはり見栄えがよくありません。ソーイングセットを持っていなければ、コンビニなどで簡易セットを購入しましょう。ほつれた部分から続きをやるのではなく、その数センチ前から重ねるように始め、終わりも数センチ重ねるように仕上げると再度ほつれることが少なくなります。

もうひとつのまつり縫い

アップリケやゼッケンなどに使われるのが「たてまつり縫い」で、表側から作業し縫い目が縦になる方法です。たてまつり縫いはしっかりと縫い付けるので、太めの綿がおすすめです。

☆縫い方
① アップリケなどを縫い付けたい場所に置き、待ち針で押さえておきます。
たて①
② 糸を適当な長さに切り、針穴に通してから玉結びを作ります。
③ 土台の布の裏から針を刺し、アップリケも通して表に出します。
たて③
④ 布端に対してほぼ垂直に針を刺し、裏に出します。
たて④
⑤ 適当な間隔を空け、裏から表に針を出します。
たて⑤
⑥ ④~⑤を繰り返します。
たて⑥
⑦ 最後は裏に針を出し、玉止めをして糸を切り終了です。
たて⑦
・途中で糸がなくなったら、裏に糸を出して玉止めをします。新しい糸を用意し、同じ場所の裏からスタートして同様に進めます。
・この方法で裾をまつるとがっしりした仕上がりになってしまい、表布もたわんで美しく仕上がりません。たてまつりは、あくまでも別布を縫い付ける作業として覚えておいてくださいね。

まとめ

まつり縫いのやり方を説明してきましたが、おわかりいただけましたでしょうか?まつり縫いにも2種類ありましたね。用途に合った方法を覚えておくと安心です。時間のある時にゆっくり復習してマスターしておきましょう。日頃からソーイングセットを持ち歩いていれば、外出先でも慌てることもありません。少し上手になったら、裾がほつれて困っている人に手を貸してあげましょう♪

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・ …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …