ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

   

2983-2
作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来ます
ファッションとしてつけ襟を楽しむ人が増えているので、作り方がわかれば、生地を変えたり、襟の形を変えてアレンジを楽しむことも容易になります。

作り方を説明する前に、1つ目のポイント。

それは、『すべての作業を丁寧に行う』ことです。
ものを作る時、丁寧に作業することは当たり前なのですが、襟は、型紙を移す時、縫う時、すべての作業が出来上がりの見栄えに影響します。
『ちょっとくらい曲がっても大丈夫!』なんてものも有りますが、襟はそういったミスが顕著に現れるので、可能な限り丁寧に作業しましょう。

襟の作り方

シャツやブラウスを作る際には、必ず型紙が存在します。
その型紙に合わせて、布を裁ちましょう。
表裏、2枚同じ形のものを用意します。
大抵の型紙には、中心になる部分に合印などがあるので、そういった印は忘れずにチャコペンで書き、縫い代は、周囲1cmにつけましょう。
ここで2つ目のポイント。
『角の印は交差させる』です。
角を普通に四角く書くと、角の位置が微妙に左右異なる可能性があります。
襟の出来上がりラインの延長で、縫い代側に長めに線を引く事で、角の位置が交差するので、角が明確になります。

襟の素材やデザインにもよりますが、一般的には接着芯を貼ります。
接着芯にも熱さが色々有りますが、薄手の接着芯は仕上がりが柔らかく、厚手の接着芯はしっかりしていてパリッとした襟になります。
貼る際は、表の襟布のみ貼りましょう。

縫い方手順

表布と裏布を合わせて縫う

それぞれの布を中表に合わせて、角の印にまち針を打ちます。
襟の出来上がり線をミシンで縫いましょう。
最初と最後は返し縫いを。
洋服につく側一辺は縫わずに残します。
(つけ襟を作る際は返し口を残してグルっと縫う場合もあります。)

ここで3つ目のポイント
『線の上をゆっくり的確に縫う』です。
縫ったところは出来上がりの線になるので、丁寧に縫いましょう。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

手縫いでミシンのような丈夫に縫うコツとは?

手縫いはミシンと比べ、糸の準備も簡単で場所も取らないのでお手軽に始められてとても …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

【徹底比較】手縫いとミシンの違いを調べてみました!

皆さんは何かを製作する時、手縫い派ですか?それともミシン派ですか?手縫いもミシン …