ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

スタイを手縫いで手作りしよう!

      2017/03/28

3166-2
赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。
ミシンがなくても、手縫いで作ることが出来ます。

スタイは、形、留め方のデザインも様々です。
インターネットで『スタイ 無料 型紙』で検索すると色々出てきますが、以下のサイトがデザイン豊富で、お好みのものが見つかりやすいでしょう。

デザイン

iemo 手作りスタイはプレゼントにも大好評。作り方とデザイン紹介
https://iemo.jp/61769

無料型紙

ハンドメイドノココロ
http://handmadenokokoro.web.fc2.com/katagami_index.html#s

無料型紙サイトで、好みの型紙をダウンロードして印刷。
それを切り抜きスタイを作ります。

スタイの作り方

最もポピュラーな作り方は、袋状にして作る方法です。

型紙を使い、表布・裏布ともにぬいしろ1cmつけて裁ちます。
この際、裏布は反転させて布を裁ちましょう。
スタイは、かぶるタイプも有りますが、たいていは、スナップやマジックテープで取付けられるように作ります。
首の真後ろで留めるときは、型紙が左右対称なので裏布を反転させる必要はありませんが、首の後を通し、前で留めるデザインの場合、スタイが左右非対称なので、裏布を反転させない袋状に縫うことが出来ません。
この点に気をつけて、布を裁ちましょう。

布を裁ったら、中表に2枚を合わせ、返し口を5cm程残して、ぐるりと周りを縫います。
返し口は、本やインターネットの作り方を参照する場合、記載していれば、その位置を縫い残しましょう。
縫い目は、曲線を綺麗に出すためにも、細かい方が良いでしょう。

返し口の記載がない場合は、できるだけカーブの緩いところを返し口にします。
カーブのキツイ所を返し口にすると、ひっくり返したあとまつる際、キレイなカーブを作るのが難しいので気をつけましょう。

縫い終わったら、ひっくり返します。
その際、縫い代に切り込みを入れてから返しましょう。
全体的にカーブが掛かっている箇所が多いですが、カーブのところは1cm幅程度で切込みを入れます。カーブのキツイところは、縫い目ギリギリまで切ることで、綺麗に仕上げることが出来ます。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

裁縫で使う道具~チャコペンって何?~

いきなりですがチャコペンとは何か知っていますか?裁縫をやってみようと考えている人 …

直線縫いだけ!ミシン初心者でも簡単トイレットペーパー収納の作り方

トイレットペーパーは1度に10個以上購入することが多くて、収納場所でもかさばりま …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

ソーイングセットの収納ケースは手作りしよう!おすすめ布小物作り方5選!

小学生の時に皆一度は購入したことのあるソーイングセット。様々なデザインがあり、長 …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時 …