ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

      2016/05/10

2780-2
ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。
洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてしまった、下着のゴムが緩んでしまった、そんな時は、自分で直してしまいましょう♪
そうすれば、色んな物が長持ちします。
直すだけでなく、手作りの巾着の紐やウエストゴムのスカートを作る時等、ゴムや紐を通す場面、意外とたくさんあるんです。
何を使うと通しやすいのか、ゴム通し・紐通しについて紹介します。

ゴム通し・紐通しの道具について

ゴム通し・紐通しは大きく分けると、三種類。
縫い針を大きくしたような形状で大きな穴があいたもの。(このタイプは金属とプラスチックが有ります)
金属をネジって、一方の先端がなっていて、もう一方の先端には玉がついたもの。
毛抜きのような形状で、紐やゴムを挟んで留める挟み式のもの。

できれば、通すものによって、ゴム通しも変えたいところですが、色々持っていてもわからなくなると思うので、通すものを選ばない挟み式を1本持っていると、とても重宝します。

他のゴム通し・紐通しは本体に開いた穴にゴムや紐を通すので、太いものには適していません。

オススメの紐通し・ゴム通し


ハサミ式のゴム通し・紐通しでオススメは、クロバーのハサミ式紐通し。
クロバー ひも通し はさみ式

先端がギザギザになっているので、挟んでいるものを逃しません。
本体の真ん中に可動式のリングがついていて、それを先端に移動させることによって、挟んだものを固定します。

ゴム通し・紐通しを使ったゴム・紐の通し方

ゴム通しの手順

ゴム・紐を必要数分より少し多めに(ゴムを通したあと、結んだり縫い止めたりする分)用意します。
ゴム・紐をゴム通しに結びつける、もしくは挟んで留めます。
通したいところの穴にゴム通しを入れます。

進む方向は、右利きなら、右から左、左利きなら、左から右が通しやすいです。
※以下右利きの場合の説明になります。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・ …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

直線縫いだけ!ミシン初心者でも簡単トイレットペーパー収納の作り方

トイレットペーパーは1度に10個以上購入することが多くて、収納場所でもかさばりま …

裁縫で使うチョークとは?~チャコペンとチョークについて~

裁縫用のチョークとはどのようなものか紹介します。また、チャコペンというものについ …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

ミシン・裁縫するならあると便利!リッパーの使い方

ミシンを使っていると、斜めになっちゃったから縫い直したい!なんてことありませんか …

裁縫で使う道具~チャコペンって何?~

いきなりですがチャコペンとは何か知っていますか?裁縫をやってみようと考えている人 …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

裁縫で活躍!ボタンの種類と用途について説明します!

一言でボタンと言っても大きさ、形、模様などたくさんありますよね。なぜ、そんなに種 …