ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

      2016/05/10

2780-2
ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。
洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてしまった、下着のゴムが緩んでしまった、そんな時は、自分で直してしまいましょう♪
そうすれば、色んな物が長持ちします。
直すだけでなく、手作りの巾着の紐やウエストゴムのスカートを作る時等、ゴムや紐を通す場面、意外とたくさんあるんです。
何を使うと通しやすいのか、ゴム通し・紐通しについて紹介します。

ゴム通し・紐通しの道具について

ゴム通し・紐通しは大きく分けると、三種類。
縫い針を大きくしたような形状で大きな穴があいたもの。(このタイプは金属とプラスチックが有ります)
金属をネジって、一方の先端がなっていて、もう一方の先端には玉がついたもの。
毛抜きのような形状で、紐やゴムを挟んで留める挟み式のもの。

できれば、通すものによって、ゴム通しも変えたいところですが、色々持っていてもわからなくなると思うので、通すものを選ばない挟み式を1本持っていると、とても重宝します。

他のゴム通し・紐通しは本体に開いた穴にゴムや紐を通すので、太いものには適していません。

オススメの紐通し・ゴム通し


ハサミ式のゴム通し・紐通しでオススメは、クロバーのハサミ式紐通し。
クロバー ひも通し はさみ式

先端がギザギザになっているので、挟んでいるものを逃しません。
本体の真ん中に可動式のリングがついていて、それを先端に移動させることによって、挟んだものを固定します。

ゴム通し・紐通しを使ったゴム・紐の通し方

ゴム通しの手順

ゴム・紐を必要数分より少し多めに(ゴムを通したあと、結んだり縫い止めたりする分)用意します。
ゴム・紐をゴム通しに結びつける、もしくは挟んで留めます。
通したいところの穴にゴム通しを入れます。

進む方向は、右利きなら、右から左、左利きなら、左から右が通しやすいです。
※以下右利きの場合の説明になります。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【お裁縫】どう取り替える?~ウエスト部分のゴムを取り替えたいとき~

自分で作った洋服でなくとも修繕したい場合もありますよね。よくあるのが、ウエストの …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・ …

直線縫いだけ!ミシン初心者でも簡単トイレットペーパー収納の作り方

トイレットペーパーは1度に10個以上購入することが多くて、収納場所でもかさばりま …

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …