ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

      2016/05/11

2782-2
手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言います。
並縫いしたら、縫い終わりに玉止めを作って糸を切る作業です。
糸止めにも色々有りますが、今回は、小学校で習う一般的な糸止めについて紹介します。

糸止めの方法

糸止めの作業は、《 針を置く・糸を巻く・針を抜く 》の順に行います。

針の置き方

縫いたい位置まで縫ったら、糸が布から出ている位置(布に穴が開いて糸が出ているところ)の真上に針を置きます。
針と布は平行に。
針の真ん中くらいに、『縫い終わりの糸が出ている穴(以下 糸が出ている穴 と表記)』が重なるようにしましょう。

針を置いたら、布と針を一緒に左手の人差し指と親指でつまんで、針がずれないように持ちます。
この時、『糸が出ている穴』を塞がないように、つまむ位置に気をつけましょう。

糸の巻き方

左手は、布と針をつまんだままに。
右手で針に糸を巻いていきます。
針の『糸が出ている穴』と重なる位置に、糸を時計回りに三回巻きます。
この時、糸をしっかり引いて、『糸が出ている穴』に針を巻きつけた糸がピッタリくっつくようにしましょう。(あまり引き過ぎると、並縫いしたところの糸も引いてしまいクシュクシュになるので気をつけて)
針に糸を巻いた位置が玉止めの位置になります。
いかに、縫い終わりぴったりに玉止めを作れるかがポイントです。
糸を巻いたら、左手の今までつまんだ手を、糸を巻きつけた位置に変えましょう。

針を抜く

左手のつまんだ指を、糸がずれない程度に緩めるように持ちます。
そして、右手で針を抜きましょう。
針についていた糸が、糸を巻きつけた位置で止まるまで、しっかり引きましょう。

 - 裁縫

  関連記事

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

裁縫で使うチョークとは?~チャコペンとチョークについて~

裁縫用のチョークとはどのようなものか紹介します。また、チャコペンというものについ …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …