ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

【簡単】手縫いで名前を刺繍する方法!初心者にもできる!

      2017/05/04

3912-2
通園・通学のバッグなどに名前を入れる機会が多くありますね。
アイロンプリントに手書きをするのも良いのですが、少しだけ手間をかけて名前を刺しゅうしてみませんか?
ミシンで機械的に仕上げるのではなく、ここではあえて温かみのある手縫いの楽しさを味わってみましょう。
今回は、手縫いで名前を刺しゅうする方法をお話します。

名前の刺しゅうのお話

もともと自分の名前を刺しゅうする文化は、19世紀のヨーロッパから始まったとされています。
この時代の女性はたしなみとして毎日刺しゅうのレッスンに励んでいました。
自分の持ち物にイニシャルを素敵なデザインで刺しゅうすることが流行し、文化として発展していきます。今回はここまでレベルの高いものを仕上げる必要はありません。
初めはうまくいかないかもしれませんが、温かみのある刺しゅうにぜひ挑戦してみましょう。自分の持ち物に名前がていねいに刺しゅうされていると、子どもは大変喜び大切にします。

手縫いで名前をつける方法

では実際にどんな方法で名前をつけるのか、説明しましょう。
使用する糸はきれいな刺しゅう糸でなくても、太めの色の付いた糸でも大丈夫です。
刺しゅう糸の場合は、使う分の長さだけカットし、6本どりをほぐして3本どりくらいにします。
針は、刺しゅう用の穴が縦長のタイプを使用しましょう。太めの色つき糸の場合は、太めの針で大丈夫です。
有名なフランス刺繍針でも350円くらいですから、1本あると安心です。このあたりが有名で失敗しないです。
縫い付ける方法は、「アウトラインステッチ」か「バックステッチ」が向いています。布にあらかじめチャコペンなどで下書きをし、その上をなぞるようにゆっくり進めていきます。
では次に、実際の画像を見ながら挑戦してみましょう。

名前をつける方法/アウトラインステッチ

それではアウトラインステッチの方法を説明しますね。
半返し縫いと似ていますが、斜めに重なるような仕上がりが特徴です。
目の幅を揃え、裏から針を出す際に隙間がないよう重ねるときれいに出来上がりますよ。

布の上に刺しゅうたい文字をチャコペンなどで下書きします。
アウトライン①
糸に玉結びを作り、裏から表へ出します。
アウトライン②
ラインに沿って、針を刺します。
アウトライン③
少し重ねるようにして、裏から表へ出します。
アウトライン④
同様に繰り返すと、かわいい手縫いの文字の完成です!
アウトライン⑤

名前をつける方法/バックステッチ

次にアウトラインステッチのやり方を説明します。本返し縫いと似ていますね。目の幅を揃えるときれいに仕上がります。コツをつかんで、どんどん利用しましょう。

布の上に刺しゅうたい文字をチャコペンなどで下書きします。
バック①
糸に玉結びを作り裏から表へ出しますが、スタートは出来上がりより少し先から始めます。
バック②
少し戻るようにして、ラインに沿って針を刺します。
バック③
少し先に針を出します。
バック④
同様に繰り返すと、かわいい手縫いの文字の完成です!
バック⑤

もし余裕がある場合は、自分の持ち物だとすぐにわかるマークや、型抜きのフェルトなどを使って縫い付けてもかわいいですね。
ビーズやスパンコールは、取れた時に危ないので控えましょう。

手縫いで名前を刺しゅうする際の注意点

子どもの持ち物は、洗濯の機会が多いです。せっかくきれいに刺しゅうしたものが、台無しになってしまっては悲しいですね。
手縫いで刺しゅうしたものは、できるだけ手洗いをおすすめします。
洗濯機を使用する場合は、ネットに入れて刺しゅう部分が引っかかるのを防ぎましょう。
また、漂白剤を使用すると、糸の部分の色が落ちてしまうことがあります。なるべく漂白剤は使用しないようにしましょう。

まとめ

手縫いで名前を刺しゅうする方法を紹介しましたが、いかがでしたか。
初めは多少難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば大丈夫ですよ。
決して美しく完璧に仕上げる必要はありません。心をこめて丁寧に仕上げた手縫いの名前は温かみがあります。
きっとお子さんも喜んでくれることでしょう。慣れてきたら、色々なものに刺しゅうをしてみて楽しんでくださいね!

 - 刺繍

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

まずは簡単ワンポイントマークから。刺繍レクチャー

刺繍はデザインの一部として使うのはもちろんなのですが、それが自分の目印になったり …

ハンドメイドに!刺繍ミシンを購入予定ならここに注目!商品紹介

刺繍というと、手でコツコツと作業をするイメージです。ひと針ひと針刺していき、少し …

[ハンドメイドコラム]知ったら作ってみたくなります。糸と針を使って描く刺繍の魅力

刺繍と聞いて持つイメージは・・・ 綺麗、かわいい、細かい、面倒くさそう、時間がか …

ソーイング男子と名乗るなら絶対できて欲しい裁縫BEST5!

ソーイング男子という言葉を聞いたことがあるでしょうか。その名の通り、趣味でソーイ …

初心者の為の刺繍入門

刺繍(ししゅう)とは 「種々な色の糸を用いて、布地の表面に絵や模様を縫い表すこと …

刺繍した布でくるみボタンを作ろう!

丸みを帯びたくるみボタンは、服のボタンからヘアピンやピアスなどのアクセサリー、そ …

[手作りしよう]手縫いで作る刺繍ワッペンで服やバッグをかわいく。作り方をご紹介

ワッペンというと、お店で買うものというイメージですが自分で作ることもできます。 …

刺繍を入れたオリジナルフェルトワッペンの作り方!初心者にも簡単!

ワッペンといえば洋服に開いた穴や汚れを隠すのに使ったり、手持ちの洋服やカバンにつ …