ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

      2016/08/31

3898-2
袋縫いという言葉を聞いたことがありますか?
初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思われるかもしれません。実は袋縫いとは、縫い代がほつれてこないよう縫い代を内側に入れ込んで縫い上げる方法です。
ミシンで縫うことが多いですが、今回はあえて手縫いで挑戦してみましょう。初めはなかなか慣れないかもしれません。
でも一旦コツを覚えてしまえば簡単ですよ。今回は袋縫いについて説明しますね。

袋縫いとは?

袋縫いとは縫い代がほつれないようにする方法で、薄い布やほつれやすい布、透ける布などに向いています。
2回縫うことになるので、しっかりした仕上がりになります。
パジャマのズボンの脇や、洋服の袖付けに施されます。洋服の場合は、縫い代が肌に直接触れないので着ていて心地よい、というメリットがあります。
透ける布は2本の縫い幅を細くすれば繊細な仕上がりになりますよ。手縫いのバッグにも向いていますね。内側に織り込むことで縫い代の始末がされるため、裏地が必要ないこともメリットです。
多少縫い方は違いますが、宣伝用ののぼり旗のポールを通す部分にも使用されることもあります。では次の画像を見ながら実際にやってみましょう。

袋縫いのやり方

では袋縫いのやり方を画像と一緒に説明しますので挑戦してみてください。

作りたいものの出来上がり線をチャコペンなどで引きます。
袋縫い①
2枚を外表に重ねて待ち針で止めます。
袋縫い②
出来上がり線より外側に1本並縫いをします。
袋縫い③
この時、縫い代がほつれて糸くずが出てきますので、はさみでゆっくりカットしましょう。本体を切らないように気をつけてくださいね。
袋縫い④
縫い代を割ってアイロンをかけるときれいに仕上がります。
袋縫い⑤
布を裏に返します。
袋縫い⑥
本来の出来上がり線を並縫いします。
袋縫い⑦
横から見ると袋状になっていますね。これで出来上がりです。
袋縫い⑧

袋縫いの際に注意すること

  • 印がずれると、ゆがんだりしわがよったりしますので待ち針でしっかり止めましょう。
  • ほつれた糸を切らずに作業すると、表に返した際に縫い目から糸端が出てきてしまいます。
  • 糸を引きすぎるときれいに仕上がらないので、糸こきをして平らにしながら作業ましょう。

まとめ

袋縫いのやり方、ご理解いただけたでしょうか。表から見ると、どういう仕組みになっているのか少々不思議に思いますね。
もうおわかりだと思いますが、実は簡単なことなのです。まっすぐ縫うだけなので、覚えてしまえばすぐにできますよ。
袋縫いを覚えると、手縫いでも色々なものが製作できるようになります。どうぞ今後も楽しい手縫いライフをお送りくださいね!

 - 裁縫

  関連記事

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

no image
かわいい!簡単なお裁縫!手作りマスコットの作り方

売り物のマスコットは可愛いけれど、自分で作ったものは特別でいいですよね。それに、 …

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …