ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

      2016/06/06

2982-2

ジッパーとは?

ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋服に付けられています。

ジッパーの語源は、1921年に米国のメーカーが、閉める時の「シューッ」という擬音の「Zip」からファスナーを「ジッパー」と命名したことから、この名前がつきました。
その後、1891年に米国ホイットコム・ジャドソン氏が、靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようと考えたものがファスナーの起源とされています。
出典:YKK株式会社

手芸では、主に、「ファスナー」という言葉で説明され、手芸用品店でも、この品名で販売され、長さ、種類、大きさ、様々なファスナーが売られています。

一番ポピュラーなファスナー=YKK フラットニットファスナー

洋服・ポーチ・カバー類など、幅広く使用されているファスナーです。
金属や、プラスチックでできたファスナーは、長さを調整する時、下止め金具や上止め金具というものを使い加工しますが、このフラットニットファスナーは、縫い止めができるので、初心者でも扱いやすいファスナーと言えます。
今回は、この「フラットニットファスナー」を使った、ファスナーの基礎的な縫い方を説明いたします。

フラットニットファスナーの付け方

ファスナーを付けるときは、必ずファスナーの両側に布が付くことになります。
手縫いでも、ミシンでも取付けは可能です。
今回は、クッションカバーなどに用いられる、ファスナーが見えないようにつける縫い方を説明します。

基礎縫いの材料

  • 縫い付け用布→22cm×10cmを2枚
  • フラットニットファスナー→20cm1本
  • しつけ糸
  • 針と縫い糸orミシン(ミシンの場合は押さえをファスナー用に交換しましょう)

1・縫い付け用布に線を引きましょう
22cmを横、10cmを縦として布を置いた状態での説明になります。
(ファスナーも横向きでの説明です)
上2.5cmに縫い代用の線を引きましょう。
左右・下の縫い代線は、今回線を引きませんが、実際に洋服や小物を作る際は、作り図などにファスナーつけ位置や、縫い代が記載されていることがほとんどなので、そちらを参照しましょう。
2枚とも、2.5cmの線を引いてください。

2・2.5cmの縫い代をしつけ糸で縫いましょう。
2枚の布を中表に合わせます。
まち針で、線と線を合わせて、しつけ糸で縫いましょう。
幅は1cm程、粗めでOKです。

3・縫い代を折りましょう。
しつけ糸で縫ったら、布を机に置きます。
2枚重ねて縫ったので、「上の布」「下の布」の状態になっていると思います。
まずは、上の布を縫い目に合わせて手前に折ります。
次に、下の布を後ろ側に折ります。
下の布は、縫い目に合わせず、縫い目から3mm残して折りましょう。
(この時、ひっくり返して折ったほうが降りやすいのでは?思う方もいるかもしれませんが、ひっくり返して折ると、3mm均等に残すのが見えず、難しくなるので、あえてひっくり返さずに後ろ側に倒すように折りましょう。)
布を置いて、「上の布」の上に「下の布」が3mm出た状態になっていればOKです。

4・ファスナーの片側を布に縫い付けましょう。
ファスナーを横向きに置きます。(ファスナー金具は、右でも左でも可)
ファスナーの下側の布の上に、縫い付け用布を置きます。
ファスナーのボコボコした部分ギリギリに、縫い付け用布の「残した3mm部分」を合わせましょう。
まち針を打って、「残した3mm部分」の真ん中をミシンがけ(もしくは手縫い)しましょう。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いを。

5・布を開き、ファスナーのもう一方の片側を縫い付けましょう。
ファスナーを縫い付けた状態で、最初と同じ向きで縫いつけ用布を机に置きます。
2枚の縫い付け用布の上の布を上側に倒し、全体を開きます。
この状態で、ファスナーのもう片側の布を、縫い付け用布に縫っていきます。
中心の合わせ目から上、1.2cmの所をミシンがけ(もしくは手縫い)しましょう。
ファスナーを縦にした時の上下(ファスナーを閉めた時の上下)は、ファスナーを横に渡るように縫い付け用布側から縫いましょう。
結果、縫い付け用布の表から見た時の縫い目は、コの字になっているのが理想です。

6・しつけをとって完成です。
工程2のしつけ糸を外して、完成となります。

まとめ

ファスナーと言っても、フラットニットファスナーのように、縫い付けが簡単なものもあれば、全体が金属でできたボールチェーン付きファスナーや、プラスチックでできたビスロンファスナー等、色々あります。
今回のファスナーの付け方は、フラットニットファスナーに適した縫い付け方法になりますが、他のファスナーでも付けることは可能です。
ただし、どのファスナーにも、適した縫い付け方法というのがあるので、できるだけ、ファスナーに合わせた縫い付け方法を選ぶのが良いでしょう。

ファスナーは、縫い付ける時に、ファスナー金具が邪魔になったりするので、ちょっと難しいのかな?と敬遠する方もいらっしゃると思います。
でも、基本の付け方を覚えたら、意外と簡単。
ファスナーを付けれるようになれば、作品の幅も広がるので、ぜひ挑戦してみてください。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【徹底比較】手縫いとミシンの違いを調べてみました!

皆さんは何かを製作する時、手縫い派ですか?それともミシン派ですか?手縫いもミシン …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時 …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸に …

手縫いが上手になりたい!どんな練習をしたら上達するの?

ミシンより手軽にできる手縫い。でもその技量がはっきり出てしまうのが悩みですね。 …

ソーイングセットの収納ケースは手作りしよう!おすすめ布小物作り方5選!

小学生の時に皆一度は購入したことのあるソーイングセット。様々なデザインがあり、長 …

手縫いで赤ちゃん用品♪アイデア16品のご紹介!【裁縫好き必見】

ご出産を控えたプレママさんたちは、はやる気持ちを抑えながら準備をされていることで …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …