ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

【フェイクフード初心者向け】簡単でリアル!菓子パン(アンパン・メロンパン)の作り方

   


フェイクフードの単品メニューで人気が高いパン。
その中でもダントツの人気を誇るのが、メロンパンです。
軽量紙粘土で作る簡単なメロンパンと、見た目がユニークなかじりかけのアンパンを作ってみましょう。

レシピ1:サクッとクッキー生地のメロンパン

難易度: ★★☆☆☆ 難しい作業はありません。
完成度: ★★★★★ リアルでかわいらしいメロンパンができます。
予算:  200円~500円

材料・用意するもの

  • 軽量紙粘土(100均ショップ各社で扱っています。商品名に「かるーい」などの記載があるもの)
  • アクリル絵の具(黄色・黄土色・茶色 100均ショップ各社で手に入ります)
  • 歯ブラシ (使い古したものがベストです)
  • メイク用パフ・メラニンスポンジなど
  • パレット (捨ててしまうプラスチック容器があればそれで充分です)
  • 筆 (できるだけ先が細い物 なければ100均ショップのネイル用ドット筆などが適しています)
  • テッィシュ
  • つまようじ・竹串など
  • ニス(水性・透明タイプ 100均ショップで購入できます)
  • (あると便利)使い古したハンドタオルなど毛羽立ちが少なく色が薄いタオル地のもの
  • (あると便利)スポイト、化粧品のプッシュ容器など水が入れられるもの
  • (あると便利)フェイクシュガーパウダー (なくてもできますが、100均のセリア手芸コーナーで購入できます)
  • (あると便利)カッターナイフ

手順

1.まず粘土の準備をします。
作りたいサイズのパンの大きさでねんどを取り出してよくこねます。
粘土を少し指でへこませて、アクリル絵の具の黄土色(イエローオーカー)を付け、よく混ぜます。
メロンパンですので、同じく黄色をつまようじの先ほど取り、上の粘土玉にさらに混ぜてください。
食パンなどよりもやや黄色い生地ができればOKです。
(粘土の着色については「食パンの作り方」に詳細な説明がありますので合わせてご覧ください)

2.メロンパンの形を作ります。
ここでは、かじりかけの中身が見えるタイプのもので説明をしますが、かじっていない丸いままのものを作る場合は、最初から黄色い生地だけでやや潰れた半球を作ればOKです。
〈項目4〉まで飛ばしてください。

かじりかけのメロンパンは、皮のクッキー生地と中のパン生地の2層の色の対比を見せますので、生地を2色分用意します。最初に黄土色で地色を付け、2つに分けて一方に黄色を足すといいでしょう。

3.生地を包んで成形します。
黄色いほうの生地を丸く薄く延ばします。
小麦色の方はそのまま丸めて玉にします。
小麦色の玉を、伸ばした黄色い生地で包み込んでいきます。
効き手でないほうの手で親指と人差し指をOKサインのように丸くしておいて、そこに黄色の生地を置き、玉を中に押し込むようにして包み始めます。
ある程度包めたら、指で閉じて穴がないようにならしてしまってください。

玉の閉じたほうを下にして、上から少しつぶして半球形にします。
これでメロンパンの原型ができました。

4.メロンパンの特徴的な網目を付けましょう。
竹串、粘土ベラ、定規などまっすぐである程度長さのあるものを用意します。
メロンパンの表面に押し付けるように、端から端まで直線の跡を付けてください。
並行に何本か線を付けたら、直角または斜めに同様に線を付けます。
メロンパンの網目はいろいろなパターンがありますから、WEBなどで画像検索をして、グッとくる形を選んでみてください。
線はできるだけはっきりとつけておいた方が出来上がりがきれいに見えます。

線を付け終わったら、歯ブラシなどを使って表面にボソボソとした質感を付けます。
メロンパンは表面のボソボソがはっきりしたパンなので、強めに付けておきましょう。

ここまでで一段落です。風通しの良いところで乾燥させておいてください。

5.かじりかけのパンを作ります。(必要ない方は飛ばしてください)
2層にして包み込んで作ったメロンパンをカットして、かじりかけの感じを作ります。
乾燥させ始めてから1日程度たった状態で作業をしてください。
メロンパンの一部をカットします。
カッターの刃を入れ、小刻みに動かして切り取っていきます。
大きく刃を引いてしまうと、ボロッとかけてしまう場合がありますので。
少しづつ少しづつ動かして、丸く、口の形をイメージして切りこみを入れてください。
切り込みが一周したら、指で引っ張ってねじるようにして外します。
まだ中が乾燥していない状態なので、少し粘った感じで外れるはずです。

切り取った部分が外れたら、メロンパンの中身の質感を付けましょう。
歯ブラシやつまようじの先などを使い、やや粗めにボソボソとするようにつつきます。

中身の質感が決まったら、乾燥場所に戻して完全に乾燥するまでそのままにしておきます。
丸い形は乾燥がゆっくり目ですので、3~4日は乾燥させてください。

6.焼き色を付けましょう。
メロンパンは、外のクッキー生地はそのままで、中のパン生地の表面が焼けるという独特の焼き色が特徴です。
筋の中に色を付ける必要がありますから、筆を使って着色します。
できるだけ先が細い筆を用意してください。ネイル用の極細筆などがあればベストです。

アクリル絵の具の黄土色(プラス茶色)を、かなり薄めに水で溶きます。
筆に絵の具を含ませたら軽くティッシュオフして余分な水を取り、筋の内側に色を付けていきます。
薄く薄く、少しづつ重ねるように色を付けたほうが、キレイに仕上がりますので、いきなり濃い色を使わないように気を付けて。

上手に色が付いたら、メロンパンもほぼ完成です。

7.〈項目6〉で着色に失敗したり、クッキー生地をよりカリッとした感じに仕上げたい場合の追加手順です。
(必要ない方は飛ばしてください)
筋の色が濃くなりすぎたり、くっきりしすぎて不自然になってしまった場合は、さらにひと手間かけることでリカバーすることができます。
シュガーパウダーを使って、表面を処理してしまいましょう。
100均の手芸コーナー(スイーツデココーナー)で購入できる、シュガーパウダーを使用します。

メロンパンの表面(上部だけで大丈夫です)に木工用ボンドを少量の水で溶いたものを塗ります。
シュガーパウダーは、平たい容器に入れて準備しておきます。
ボンドを塗ったメロンパンをシュガーパウダーに押し当てて、表面にパウダーをびっしりと付けます。
多すぎじゃないの?と思うくらいで大丈夫。
上面の隅々まで、パウダーで覆ってしまいましょう。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【フェイクフード初心者向け】一度は見ておきたいお勧めの本6選

これからフェイクフードにトライしてみようと思う方にぜひお勧めしたい書籍のご紹介で …

スライスしちゃいました!フレッシュでジューシーなフェイクフードトマトの作り方【2パターン】

八百屋さんの店頭でパッと目に飛び込んでくる赤。 トマトは植物とは思えないほどつや …

トロピカル感満載!ミニチュアフードマンゴーの作り方

最近スーパーのフルーツコーナーでも普通に見かけるようになったマンゴー。 独特な香 …

本格的!ご馳走フェイクフードハンバーグプレートの作り方

色々なフェイクフードを作っていくと、最終的にたどり着くのは「食べ物のある情景」に …

大人も子供も大好き!サクサク♪フェイクフードエビフライの作り方

今回は洋食の人気者、エビフライにチャレンジしてみましょう。 衣がサクサクで尻尾も …

色々な具材を楽しむ、ほっこり暖かいフェイクフードおでんの作り方【2パターン】

盛り合わせのフェイクフードでいろいろな具材を楽しむなら、おでんはうってつけのアイ …

ミニチュアフードの基礎・サイズのお話。フェイクフードとの違いは?【簡単クッキーレシピのおまけ付き】

フェイクフードと聞くと、どんなものを想像しますか? 最近ではフェイクスイーツを使 …

ふっくらして柔らかそう☆暖かさが伝わるフェイクフード肉まんの作り方

寒くなると恋しくなる食べ物の一つが肉まん。 割った瞬間の湯気や、口中に広がる肉汁 …

【フェイクフード初心者向け】切り口がみずみずしいリアルなキャベツの作り方

野菜はほとんどすべての食事に登場する素材ですね。 フェイクフードでも、さまざまな …

フェイクフードの「焼き海苔」の作り方!和食の基本素材でレパートリーを増やそう!

フェイクフードで和食系の料理を作るときに良く使う食材があります。 例えばお米。あ …