ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

本格的!ご馳走フェイクフードハンバーグプレートの作り方

      2016/08/25

3810-2
色々なフェイクフードを作っていくと、最終的にたどり着くのは「食べ物のある情景」になります。
家庭の食卓であったり、レストランのショーウィンドウであったり、パン屋さんやケーキ屋さんの店先であったり。
おいしそうな食べ物が醸し出す、小さな暖かい世界を作り上げることが、フェイクフードというハンドメイドの一つの目的地点です。
例えばそれがスマホケースの上でも小さなピアスでも変わりません。

今回ご紹介するのは、1皿に完結するご馳走の世界です。
難しそうに見えますが、1個1個の作成手順はそれほど複雑ではありません。
がんばって完成を目指しましょう。

レシピ:食器から作るハンバーグプレート

難易度: ★★★☆☆ 手順はやや多くなりますが、一つ一つは難しくありません。
完成度: ★★★★★ ミニチュアフードらしい作品が仕上がります。
予算:  0~1000円(全て一から100円均ショップでそろえる場合の目安です)

用意するもの

【材料】

  • 樹脂粘土 (白・黒 お手元になければ、100均ショップダイソーで購入できます)
  • 木粉粘土または軽量紙粘土 (100均ショップ各社で手に入ります。)
  • アクリル絵の具 (茶・こげ茶)
  • 水性絵の具 (12色入りを100均ショップで購入できます)
  • ニス(水性・透明タイプ 100均ショップで購入できます)
  • 木工用ボンド

【道具】

  • つまようじ
  • アルミホイル
  • カッターナイフ
  • 筆 (水彩用の平筆と、ネイル用の極細の2本があれば便利です)
  • 紙やすり (ネイル用爪ヤスリの目の粗いものがあれば代用可能です)
  • 不要なプラスチック容器など (水を入れるために使います)
  • 〈あると便利〉粘土ベラ (100均ショップで購入できますが、筆の軸などでも作業できます)
  • 〈あると便利〉楕円形や丸の容器のふたなど
  • 〈あると便利〉固さのあるプラスチックの板 (DVDケースや下敷きで大丈夫です)

手順

1.最初にプレートを作りましょう(木の台の作り方)
ハンバーグやステーキを乗せるためのプレートの作り方です。
※面倒な場合は100均ショップなどで売っているスイーツデコ用のお皿を使ってください。
その場合は〔手順3〕まで飛ばしてください。

今回は、初めての素材、「木粉粘土」というものを使ってご説明します。

木粉粘土は100均ショップでも手に入る、少し変わった粘土です。
クッキーなどを作るのに適していますので、興味があれば使ってみてください。
木粉粘土がない場合、軽量紙粘土がお手元にあればそれを使っても同じことができます。
軽量紙粘土を使用する場合は、あらかじめアクリル絵の具の黄土色を練り込んで、木の色の下地を付けておくと仕上げが楽になりますよ。

まず最初に粘土を取り出してよくこねます。
粘土の量は作りたい作品に合わせますが、型を付ける容器のふたなどがある場合そのサイズに合わせておきましょう。
木粉粘土や紙粘土は水分が多いため、最初の捏ね方が足りないと乾燥中に歪んで形が崩れる場合があります。
指先や手のひらを使って、粘土をすり合わせるように、粘り気が出てくるまでよく練っておきましょう。

捏ねた粘土を、やや厚みを持たして平らにつぶします。
固くて平らなプラスチックなどがあれば使ってください。
サンプルでは綿棒が入っていた容器のふたを使用しています。
サイズにもよりますが、5mm程度の厚さがあれば良いでしょう。

つぶした粘土に、鉄板をセットするくぼみを付けます。
サンプルで使用しているのは、日焼け止めクリームのフタです。
表面がはっきりとくぼむ程度に押し付けて、しっかりと跡を付けておきます。

くぼみの形と大きさに合わせ、周囲の縁をカッターで切り落とします。
最終的には仕上げで微調整しますので、ざっくりとでOKです。
大体の形ができたら、風通しの良い場所で完全に乾燥させてください。

木粉粘土、軽量紙粘土は比較的乾燥が早い粘土です。
3日程度あれば次の工程に進んでも問題ないでしょう。

粘土が完全に乾いたら、全体の形を綺麗に整えます。
大きなデコボコはカッターで削ります。
最後に紙やすりを使って全体をなめらかにします。
特に側面がきちんと垂直になっていない場合は、ここで綺麗に整えましょう。

表面に、カッターの刃の背中側を使って木目を掘ります。
長辺に沿って平行な線をランダムに刻んでください。
側面も忘れずに筋を付けます。

最後にアクリル絵の具を使って着色します。
少なめの水で溶いたアクリル絵の具の茶色や焦げ茶色を使い、自然な木のお皿をイメージして色を付けてください。
絵の具が乾いたら、トレイの木の部分は完成です。

2.プレートの鉄皿を作ります
〈1〉で作った木製の土台に合わせ、樹脂粘土の黒を使って鉄板を作ってみましょう。

樹脂粘土の黒をよくこねます。
木の土台のくぼみを薄く覆える程度の量で充分です。
捏ねた樹脂粘土を、平らなものを使って均一に薄くつぶします。
1mm程度の厚みが残るようにつぶしたら、土台のくぼみの上に乗せます。

粘土ベラや筆のお尻などの丸みのある棒を使い、くぼみに沿って形を作っていきます。
最初に中央部分を指で押さえてくぼみの形に大まかに合わせたら、くぼみの角の部分に沿わせるように棒を使い、しっかりと跡を付けてください。

ある程度形が付いたら裏返し、余分なフチの部分をカットします。
鉄皿も乾燥してから整えますので、ここでは大雑把で構いません。
カットしたら台に乗せて、もう一度角の部分にしっかりと跡を付け直しておきましょう。
風通しの良い場所で完全乾燥させてください。

乾燥したら、カッターやヤスリで縁を整えます。
最後に木工用ボンドを使って木の台にしっかりと貼りつけ、水性ニスを塗って仕上げておきます。
これでハンバーグの鉄板プレートの準備が整いました。

3.ハンバーグを作ります
さあ、料理に取り掛かりましょう。
ハンバーグは樹脂粘土を使って作ります。
プレートのサイズに合わせて作りたいハンバーグの大きさを決め、樹脂粘土を取り出してよくこねてください。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【フェイクフード初心者向け】皮むきもカットも自在!丸ごとりんごの作り方

フェイクフードでは果物も良く作られています。 ただし、そのままの形で使われること …

サクッと揚がった衣が決めて!フェイクフード天ぷらの作り方【ネタ4種】

本格的なフェイクフードの一つ、天ぷらに挑戦しましょう。 蕎麦屋の店頭の食品サンプ …

【初心者向け】簡単でカワイイ!フェイクフードマカロンの作り方

口に入れるとサクッとほどけ、中身はふんわりと軽やか。 カラフルな色と可愛らしい形 …

【フェイクフード初心者向け】カリッとジューシーなフェイクベーコンの作り方

100均ショップでも手軽に手に入るようになった、樹脂粘土。 フェイクフードでは、 …

まるで食品サンプル!フェイクフードの本格的握り寿司に挑戦!【マグロ・大トロ・イカ・サーモン・海老・たまご】

観光地で外国人向けに良く見かけるお土産といえば、お寿司のストラップ。 リアルに作 …

【フェイクフード初心者~中級者】フェイクラーメンの作り方2種【本物そっくり】

日本人に人気の食べ物といえばいくつかありますが、代表的な物の一つにラーメンがあり …

目移りしちゃう?カラフルなフェイクフードドーナッツ4種の作り方

フェイクフードのお菓子で人気のテーマの登場です。 ドールハウスやオーナメント、ス …

本格中華に挑戦!ピリッと赤が決め手のミニチュアフード麻婆豆腐の作り方

豆板醤たっぷりの真っ赤なソースに浮かぶのは、白くて四角いお豆腐。 ネギやひき肉が …

【フェイクフード初心者向け】簡単でリアル!菓子パン(アンパン・メロンパン)の作り方

フェイクフードの単品メニューで人気が高いパン。 その中でもダントツの人気を誇るの …

【フェイクフード初心者向け】シンプルなミニミニハンバーガーの作り方

粘土で目玉焼きやベーコンを作るのはとても楽しいのですが、単品の食品だと、作っても …