ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

アクセサリーに最適!愛らしいミニチュアフードロールケーキの作り方

      2017/05/14


甘いクリームがくるりとのの字に巻かれた愛らしいケーキ。
みんな大好き、ロールケーキの作り方です。
スイーツデコモチーフとしても人気で、そのままでもデコっても可愛いアクセサリーになる優れもの。
失敗しないコツと手順をご紹介します。

レシピ:クリームの巻き方に秘策あり!?失敗しないフェイクロールケーキ

難易度: ★★★☆☆ コツをつかめば簡単にたくさん作れます。
完成度: ★★★★☆ 可愛らしく目立つスイーツデコパーツです。
予算:  ~400円 (材料をすべて100均でそろえた場合の目安です)

用意するもの

材料

  • 樹脂粘土 (白 ダイソーの手芸売り場で購入できます)
  • アクリル絵の具 (黄色・黄土色・茶色)

道具

  • 平らで透明または半透明の物(DVDケース、プラスチックの蓋など)
  • 歯ブラシ (使い古したものがあればベストです)
  • メイク用スポンジかキッチン用のメラミンスポンジ
  • プラスチック容器など絵の具を出せる物
  • ラップ (内側にも質感を付けたい場合のみ)
  • カッターナイフ

手順

1.ケーキのスポンジ生地を用意します
スポンジケーキを作るときに最適なのは、実は「軽量粘土」と呼ばれるものです。
軽量紙粘土や軽量樹脂粘土と呼ばれる軽くてフワフワした粘土は乾燥後の肌理がやや粗く、スポンジの軽い質感をとても良く表現できるからです。
ただ軽量粘土は樹脂の密度が低くて硬さが足りないため、アクセサリー加工に適しません。
今回はスイーツデコに応用できるよう、加工に適した樹脂粘土を使ってご説明します。

作りたい大きさに合わせて、樹脂粘土を取り出します。
サイズは自由に決められますが、最初は少し大きめに作った方が簡単です。
今回のサンプルは、5ccの計量スプーンで計った粘土でスポンジを作成しています。

粘土をよくこねたら、アクリル絵の具を使って色を付けて行きます。
まず黄土色(イエローオーカー)をごく少量粘土に付けて充分に練り込み、薄いアイボリーの生地を作ります。
ここまでならパンやクッキーの生地と一緒ですが、スポンジケーキは卵やバターがたっぷり入る分だけ黄色っぽい色になっていますよね。
アクリル絵の具の黄色をごくごく少しだけ付けて、薄いいクリーム色にしましょう。
黄色は非常に強く出る色なので、本当にちょっとだけで充分な色が出ます。
付けすぎると真っ黄色な生地になってしまいますから気を付けて!

色がむらなく混ざったら、手のひらで丸めてラグビーボール型にします。
台の上に置き、上から平らな物を使って押しつぶしてください。
ふんわり感を出すために、あまり薄くなりすぎないように注意しましょう。

潰した粘土の表面に、歯ブラシを使ってボソボソした跡を付けます。
サンプル画像では下に古タオルを敷いていますが、これは下になる面にも軽くボソボソ感を付けるためです。
ただ、今回のロールケーキに関してはそれほど必要ありませんので、なくてもOKです。

歯ブラシで質感を付けると同時に、形を整えていきます。
左右から叩いて、両側の長辺のラインができるだけまっすぐになるように。
最終的にカットする時に、両端は切り落としてしまいますから、完全に直線にしておく必要はありませんが、切り捨てる部分をできるだけ少なく済むようにしておきましょう。

形ができたら、すぐに焼き色を付けてしまいます。
要らないプラスチック容器や牛乳パックの裏などを使い、アクリル絵の具の黄土色と茶色を絞り出します。
水は使わず、メイクスポンジなどにそのままつけていらない紙などに何度かポンポンして絵の具をなじませたら、スポンジ生地のボソボソさせていない面を軽くたたくようにしながら着色しましょう。
容器の上で絵の具を直接混ぜ合わせながら、まんべんなく色が付くようにポンポンしてください。

これはロールケーキの断面で、内側のクリームとスポンジとの間の焼き色になります。
多少くっきりしたほうが見た目がきれいですので、茶色がやや多めな感じで遠慮なくしっかりと着色しておきましょう。
ムラや色の混ざり具合がおかしくなったとしても、見えない部分なので大丈夫です。
ザックリとしっかりと、全体的に茶色に色が付いた状態にしておきます。

ここまで出来たらスポンジ生地はいったんお休みです。
邪魔にならない場所によけておいてください。

参考:モカ生地の着色

今回のサンプルでは、プレーンのスポンジ生地のほかにモカ生地のロールケーキも用意しました。
他にも抹茶やストロベリーなど、カラーの生地も可愛いですよね。

モカ生地の着色方法については、過去記事【フェイクフードアイスの作り方】で
モカアイスの着色をご紹介していますので参考にしてみてください。
粘土の種類は違いますが、同じ手順でモカ生地を作ることができます。

2.クリームを作って巻き込みます
これまで作ってきたいろいろなフェイクフードでは、パーツごとにある程度乾燥させながら作業を進めてきました。
が、ロールケーキは作り始めたら完成形まで、一気に形を作ってしまいます。

スポンジを作り終わったら、すぐにクリームを作り始めます。
スポンジの粘土が乾いてしまう前に巻いてしまいたいので、サクサクと進めていきましょう。

同じ樹脂粘土を、スポンジに使ったのと同じ量だけ取り出します。
こちらは着色せずにそのまま使いますので、よく捏ねて滑らかにしておきましょう。

スポンジのサイズに合わせて、クリーム用の粘土をつぶします。
幅はスポンジと同じ。
長さはスポンジよりやや短めです。
その短くなった分で、一方をやや厚めにしておきます。
ロールケーキの中心は、ほかのところよりもちょっとだけクリームが多くなってますね。
その状態をきれいに作るための一工夫です。

クリームのサイズが整ったら、スポンジケーキに乗せて巻いていきます。
着色した面にクリームを乗せて、クリームを内側に巻きます。
この時、画像のように、巻き始めの方に少し隙間を開けておきましょう。
クリームは厚みがある方が隙間側に来るように乗せてください。

巻き始めは、余っているスポンジだけを織り込むイメージできつめに巻きます。
あとはそのままクルクルと自然に最後まで巻くだけです。
巻き終わったら、綴じ目を下にして軽くつぶし、ロールケーキの底が柔らかく自然に平らになるように形を整えます。

先に作ったスポンジの粘土の表面が待っている間に軽く乾いているため、スポンジとクリームの粘土が混ざり合ってしまうことはありません。
が、あまり強く何度も転がしていると、合わせ目の部分が馴染みすぎてしまうので、形作りは手早く力を入れすぎずに行う必要があります。
巻いたら2、3回コロコロと軽く転がしてなじませ、歯ブラシで全体を軽くたたくようにしながら形を整えると、余分な力がかからずに自然で柔らかいスポンジを表現することができます。

これでロールケーキの形ができました。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【フェイクフード初心者向け】簡単!とろ~りチーズのピザの作り方

ラーメンや丼物などと並んで人気が高い盛り込み型のフェイクフードといえば 何といっ …

【フェイクフード初心者向け】超簡単!フェイク目玉焼きの作り方(樹脂粘土だけのレシピ)

フェイクフードを作り始めると、いろいろな材料や道具に目が行きます。 すてきな作品 …

まるで食品サンプル!フェイクフードの本格的握り寿司に挑戦!【マグロ・大トロ・イカ・サーモン・海老・たまご】

観光地で外国人向けに良く見かけるお土産といえば、お寿司のストラップ。 リアルに作 …

サクッとほっこり!香ばしく揚がったフェイクフードおうちコロッケの作り方

エビフライに続く揚げ物フェイクフード第二弾は、ホクホクのコロッケです。 コロッケ …

子供と一緒に作ろう!簡単フェイクフードかき氷の作り方3パターン

かき氷が新しいスイーツとして人気を集めていますね。 フワフワからシャキシャキまで …

【初心者向け】簡単でカワイイ!フェイクフードマカロンの作り方

口に入れるとサクッとほどけ、中身はふんわりと軽やか。 カラフルな色と可愛らしい形 …

あったかツルツル!フェイクフードうどんの作り方【キツネうどん・釜玉うどん】

粘土で作る麺類の4つ目は、日本のファストフード「おうどん」の登場です。 ラーメン …

本格的!ご馳走フェイクフードハンバーグプレートの作り方

色々なフェイクフードを作っていくと、最終的にたどり着くのは「食べ物のある情景」に …

カリっと揚がったフライドポテトの作り方!フェイクフード初心者でも簡単!【2パターン】

フライドポテト、お好きですか? 私は大好きで、ビールのお供にもハンバーガーの付け …

大人も子供も大好き!サクサク♪フェイクフードエビフライの作り方

今回は洋食の人気者、エビフライにチャレンジしてみましょう。 衣がサクサクで尻尾も …