ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

スイーツデコのトッピングに使える!フェイクフード桃缶とカット桃の作り方

      2017/05/15


スイーツデコのトッピングに使うフルーツというと、まず思い浮かぶのはイチゴです。
真っ赤でかわいらしい宝石のようなイチゴは、どんな組み合わせでも間違いのない王道のデコパーツ。
でも、それだけでは同じテイストの作品が増えるだけになってしまいますよね。
作品の幅を持たせるために、カットフルーツの作り方を覚えましょう。
今回取り上げるのは、「桃」。
カットフルーツに必要な考え方やテクニックをご紹介します。

レシピ1:フレッシュな剥きたてカット桃

難易度: ★★☆☆☆ 難しい作業はありません。細かい質感を再現しましょう。
完成度: ★★★★☆ 瑞々しい白桃のカットを目指します。
予算:  ~500円 (100均ですべての材料をそろえる場合の目安です)

用意するもの

材料

  • 樹脂粘土 (白 ダイソーの手芸売り場で購入できます)
  • アクリル絵の具 (白・赤)
  • 水性ペン (100均ショップで12色以上入りの物が購入できます)
  • ニス(水性・透明タイプ 100均ショップで購入できます)

道具

  • つまようじ
  • ピンセット
  • 筆 (細い物が便利です。ネイル用の細筆があればベスト)
  • 平らで透明または半透明の物(DVDケース、プラスチックの蓋など)
  • クッキングペーパー
  • 丸みのあるスプーンやスプレー缶 (形を作るのに使います)
  • プラスチック容器など絵の具を出せる物
  • ティッシュペーパー

手順

1.カットした桃の形を作りましょう
ツルリとしたフルーツの質感を表現するのに適しているのは、色々ある粘土の中でも密度が高くなめらかに仕上がる「樹脂粘土」です。
作りたい桃の大きさに合わせて取り出し、よく捏ねておきましょう。

白桃の果肉の色を作ります。
水性ペンの肌色かピンクを使い、ごく少量を粘土に付けて練り合わせてください。
うっすらと桃色がかった白になったらストップします。

着色した粘土を手のひらで細長く延ばし、つぶします。
平らで硬いものを使って、片側がやや太く片側が薄い、いわゆる「櫛型切り」に近づけるようにつぶすのがコツです。
サンプルのように土台と粘土、粘土とつぶす板の間にクッキングペーパーを挟むと粘土が張りつかずにスムーズに作業することができます。
お手元にあればぜひ使ってみてください。

つぶした粘土を成形します。
両端を指で撫でるようにしながら、なだらかな丸みを付けるようにゆっくりと形を変えていきます。
この時、つぶした平らな面には極力触れないようにしましょう。
せっかくのカット面をデコボコにしてしまわないよう、柔らかく優しく作業してください。

ある程度カーブが決まったら、丸い物に押し当てて内側にカーブを付けます。
サンプルで使用しているのはキッチン用の計量スプーンですが、丁度良いカーブの物なら何でも構いません。
身の回りにある丸いモノを利用して、自然にカーブする形に整えます。

これで桃の形の基本ができました。
次に、フルーツのリアルな質感を作りましょう。

桃は、細い繊維が種から皮に向かって無数に延びています。
その繊維を表現するために、つまようじで細い筋を付けて行きます。
種から皮に向かって、つまようじを寝かせるようにして軽く押し当て、何本かの筋を放射状に付けます。
次に、その筋の間を埋めるように、つまようじの先で細い線を引きます。
小さい作品やより繊細に筋を付ける場合は、カッターの刃なども使ってみてください。

サンプルでは見やすくするために、かなり強めに線を付けています。
実際に作るときはここまで深い線を付けなくても大丈夫です。
浅く細かい線をたくさん付けることで、着色したときのリアルさが増しますので、丁寧に繊細に作業しましょう。

両面とも同じように筋を付け終わったら、次の工程に移ります。

桃の一番の特徴を表現する、芯の部分を作ります。
ピンセットを使って、内側の細くなっている部分を細かくつまみ取り、ギザギザの状態を作ってみましょう。
ここでも、あまり大雑把にせずに少しづつ丁寧に作業するのがポイントです。
両端の部分を少し残して、種のある中央部をギザギザさせたら、カット桃の形作りは完了です。
風通しの良い場所に移し、完全に乾燥させておきましょう。
樹脂粘土の種類にもよりますが、サンプルのサイズなら最低4日ほどは乾燥させます。

2.着色して桃を仕上げます
完全に乾燥して硬くなったら、色を付けて仕上げましょう。

今回作っている白桃は、白い果肉に淡いピンクが入り混じるとても繊細な色をしている果実です。
剥きたてのジューシーな仕上がりを目指して頑張りましょう。

着色に使うのは、乾くと水ににじまなくなるアクリル絵の具です。
白と赤だけを使って、桃の微妙な色合いを作っていきます。

プラスチックの容器などにアクリル絵の具を出します。
白を多目に、赤はごく少量で充分です。
水を数滴加え、まず白の絵の具をやや緩めに溶きます。
赤をごく少量加え、色づいたかついていないか程度の薄い桃色を作ります。

芯の周囲、果肉の内側部分から着色を始めます。
中央から果肉の半分程度まで絵の具を付けて、その部分が湿った状態を作ってください。
絵の具の赤を少しづつ足し、中央部ほど赤みが濃くなるように色を付けて行きます。
果肉には筋を刻んであるので、水が筋に沿って入り込み、自然に桃色の部分が広がっていくはずですね。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

大人も子供も大好き!サクサク♪フェイクフードエビフライの作り方

今回は洋食の人気者、エビフライにチャレンジしてみましょう。 衣がサクサクで尻尾も …

アクセサリーに最適!愛らしいミニチュアフードロールケーキの作り方

甘いクリームがくるりとのの字に巻かれた愛らしいケーキ。 みんな大好き、ロールケー …

【フェイクフード初心者向け】簡単でリアル!菓子パン(アンパン・メロンパン)の作り方

フェイクフードの単品メニューで人気が高いパン。 その中でもダントツの人気を誇るの …

サクッと揚がった衣が決めて!フェイクフード天ぷらの作り方【ネタ4種】

本格的なフェイクフードの一つ、天ぷらに挑戦しましょう。 蕎麦屋の店頭の食品サンプ …

色々な具材を楽しむ、ほっこり暖かいフェイクフードおでんの作り方【2パターン】

盛り合わせのフェイクフードでいろいろな具材を楽しむなら、おでんはうってつけのアイ …

ふっくらして柔らかそう☆暖かさが伝わるフェイクフード肉まんの作り方

寒くなると恋しくなる食べ物の一つが肉まん。 割った瞬間の湯気や、口中に広がる肉汁 …

【フェイクフード初心者向け】皮むきもカットも自在!丸ごとりんごの作り方

フェイクフードでは果物も良く作られています。 ただし、そのままの形で使われること …

大人なイメージのフェイクフードベーグルとベーグルサンドの作り方

人気のパンメニューの中ではやや渋めのフェイクフードの登場です。 造形もシンプルな …

初心者向け!お豆から作るフェイクフード枝豆

ビールのお供におやつに、食べ始めるとやめられない枝豆。 今回は中身の豆からちゃん …

お弁当にいかが?コメ作りから始めるフェイクフードおにぎりの作り方

日本人のソウルフード、お米。 フェイクフードでは多くの作品でお米を使います。 ハ …