ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

サクッと揚がった衣が決めて!フェイクフード天ぷらの作り方【ネタ4種】

   


本格的なフェイクフードの一つ、天ぷらに挑戦しましょう。
蕎麦屋の店頭の食品サンプルなどではよく見かけますが、実際に自分で作ろうとするとどうやったら良いか悩む食品の一つです。
いくつかある作り方の中でもコストがかからず、汎用性の高い方法でご案内します。

レシピ:天ぷら4種の作り方【カボチャ・椎茸・なす・鱚(キス)】

難易度: ★★★★☆ 各素材の特徴をつかむのがポイントです。衣をつけるのも慣れれば簡単!?
完成度: ★★★★★ 色々な種類を作りたくなってしまう楽しいフェイクフードです。
予算:  200円~1000円 (全て100均ショップでそろえた場合の目安です)

用意するもの

材料

  • 樹脂粘土 (白 サンプルは100均ショップダイソーの樹脂粘土を使用しています)
  • アクリル絵の具 (カボチャ:黄色・緑/なす:青・赤/椎茸:黄土色・茶色・こげ茶/鱚:白・黒・銀色)
  • 水性ペン (野菜の地色を付けるのに使います。アクリル絵の具で代用できますが、あると作業を短縮できます)
  • 木工用ボンド
  • ニス(水性・透明タイプ 100均ショップで購入できます)

道具

  • つまようじ
  • カッターナイフ
  • ピンセット
  • スポンジ (メイク用があればベストですが、キッチン用のメラニンスポンジでも代用できます)
  • 歯ブラシ (使い古したものがベターです)
  • ハサミ (手芸用の先の細いものがベストです)
  • 筆または綿棒 (鱚の着色で使用します)
  • パレット (捨てるプラスチックトレイで代用できます)
  • 平らで硬い物 (粘土をつぶすのに使用します。DVDケースなどで大丈夫です)

手順1:天ぷら用の食材を作ります

まず、天ぷらにするための食材の作り方をご紹介します。
「カボチャ」「なす」「椎茸」「鱚(キス)」の順番になっていますので、作りたいものだけチェックして下さいね。

1:カボチャの作り方

1_1.スライスカボチャの形作り

樹脂粘土の白を使ってカボチャの形を作りましょう。
天ぷらにするのはカボチャをスライスしたものですから、最初からその形を作ります。

よくこねた粘土に、アクリル絵の具か水性ペンの黄色を少しだけ混ぜてごく薄いクリーム色にします。
さらに水性ペンのオレンジ色かアクリル絵の具の赤をごく少量混ぜ、黄色と明るいオレンジの中間まで色を付けます。
(画像では水性ペンを使用しています。
粘土自体に色を練り込むときは、最初から色数が豊富な水性ペンの方が手が汚れずに手早く作業ができて楽です。
100均で1セット購入しておくことをお勧めします。)

色が決まったら、平らな物を使い大まかに長方形につぶします。
あまり薄くせず、5mm以上の厚みを残すようにしてください。
4方の各辺を平らな物を使ってできるだけ垂直にまっすぐに整えます。
画像では定規を使用していますが、平らな物なら何でも代用できます。
この時に片側をやや厚くして置くと、よりリアルなカボチャの形になります。

長方形になった粘土をスプーンやビンなど丸いモノに当ててカーブを付けます。
厚味を変えた場合は、厚みがある方を外側にするようにしましょう。

丸まった外側にあたる面に、つまようじなどで筋を付けます。
これがカボチャの皮のデコボコした質感になります。
何本かくっきりと線を付けておきましょう。

表面が乾いて来たら、丸まった内側の長辺をボソボソとさせます。
ピンセットがあれば、少しづつつまむように引っ張ってみてください。
こちら側がカボチャの種のまわりのシワシワした面になります。

ここまで出来たら、完全に乾燥させます。
薄いパーツなので、3日程度で完全に乾燥するはずです。

1_2.カボチャの皮に色を付けます

アクリル絵の具を使ってカボチャの色を付けます。
不要な紙などを用意し、アクリル絵の具の黄色と緑色を出します。
水は使用しません。

メイク用のスポンジかキッチン用のメラミンスポンジなどを使い、紙の上で適当に黄色と緑色を混ぜて濃い目の黄緑にします。
カーブの外側、つまようじで筋を付けたほうに、スポンジでポンポンとたたくように色を付けてください。

紙の上で色を混ぜるのは、あえて均一な色にしないためです。
黄色っぽいところと緑の濃いところがランダムに入り混じった方が、よりリアルなカボチャになります。

皮の部分全体に色が付いたら、カボチャの準備はおしまいです。
衣をつけるところまで進んでください。

2:なすの作り方

なすの天ぷらは、包丁を入れて花のように開いた形が特徴です。
実際の料理と同じ手順でこの形を作ります。


2_1.なすの形を作ります


粘土を取り出してよく捏ねます。
水性ペンまたはアクリル絵の具の黄色をごく少量混ぜ、アイボリーに着色しましょう。
なすの身の淡い色を目安にします。

細長い滴の形に丸めて、平らな台に押し付けて片面を平らにしますます。
そのまま全体を少しひねり、長めの勾玉の形を作ります。

一旦この状態で乾燥させ、表面が乾いてサラサラの手触りになったら、カッターなどを使って裏の平らな面に細かく傷をつけます。
長い方向に沿うように、縦の線を細かく刻んでください。
今回は種は作りませんので、これでなすの形は完成です。
次の作業まで1日~1日半ほど乾燥させておきます。

2_2.色を付けて切り込みを入れます

1日乾燥させると、まわりが乾いて強く押さないと形が崩れない状態になります。
ここで切り込みを入れるために次の手順に進みます。

まずなすの皮の色を付けましょう。

要らない紙などに、アクリル絵の具の青と少量の赤を出します。
カボチャの時と同じ要領で、スポンジまたは筆を使って紙の上で色を混ぜ、そのままなすの丸くなっている側に皮の色を塗っていきます。
下地の粘土の白い色が透けないように、しっかりと着色しましょう。
細い部分に近づくほど色を薄くして白っぽい部分を残すと、本物のなすのヘタがかぶっていた部分をリアルに表現することができます。

絵の具が乾いたら、いよいよなすをカットします。
カッターナイフをまっすぐに上から落とすように切り込み、そのまま下まで切り離します。
表面に細かく切り込みを入れてしまうと、キレイなカットになりません。
一気に下まで切り込むのがコツです。
何本か同様に切り込みを入れたら、指で少し開くように形を整えます。
細くなっている部分を斜めに切り落として、なすの成形は完成です。
完全に乾くまで風通しの良い場所で乾燥させてください。

3:椎茸の作り方

3_1.椎茸の形を作ります

椎茸はカサの丸みがポイントになります。
まず粘土をよく捏ねたら、水性ペンかアクリル絵の具で薄いアイボリーに着色しておきましょう。
椎茸のカサの内側、白っぽい色を目安にします。

一度手のひらで丸めて玉にしたら、指で少しつぶします。
中央に指を入れてグッとくぼませて、カサの内側を作ります。

カサの内側の中央を円形に残し、その周囲につまようじで細い線を引きます。
内から外へ向かって細かく線を付けて、椎茸のヒダを表現します。
カサが内側に丸まった部分にもつまようじを当てて、ところどころに腺を付けておくとよりリアルな仕上がりになります。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【簡単フェイクフード】三角サンドイッチの作り方!パーティーの定番アイテム!

ちょっとした仲間が集まるホームパーティーやピクニック。 そのテーブルに必ずと言っ …

100均ショップでどこまでいける?お手軽なフェイクフード素材と道具達

どんな手芸でも同じですが、興味を持って始めてみたいとは思いつつも、いざ材料や道具 …

大人も子供も大好き!サクサク♪フェイクフードエビフライの作り方

今回は洋食の人気者、エビフライにチャレンジしてみましょう。 衣がサクサクで尻尾も …

【フェイクフード初心者向け】皮むきもカットも自在!丸ごとりんごの作り方

フェイクフードでは果物も良く作られています。 ただし、そのままの形で使われること …

カリっと揚がったフライドポテトの作り方!フェイクフード初心者でも簡単!【2パターン】

フライドポテト、お好きですか? 私は大好きで、ビールのお供にもハンバーガーの付け …

【フェイクフード初心者向け】切り口がみずみずしいリアルなキャベツの作り方

野菜はほとんどすべての食事に登場する素材ですね。 フェイクフードでも、さまざまな …

【フェイクフード初心者向け】紙粘土の基本を覚える【食パンの作り方2パターン】

フェイクフードを作成する材料はいろいろあります。 これまで樹脂粘土を使った作品を …

鮮やかでジューシー!簡単フェイクフード房ミカンとちょっと凝った丸ごとミカンの作り方

秋が深まってくると店頭に並ぶのが、鮮やかなオレンジ色でコロコロと愛らしいミカン。 …

【フェイクフード初心者向け】簡単でリアル!菓子パン(アンパン・メロンパン)の作り方

フェイクフードの単品メニューで人気が高いパン。 その中でもダントツの人気を誇るの …

スイーツデコのトッピングに使える!フェイクフード桃缶とカット桃の作り方

スイーツデコのトッピングに使うフルーツというと、まず思い浮かぶのはイチゴです。 …