ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

【透明粘土不使用】プリプリ果肉を再現するフェイクフードいちじくの作り方

      2017/01/26


無花果(いちじく)は、ゴワゴワとした外皮の中にジューシーな赤い果肉が詰まった果物。
よく目にするミカンやリンゴ、イチゴなどとは違った不思議な見た目をしていますね。
今回はそのいちじくの透明な果肉を、透明粘土を使わずに表現する方法をご紹介しましょう。

レシピ1:超簡単!?丸ごといちじくの作り方

まずはいちじくの特徴的な外見を作る作業をご案内します。
丸めて色を付けるだけなので、初心者さんにもお勧めです。

難易度: ★★☆☆☆ 道具も最小限で難しい作業はありません。
完成度: ★★★★☆ 着色が上手くいけば、かなりリアルないちじくが作れます。
予算:  ~500円 (全て100均でそろえた場合の目安です)

用意するもの

材料

  • 樹脂粘土(白 100均ショップダイソーの手芸売り場にあります)
  • アクリル絵の具 (黄色・赤・青、あれば緑も 100均ショップ各社で購入できます)
  • ニス(水性・透明タイプ 100均ショップで購入できます)

道具

  • つまようじ
  • 歯ブラシ (使い古して毛先が開いたものでOKです)
  • 絵筆 (先が細い物。ネイル用の細筆などが便利です)
  • スポンジ (メイク用またはメラミンスポンジがお勧め)
  • 不要なプラスチック容器など (絵の具を出すのに使います)
  • ティッシュ・キッチンペーパーなど

手順

1.いちじくの形作り
白の樹脂粘土を作りたい大きさに合わせて取り出してよく捏ねておきます。
よく捏ねた粘土に、薄く黄色の色を付けます。
写真のように水性ペンを使うと手が汚れずに楽ですが、なければアクリル絵の具の黄色をごく少量混ぜてください。
いちじくの果肉の外側、淡いアイボリーを目指します。
ペンや絵の具を付けたら、ムラがなくなるまで再度よく捏ねておきましょう。

着色した粘土を手のひらで丸め、片方が少しとがった「しずく型」にまとめます。
尖らせた方を指で延ばし、いちじくの軸の部分を作ります。
おおよその形ができたら、歯ブラシを軽く全体に当ててザラザラした表面を作ります。
クッキーやパンではないので、それほど強くボソボソさせる必要はありません。
要は「ツルッツルじゃない」程度の表面になればOKです。

つまようじを寝かせて、縦方向に筋を付けます。
ランダムに深い浅いを変え、全体に細かく筋を付けておきましょう。

最後にお尻の部分を作ります。
いちじくのお尻は、果皮がはじけて内側がのぞくような形になっています。
つまようじの先を中心に引っ掛けるようにして、外側に引っ張ります。
3~5本の裂け目が出来るように、多少めくれるくらいに強く引っ張ってしまってください。

これでいちじくの形作りはおしまいです。
中身の果肉を作りたい場合は1日~1日半程度、このまま完成させる場合は4日程度乾燥させます。
下側が潰れて平らにならないように、柔らかいうちは何度か転がしてあげてくださいね。

2.外皮の着色
熟したいちじくの皮は、とても複雑な深い赤紫色をしています。
絵の具を重ねることで、この深みを表現してみましょう。

要らないプラスチックなどにアクリル絵の具を出します。
写真で使用しているのは牛乳パックをカットしたものです。
今回は水をあまり使わないので、浅めの容器やしみ込まないものであれば何でもOKです。

使う絵の具の量は、黄色>赤>青>(有れば緑色)です。
量が多い物から順に着色をしていきます。

黄色の絵の具をごく少量(1~2滴)の水でやや薄めに伸ばしてください。
スポンジに絵の具を付けて、ティッシュなどで軽く水気を吸い取ります。
いちじくの全体にスポンジをポンポンと当て、黄色く色を付けてください。
軸の部分とお尻の開いた内側の部分は着色せず、白いまま残します。
多少のムラは気にせず、全体に絵の具が付くことを目指しましょう。

次にパレット上で赤を少し黄色に混ぜ、オレンジ色を作ります。
同じように水を1滴たらし、なめらかな状態にしておきます。
先ほど黄色を付けたスポンジにそのままオレンジ色を付け、同じようにポンポンと色を付けます。
黄色の範囲よりやや狭く、やはり全体的に重ねてしまってください。

さらに赤の量を増やしてこの作業を繰り返します。
赤が増えるほど着色する範囲は狭く、水の量を少なくしてやや厚めに絵の具が付くようにしましょう。
この赤はムラができてしまった方がリアルになるため、多少地色がのぞく部分があってもそのままで構いません。

最後にごく少量の青を足します。
えんじ色から紫色の間くらいの色を作り、ざっくりした感じでポンポンしていきます。
濃い色と薄い色の部分がハッキリする方が、キレイな仕上がりになります。
やりすぎない程度でストップしてください。

全体の着色が一段落したら、筆を使って縦の線を付けていきます。
着色に使った色にさらに少量の青を混ぜて一段濃い色を作りましょう。
筆の先に絵の具を付け、いちじくの縦方向に数本の線を描き入れます。
お尻から軸に向けて筆を動かすと、曲がらずにきれいな線を描くことができます。

最後に残っている黄色の絵の具に水を足し、やや緩めに溶きます。
筆の先に黄色を取り、いちじくの表面に小さな点々を付けて行きます。
筆先が触れたか触れないか位の薄さでランダムな点を付けてみてください。

これでいちじくの着色は完了です。
丸のままで作った場合はこれが完成形になります。
軸の先端をハサミなどでカットして、ニスをしっかり塗ってツヤツヤに仕上げてください。

レシピ2:複雑で透明な果肉づくりに挑戦!

いちじくをカットしてみると、赤い果肉の中に白い粒々がミッチリと詰まっているのがわかります。
その粒々は細い糸のような繊維で外側の果肉につながっています。
あの白い粒々を種だと思っている人も多いと思いますが、実はアレ、「花」なんです。
そう。いちじくの漢字「無花果」は、”花が内側に咲いて外からは見えない”状態を指しているんですね。
そんな独特の果肉を表現する簡単な方法をご紹介します。

難易度: ★★★★☆ 手順は簡単ですが、細かい作業が多くなります。
完成度: ★★★★☆ リアルで透明感のある果肉が作れます。
予算:  +300円 (追加材料をすべて100均で購入する場合の目安です)

用意するもの:(材料はレシピ1にプラスで必要な物のみ記載)

材料

  • 樹脂粘土(赤 100均ショップダイソーの手芸売り場にあります。なければ白に着色して使います)
  • アクリル絵の具 (白 レシピ1の黄色と混ぜて使います)
  • ガラス絵の具(赤 100均ショップダイソーの工作売り場で購入できます)

道具

  • カッターナイフ (大型の物があればベストです)
  • ピンセット
  • つまようじ
  • 絵筆 (先が細い物。ネイル用の細筆などが便利です)
  • 不要なプラスチック容器など (絵の具を出すのに使います)
  • ティッシュ・キッチンペーパーなど

手順

1.カットして断面を作りましょう
いちじくは花が内側に開くため、中央が空洞になった形になっています。
果肉を詰めるための断面を作っていきましょう。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

トロピカル感満載!ミニチュアフードマンゴーの作り方

最近スーパーのフルーツコーナーでも普通に見かけるようになったマンゴー。 独特な香 …

簡単リアル!実物サイズのフェイクフードポップコーンの作り方

映画館で遊園地で、ついつい食べたくなっちゃうのがポップコーン。 軽くてサクサクで …

あったかツルツル!フェイクフードうどんの作り方【キツネうどん・釜玉うどん】

粘土で作る麺類の4つ目は、日本のファストフード「おうどん」の登場です。 ラーメン …

サクッとほっこり!香ばしく揚がったフェイクフードおうちコロッケの作り方

エビフライに続く揚げ物フェイクフード第二弾は、ホクホクのコロッケです。 コロッケ …

初心者向け!お豆から作るフェイクフード枝豆

ビールのお供におやつに、食べ始めるとやめられない枝豆。 今回は中身の豆からちゃん …

100均樹脂粘土だけで作るフェイクフード焼きそばの作り方【ソースたっぷり】

カレーライス、おでんに続き家庭料理の定番、ソース焼きそばを作りましょう。 素朴な …

【フェイクフード初心者向け】カリッとジューシーなフェイクベーコンの作り方

100均ショップでも手軽に手に入るようになった、樹脂粘土。 フェイクフードでは、 …

サクッと揚がった衣が決めて!フェイクフード天ぷらの作り方【ネタ4種】

本格的なフェイクフードの一つ、天ぷらに挑戦しましょう。 蕎麦屋の店頭の食品サンプ …

とっても簡単!手軽でリアルなフェイクフードウインナーの作り方

ジュージューと焦げ目のついたウインナー、とっても食欲をそそりますね。 今回はとて …

【フェイクフード初心者向け】超簡単!フェイク目玉焼きの作り方(樹脂粘土だけのレシピ)

フェイクフードを作り始めると、いろいろな材料や道具に目が行きます。 すてきな作品 …