ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

      2016/06/10

3001-2
洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・・そんな経験はありませんか?ボタン付けを覚えておけば、安心です。小学校の家庭科でも習いますが、焦らずもう一度ゆっくりやってみましょう。

ボタンの種類

ボタンの種類
まず始めに、ボタンの種類から説明しますね。ボタンには様々な種類があって、付け方も多少変わります。少しずつ覚えていきましょう。

2つ穴ボタン

洋服によく使われるタイプで、穴が2つのものを指します。プラスティック製や貝でできたもの、さらに木製やココナッツ製、布製などもあります。

4つ穴ボタン

こちらも洋服によく使われ、穴が4つのものを指します。上と同様、色々な素材があります。スーツやコートなどには4つ穴ボタンが多く使われます。

足付きボタン

裏側に縫いつけ用の足が付いているもので、女性用のおしゃれ着によく使われています。動くと向きが変わるので、かわいい印象を与えます。素材はプラスティック製や金属製が多く見られます。手作りでくるみボタンを作る時は、このタイプになります。

針・糸の選び方

針は木綿糸用の使いやすいものを用意します。長い針はやりにくいので、短い方が良いでしょう。糸は木綿糸かポリエステルの入った混紡糸でもOKです。シャツなどは他のボタンに使用されているものと似た色を探してください。糸は2本どり(注※)にして縫い付けますので、長めにカット(だいたい60センチくらい)します。
2本どり
注※2本どり・・・糸を長めに切り、針穴に通してから両端を揃えて玉結びをします。ボタン付けなどでしっかりと縫いつけたい時によく使われる方法です。少々絡みやすいのが難点ですので気をつけましょう。1本のままだと何度も縫い付けなければならず、強度も心配です。

縫い付け方

 

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …

手縫いが上手になりたい!どんな練習をしたら上達するの?

ミシンより手軽にできる手縫い。でもその技量がはっきり出てしまうのが悩みですね。 …

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸に …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …

付け方説明!手縫いでかわいいポケットを付けましょう!

お手持ちのバッグやお洋服などに外ポケットを付けてみませんか? ちょこっとリメイク …