ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

      2017/02/13


裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があいたときに自分で直すってこと、初心者にとってはハードルが高いですよね。きれいに出来なかったらどうしようと考えてしまいませんか?初心者でも簡単にできる方法をまとめてみたので参考にしてみてください!

当て布とは

破れた衣類などを補修するときに使う布のことです。目立たないように同じ布を使う方法や、あえて目立つ色合いにすることでポイントにもなります。決まった縫い方があるわけではないので、仕上がりをイメージしてどのように当て布を使うのか、用途によって使い分けましょう。

当て布で直してみよう!

たてまつり縫いで直す
衣類などが破れてしまって、当て布をする方法で簡単に直せるのは「まつり縫い」を使用する方法だと思います。本来はズボンの裾あげなどで用いられることが多い縫い方ですが、当て布での補修の時には「たてまつり縫い」の方法で直せます。どのような縫い方かわからない人は、アップリケを使うときにもする縫い方!と言えばイメージできるかと思います。この方法では当て布が見える仕上がりになりますよ。実際の手順を簡単にまとめてみます。
1.破れたところに裏側から当て布を固定します。補修したい面積よりも大きめの四角だとやりやすいと思います。固定の方法は、まち針か仮縫いでOKです。
2.縫い始めは当て布と本来の生地の間から糸を通していき、そのまま2枚の布をたてまつり縫いします。間からの理由は玉結びを隠すためですよ。縫うときのポイントは表に見える縫い目が垂直になるようにし、裏側の縫い目は斜めになっていること!
できるだけ糸が等間隔になるようにすれば見た目もきれいに仕上がります。
3.1周縫い終わったら、裏側に針をだして玉止めします。

ステッチで直す
当て布だけでは物足りない!可愛くない!と思っている人は、補修するときにステッチを取り入れてみる方法はどうでしょうか?簡単にやり方を紹介します。
まず、補修するところに裏側から当て布をしたら好きな色でステッチします。当て布の固定は仮縫いが良いと思います。まち針だと作業の邪魔になってしまうかも知れません。ステッチは表から作業できるのでどのような模様になるのか確認できるのも良いですよね。できるだけ細かいステッチの方が仕上がりも違和感ないと思います。手縫いならオリジナルのポイントにもなって可愛いですよね!デメリットとしては大きな面積の補修には向かないことです。裏側の当て布は、ステッチによって見えなくなることもあります。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・ …

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

手縫いで赤ちゃん用品♪アイデア16品のご紹介!【裁縫好き必見】

ご出産を控えたプレママさんたちは、はやる気持ちを抑えながら準備をされていることで …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

手縫いでミシンのような丈夫に縫うコツとは?

手縫いはミシンと比べ、糸の準備も簡単で場所も取らないのでお手軽に始められてとても …

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

裁縫の玉止めが苦手なあなたへ!正しい玉止めの仕方と上手になるコツ!【写真付き】

何か作りたくて手縫いにトライしてみたものの、どうも最後の「玉止め」がうまくいかな …

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時 …