ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

      2017/02/13


裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があいたときに自分で直すってこと、初心者にとってはハードルが高いですよね。きれいに出来なかったらどうしようと考えてしまいませんか?初心者でも簡単にできる方法をまとめてみたので参考にしてみてください!

当て布とは

破れた衣類などを補修するときに使う布のことです。目立たないように同じ布を使う方法や、あえて目立つ色合いにすることでポイントにもなります。決まった縫い方があるわけではないので、仕上がりをイメージしてどのように当て布を使うのか、用途によって使い分けましょう。

当て布で直してみよう!

たてまつり縫いで直す
衣類などが破れてしまって、当て布をする方法で簡単に直せるのは「まつり縫い」を使用する方法だと思います。本来はズボンの裾あげなどで用いられることが多い縫い方ですが、当て布での補修の時には「たてまつり縫い」の方法で直せます。どのような縫い方かわからない人は、アップリケを使うときにもする縫い方!と言えばイメージできるかと思います。この方法では当て布が見える仕上がりになりますよ。実際の手順を簡単にまとめてみます。
1.破れたところに裏側から当て布を固定します。補修したい面積よりも大きめの四角だとやりやすいと思います。固定の方法は、まち針か仮縫いでOKです。
2.縫い始めは当て布と本来の生地の間から糸を通していき、そのまま2枚の布をたてまつり縫いします。間からの理由は玉結びを隠すためですよ。縫うときのポイントは表に見える縫い目が垂直になるようにし、裏側の縫い目は斜めになっていること!
できるだけ糸が等間隔になるようにすれば見た目もきれいに仕上がります。
3.1周縫い終わったら、裏側に針をだして玉止めします。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

手縫い上手が教える「使って納得」使いやすい裁縫道具・裁縫セット!

手芸好きにとって裁縫道具は宝物です。 これがあれば何でもできる、そんな気がしてき …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

裁縫の基本!ボタン付け方をマスターしよう!写真付きで初心者でも簡単に出来るように!

洋服を着ようと思ったらボタンが取れていた、外出先でボタンが突然取れてしまった・・ …

お裁縫の必需品 糸切りバサミ(鋏)とは?【正しい使い方と選び方・おすすめ商品】

糸切りバサミとは? その名のごとく、糸を切るハサミ。 手縫いの時、ミシン縫いの時 …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …