ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

かわいい!簡単なお裁縫!手作りマスコットの作り方

      2017/02/05


売り物のマスコットは可愛いけれど、自分で作ったものは特別でいいですよね。それに、材料さえ揃っていればお気に入りのキャラクターも案外簡単に作れてしまうんですよ!
オリジナルマスコットを作るのに必要な材料と手順を説明します。

用意するもの

  • 糸と針
    糸はししゅう糸を使用します。使用するフェルトと同じ色の糸を揃えておきましょう。針は縫い針とししゅう針が両方あると便利です。
  • フェルト
    作りたいマスコットの色を揃えましょう。
  • 手芸綿
  • チャコペンまたはサインペン
  • トレーシングペーパー(または透ける程度の薄い紙)
  • はさみ

そのほかにも竹串や目打ち、手芸用ボンドがあると便利です。

作り方

1.作りたいキャラクターをトレーシングペーパー(透ける紙)に丁寧にうつします。
(顔・耳・目など部分ごとにわけて写す)
2.写した絵を綺麗に切り取る。型紙の完成です。
(厚紙に写して切り取ると、頑丈で使いやすい型紙になります。)
3.フェルトに型紙を写す。
(フェルトの上に型紙を置き、サインペンまたはチャコペンで回りをなぞります。表と裏で同じ型紙を使用する場合は、裏返して左右対称になるように書きます。)
4.フェルトを切る
(大事なところなので、丁寧に切りましょう!線の内側を切るようにします。)
5.パーツを並べる
(切り取ったパーツを、作りたいマスコットの絵通りに並べます。細かいパーツ(目など)は縫いにくいので手芸用ボンドなどで貼っても大丈夫です。)
6.パーツを縫う
(巻きかがりで縫います。耳などを挟むときは待ち針で止めておきましょう。)
7.綿をいれる
(パーツを縫う際に、すべて縫ってしまわずに綿を入れる口を少し開けておきます。ちょっとずつ綿を入れたら、入れる口も縫ってしまいます。綿はパンパンに入れないように注意しましょう。竹串などをつかって入れると入れやすいです。)
8.表情を入れたら完成です。
(ここが腕の見せ所です!可愛らしい表情にするのも、ちょっとおどけた表情にするのも自由ですよ!目はマジックで書いたり、ボタンをつけたり、丸く塗ったりやり方はいろいろあります。丸く切ってあるフェルトであったり、目の形をしたパーツなども販売されているのでそれを利用してみるのもいいと思います。)

最後に

とても簡単ですよね。大きく作ればバックのチャームとして使えますし、小さく作れば携帯のストラップとしても使えます。
いろいろと作って、楽しんでくださいね!

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

種類が多くて悩む…裁縫用ゴムの種類と使い道を解説します

ゴムが伸びてしまって買いに行ったら、種類が多すぎて何を買ったらいいかわからないな …

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

100均で見つけた!使える裁縫グッズはこれ!

最近の100円均一はだいたいの裁縫グッズが揃ってしまうのでとても便利です。でも、 …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …

ミシン・裁縫するならあると便利!リッパーの使い方

ミシンを使っていると、斜めになっちゃったから縫い直したい!なんてことありませんか …

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …