ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

      2016/07/18


手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸にも色々な種類があるのをご存知でしょうか。またよく使われる手縫い糸とミシン糸では、糸の撚り(より)方に違いがあります。今回は手縫い糸とミシン糸の違いや、それぞれの種類などのお話をします。

糸のしくみ

普段、糸のことを深く考える機会はなかなかありませんね。今日はじっくり観察してみましょう。もしお手元に糸があればご覧になってみてください。糸は1本で出来上がっているのではなく、何本かを合わせてねじり揃えてあるのがわかりますか?これを糸の「撚り」(より)といいます。この撚りのおかげで、糸は強度が増し風合いが出てきます。さらに目的の太さを調節することができるのです。

手縫い糸とミシン糸の違い

よく使われる糸の代表と言えば、手縫い糸とミシン糸ですね。手縫いもミシンも、作業をしている過程で糸が自然にねじれてきます。予めその方向に合わせて、手縫い糸は右撚りと言われる方向に撚りを掛け、ミシン糸は左撚りと言われる方向に撚りを掛けて切断やもつれなどを抑える工夫が施されています。ここが手縫い糸とミシン糸の大きな違いです。ミシン糸を手縫いで使う分には問題ありません。短めにカットすれば、もつれる心配もなく作業ができます。反対に手縫い糸はミシン用として使うことができませんので、ご注意くださいね。

手縫い糸の種類

それではさらに詳しく手縫い糸の種類を見てみましょう。

番手(太さ)

太さには番号が使われていて、番号が大きくなるほど細い糸になります。糸はそれぞれの用途に合わせ、太さを選んで使用します。一般に厚い布の場合は太い糸、薄い布には細い糸を使います。

素材

糸は綿100%のものや、綿とポリエステルの混紡、絹などがあります。用途に合わせて選んでください。厚地の布には綿のしっかりした太い糸を、薄い布にはポリエステルや絹などの細い糸を使用します。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

手縫い上手が教える「使って納得」使いやすい裁縫道具・裁縫セット!

手芸好きにとって裁縫道具は宝物です。 これがあれば何でもできる、そんな気がしてき …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

【お裁縫】どう取り替える?~ウエスト部分のゴムを取り替えたいとき~

自分で作った洋服でなくとも修繕したい場合もありますよね。よくあるのが、ウエストの …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

種類が多くて悩む…裁縫用ゴムの種類と使い道を解説します

ゴムが伸びてしまって買いに行ったら、種類が多すぎて何を買ったらいいかわからないな …

裁縫用語のパイピングとは何のこと?

パイピングという言葉を聞いたことはありますか?裁縫で布を扱うときには色々と役に立 …

お裁縫の必需品 糸切りバサミ(鋏)とは?【正しい使い方と選び方・おすすめ商品】

糸切りバサミとは? その名のごとく、糸を切るハサミ。 手縫いの時、ミシン縫いの時 …