ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

      2016/07/18


手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸にも色々な種類があるのをご存知でしょうか。またよく使われる手縫い糸とミシン糸では、糸の撚り(より)方に違いがあります。今回は手縫い糸とミシン糸の違いや、それぞれの種類などのお話をします。

糸のしくみ

普段、糸のことを深く考える機会はなかなかありませんね。今日はじっくり観察してみましょう。もしお手元に糸があればご覧になってみてください。糸は1本で出来上がっているのではなく、何本かを合わせてねじり揃えてあるのがわかりますか?これを糸の「撚り」(より)といいます。この撚りのおかげで、糸は強度が増し風合いが出てきます。さらに目的の太さを調節することができるのです。

手縫い糸とミシン糸の違い

よく使われる糸の代表と言えば、手縫い糸とミシン糸ですね。手縫いもミシンも、作業をしている過程で糸が自然にねじれてきます。予めその方向に合わせて、手縫い糸は右撚りと言われる方向に撚りを掛け、ミシン糸は左撚りと言われる方向に撚りを掛けて切断やもつれなどを抑える工夫が施されています。ここが手縫い糸とミシン糸の大きな違いです。ミシン糸を手縫いで使う分には問題ありません。短めにカットすれば、もつれる心配もなく作業ができます。反対に手縫い糸はミシン用として使うことができませんので、ご注意くださいね。

手縫い糸の種類

それではさらに詳しく手縫い糸の種類を見てみましょう。

番手(太さ)

太さには番号が使われていて、番号が大きくなるほど細い糸になります。糸はそれぞれの用途に合わせ、太さを選んで使用します。一般に厚い布の場合は太い糸、薄い布には細い糸を使います。

素材

糸は綿100%のものや、綿とポリエステルの混紡、絹などがあります。用途に合わせて選んでください。厚地の布には綿のしっかりした太い糸を、薄い布にはポリエステルや絹などの細い糸を使用します。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …

手縫い上手が教える「使って納得」使いやすい裁縫道具・裁縫セット!

手芸好きにとって裁縫道具は宝物です。 これがあれば何でもできる、そんな気がしてき …

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …