ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

      2016/07/18


手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸にも色々な種類があるのをご存知でしょうか。またよく使われる手縫い糸とミシン糸では、糸の撚り(より)方に違いがあります。今回は手縫い糸とミシン糸の違いや、それぞれの種類などのお話をします。

糸のしくみ

普段、糸のことを深く考える機会はなかなかありませんね。今日はじっくり観察してみましょう。もしお手元に糸があればご覧になってみてください。糸は1本で出来上がっているのではなく、何本かを合わせてねじり揃えてあるのがわかりますか?これを糸の「撚り」(より)といいます。この撚りのおかげで、糸は強度が増し風合いが出てきます。さらに目的の太さを調節することができるのです。

手縫い糸とミシン糸の違い

よく使われる糸の代表と言えば、手縫い糸とミシン糸ですね。手縫いもミシンも、作業をしている過程で糸が自然にねじれてきます。予めその方向に合わせて、手縫い糸は右撚りと言われる方向に撚りを掛け、ミシン糸は左撚りと言われる方向に撚りを掛けて切断やもつれなどを抑える工夫が施されています。ここが手縫い糸とミシン糸の大きな違いです。ミシン糸を手縫いで使う分には問題ありません。短めにカットすれば、もつれる心配もなく作業ができます。反対に手縫い糸はミシン用として使うことができませんので、ご注意くださいね。

手縫い糸の種類

それではさらに詳しく手縫い糸の種類を見てみましょう。

番手(太さ)

太さには番号が使われていて、番号が大きくなるほど細い糸になります。糸はそれぞれの用途に合わせ、太さを選んで使用します。一般に厚い布の場合は太い糸、薄い布には細い糸を使います。

素材

糸は綿100%のものや、綿とポリエステルの混紡、絹などがあります。用途に合わせて選んでください。厚地の布には綿のしっかりした太い糸を、薄い布にはポリエステルや絹などの細い糸を使用します。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

裁縫の糸止め(玉止め)のやり方【止め方のコツや失敗した時の対処方法】

手縫いでお裁縫をする時、必ずしなくてはいけない作業『糸止め』。『玉止め』とも言い …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …

手縫いでほつれ止めの縫い方(かがり縫い)をマスターしましょう!

買った布の端を処理したい・・・でもミシンがないし、という経験はありませんか?その …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

no image
かわいい!簡単なお裁縫!手作りマスコットの作り方

売り物のマスコットは可愛いけれど、自分で作ったものは特別でいいですよね。それに、 …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …

裁縫の玉止めが苦手なあなたへ!正しい玉止めの仕方と上手になるコツ!【写真付き】

何か作りたくて手縫いにトライしてみたものの、どうも最後の「玉止め」がうまくいかな …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …