ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

【徹底比較】手縫いとミシンの違いを調べてみました!

      2016/08/17

3641-2
皆さんは何かを製作する時、手縫い派ですか?それともミシン派ですか?手縫いもミシンも、それぞれにメリットやデメリットがありますね。今回は実際にハンドメイドを手がけている人たちの声も含めて、違いを徹底検証してみましょう!

手縫いとミシンの大きな違いは?

一番の大きな違いは、人の手で行うか機械が行うかの点ですね。機械が行えば作業は早いですし、手で1目1目作業すれば時間がかかります。ミシンが得意でも手縫いは苦手、逆に手縫いは得意だけれどもミシンは苦手という人もいます。出来上がった縫い目はもちろん異なります。図のAが手縫い、Bがミシンの縫い目です。

製作にかかる時間は?

直線縫いに関しては、ミシンの方が早いのは仕方がありません。バザーやイベントなどに多数出品する場合などは、ミシンで作業すれば早く仕上がりますね。手縫いに慣れている人であればかなり早く出来上がりますが、やはり糸の始末などに時間がかかり、スピードはミシンにかないません。

強度の差は?

何度も洗濯するものや、持ち歩く回数が多いものなどはミシンで縫う方が安心ですね。しかし縫い方を工夫すれば、手縫いでもミシンに負けないくらい丈夫なものを作ることが可能です。

向いている布は?

厚地の布はミシンがおすすめです。パーツを変えれば、デニムなどの厚い布も縫うことができます。流行のビニールコーティングも楽々縫えますね。反対に薄い布だと縫いづらい傾向にあります。手縫いの場合、厚い布や固い布は縫うのがとても大変です。織りが粗い布は、作業中にほつれてくることがあります。

ほつれやすさは?

最近の糸は丈夫なのですぐ切れることは少なくなりました。しかしミシンの場合は、1箇所が切れるとスーっとほつれてしまうことがあります。スカートの裾などによくあることですね。しかし手縫いのものはすぐにほつれることがなく、切れた場所がわかれば簡単に補修ができます。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

種類が多くて悩む…裁縫用ゴムの種類と使い道を解説します

ゴムが伸びてしまって買いに行ったら、種類が多すぎて何を買ったらいいかわからないな …

裁縫の千鳥がけとは?縫う方法について

千鳥がけとは? 千鳥がけとは、裾上げやポーチのファスナーを付ける時など、縫い代を …

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

あると便利!裁縫の縁取りテープ(バイアステープ)の選び方と使い方

手芸のレシピ本を見るとバイアステープという名前をよく目にします。バイアステープと …

【お裁縫】どう取り替える?~ウエスト部分のゴムを取り替えたいとき~

自分で作った洋服でなくとも修繕したい場合もありますよね。よくあるのが、ウエストの …

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時 …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

手縫いが上手になりたい!どんな練習をしたら上達するの?

ミシンより手軽にできる手縫い。でもその技量がはっきり出てしまうのが悩みですね。 …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …