ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ビーズ刺繍をしてバレッタを作ってみよう!

      2016/08/16

3640-2
ビーズでびっしりと彩られた洋服やアクセサリーってキレイですよね。小さくて細かなビーズだと繊細で上品な印象になりますし、大ぶりなビーズだとゴージャスで華やかな印象になります。ビーズの種類も形も豊富なので使うビーズによって随分見た目も印象も変わります。

ビーズ刺繍って?

ビーズ刺繍は、ビーズ、スワロフスキーやスパンコールなどを布に縫い付ける刺繍の技法の一つです。中でもフランスで生まれた伝統的なオートクチュール刺繍はとても高度な技術が要する刺繍技法で有名です。

ビーズ刺繍に挑戦してみましょう。

オートクチュール刺繍は専門技術がいるので初心者の方には難しいですが、ビーズやスパンコール、クリスタルビーズを組み合わせて縫うだけのビーズ刺繍はコツをつかめばできるので、初心者の方でもできます。布やフェルトにビーズ刺繍を施して、金具を取り付けるだけでピアスやイヤリング、ブローチなどが作れます。手持ちのカバンや洋服にビーズ刺繍でリメイクしてもいいですね。

今回はそんなビーズ刺繍を使って、ヘアアレンジに使えるバレッタを作ってみましょう。

用意するもの

  • ビーズ
  • ビーズ針(小さなビーズだと普通の縫い針では通らないので、専用のビーズ針を使います)
  • ビーズ糸、もしくは刺繍糸やミシン糸
  • フェルト(土台に使うので、厚めの方がおすすめです。)
  • バレッタ金具(好きな大きさを用意して下さい。)
  • チャコペン
  • ハサミ
  • ボンド

作り方

1.まずはビーズの大きさや形に合わせて置いて、どのようなバレットを作りたいかイメージしてみましょう。簡単にデザイン画を描くとスムーズにビーズを刺繍できます。
バレッタの大きさに合わせてフェルトを切ります。フェルトはビーズ刺繍するものと、刺繍後に裏に貼る用の1枚余分に用意してください。
(*薄いフェルトの場合は3枚重ねるとしっかり厚みが出ます。フェルトが2枚の場合でも、厚紙などを間に挟むとかなりしっかりします。)

2.フェルトにビーズを刺繍する。
(*ビーズを刺繍する時、中央から始めるとキレイに仕上がると思います。)

3.ビーズ刺繍をしたフェルトの裏にボンドでフェルトを貼ります。

 - ビーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ビーズで簡単に作れる手作りアクセサリー[作り方の説明]

コロンとしたトップでボリューム感のあるネックレスの作り方をご紹介します。 材料 …

初めて子供と一緒に作ったビーズアクセサリーストラップ!コミュニケーションに最適!

小物作りは、子供がまだ小さいころに出会いました。そのころから10年以上作り続けて …

ビーズやパーツのおすすめ通信販売サイト4選!

手芸通販ショップサイトは、手芸が趣味な人間にとってはいくら見ても飽きないものです …

これからビーズアクセサリーの作り方を学ぶ方へ「作る時に心がけて欲しいこと」

子供のころのビーズ遊びではなく、本格的にビーズアクセサリーを作り始めたきっかけは …

ビーズアクセ作りの基本は配色

ビーズアクセを作ってみたいけど、私は不器用だから細いテグスで複雑に編んでいくなん …

ビーズアクセサリーの販売はどうするの?

創作系の趣味というのは、創作したものが手元に残ってしまうというのが難点と言えば難 …

ビーズステッチ初心者におすすめの本(書籍)4選!

ビーズステッチに挑戦してみたいと思っている方に、おすすめの本をご紹介しましょう。 …

[作り方]キラキラのビーズ刺繍なら、いつものアイテムも華やかに変身!簡単な刺し方にチャレンジ

数年前からビーズの人気は高まり、今では数え切れないほどの種類が販売されています。 …

手軽に手作りして、気軽にプレゼント出来る小物・・ビーズストラップ

私は、ストラップなどを作ってはちょっとしたお礼にプレゼントしたり、久しぶりに会う …

初心者でもできる!通すだけビーズアクセサリー(ブレスレット)の作り方

手作りのビーズのブレスレット、憧れるけど凄く難しそう…。そんなイメージがあります …