ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ビーズアクセサリーの販売はどうするの?

      2016/05/29

2939-2
創作系の趣味というのは、創作したものが手元に残ってしまうというのが難点と言えば難点です。
自分で使うにも、誰かにあげるにしても限界があります。
ビーズアクセサリーを作りすぎて、在庫を抱え込んでいる方の中には、販売を考えている方もおられるのではないでしょうか。
そこで、自分で気軽にできる販売の方法をご紹介します。

販売方法

自分で販売する方法はいくつかあります。

自分のホームページで販売する。

自分のホームページで販売するというのは、自分でネットショップを開くということです。
これにはある程度の知名度と在庫が必要です。
なのである程度のファンがついてから始めるのが良いでしょう。

オークションを使う

オークションを使うというのは、その名の通りオークションに自分の作品を出品するということです。
初めて販売する場合は、材料費を考えて最初の金額を決めましょう。
1円スタートは入札されやすいですが、相応の報酬が得られない場合が多いです。
その点、材料費からのスタートだと、自分の作品にいくらの価値があるのか一目でわかります。

イベントなどに参加する。

イベントなどに参加するというのは、各地で開催されているハンドメイドイベントに参加して販売するということです。
ブース自体の大きさにもよりますが、小さな自分のお店を持てたようで嬉しくなります。
さらに、色々なタイプの作家さんが出店しているのでいい刺激になります。

レンタルボックスを借りる。

レンタルボックスを借りるというのは、レンタルボックスを利用して自分の作品を販売するということです。
CMで有名なminneなどは、レンタルボックスになります。
web上のレンタルボックスだと思えばわかりやすいですね。

販売するならラッピングは大切

どの方法で販売するにしても、ラッピングは不可欠です。
お手本とするのは、実際にお店で売っているラッピング方法です。
百均でも売っている小さな透明の袋に入れるだけで、お店に売っているもののように見えてきます。
一緒にちよがみや包装紙を入れるとさらにランクアップします。

また、ビーズアクセサリーは割れやすいですから、ネットショップなどで発送する際は必ずプチプチにくるみましょう。

発送は確実に

相手から特段指定がない場合は、必ず追跡できるものを利用して発送しましょう。
定形外郵便は安くて便利ですが、必ず相手の元に届いたか確認できるシステムを持った発送方法であれば、後々のトラブル回避にもつながります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
私としてはまずはオークションで腕試しすることをおすすめします。
私はそこからオーダーが入りました。手作りのものを売っていこうと思い出したのはそこからです。
自分の作品を買ってくれる人がいるということは嬉しいことです。
その喜びを、ぜひあなたも味わってください。

 - ビーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ビーズステッチ初心者におすすめの本(書籍)4選!

ビーズステッチに挑戦してみたいと思っている方に、おすすめの本をご紹介しましょう。 …

見やすい無料レシピ集めました!ビーズステッチのピアスを作ろう!

ここでは、ビーズステッチで作るピアスのレシピをご紹介します。 さまざまな作品があ …

ビーズで簡単に作れる手作りアクセサリー[作り方の説明]

コロンとしたトップでボリューム感のあるネックレスの作り方をご紹介します。 材料 …

ビーズアクセサリーの簡単な作り方 ストラップ編

まるで水の滴で出来ているような、可愛くて涼しげなストラップを作ってみましょう。 …

ハンドメイドのビーズアクセサリーショップおすすめ8選!

作家さんが制作されたビーズアクセサリーって素敵ですよね。 自分ではとても作れない …

これからビーズアクセサリーの作り方を学ぶ方へ「作る時に心がけて欲しいこと」

子供のころのビーズ遊びではなく、本格的にビーズアクセサリーを作り始めたきっかけは …

簡単!初心者向けビーズアクセサリーのレシピ【作り方の説明】

キラキラしたビーズ。見ているだけでワクワクしますよね。 手作りビーズアクセサリー …

ビーズアクセ作りの基本は配色

ビーズアクセを作ってみたいけど、私は不器用だから細いテグスで複雑に編んでいくなん …

手軽に手作りして、気軽にプレゼント出来る小物・・ビーズストラップ

私は、ストラップなどを作ってはちょっとしたお礼にプレゼントしたり、久しぶりに会う …

初心者でもできる!通すだけビーズアクセサリー(ブレスレット)の作り方

手作りのビーズのブレスレット、憧れるけど凄く難しそう…。そんなイメージがあります …