ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ビーズアクセサリー作りの基本は配色!おすすめの組み合わせ

   

bizuakuse1
ビーズアクセを作ってみたいけど、私は不器用だから細いテグスで複雑に編んでいくなんてムリ、と思っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
でも実はビーズアクセも、テクニックなんてなくてもOKなのです。いいビーズをセンスよく配置していけば、それだけでとっても見栄えのするアクセが作れてしまうんですから。

「センス」を一番発揮できるのが「配色」

例えば、夏に向けてブルー系のネックレスが欲しいな、と思ってネットショップの販売ビーズ一覧を見ると……ブルー系のビーズってこんなにあるの? っていうくらい種類がありますよね。
ビーズアクセ作りの定番、スワロフスキーのソロバンビーズでもブルー系と分類されているカラーは15~16色くらいでしょうか。
この中で特にわかりやすいのは、黄味が強いブルージルコンですね。この色は、かなりグリーン寄りのブルーです。
反対に黄味が全くないのがサファイア。サファイアにはライトサファイアやインディアンサファイアもありますが、どれもほぼ黄味のないブルーです。

金具の色にも注意しましょう

余ってる金具を適当に使うなんてもってのほかです。ちゃんと配色を考えましょう。
黄味のないブルー系ビーズをメインに使うときは、金具は銀色を使うと上品な感じになります。
そしてブルー系でも黄味の強いビーズを使うときは、金色の金具を使うと華やかな感じになります。

組み合わせるビーズ選びのコツ

黄味のないブルー系

黄味のないブルー系ビーズなら、同じく黄味のない色を選びます。白、黒、グレー、透明色など、無彩色を合わせるのが一番無難です。
スワロフスキーのサファイアなら、チェコのファイヤポリッシュでも透明色にラスター加工がしてあるものなどを合わせると、上品な中に華やかさがプラスされた感じになります。オパール加工してある白ビーズもオススメです。

黄味のないブルー系の中で、ややくすんだ色味をしているモンタナやデニムブルーなどは、シルバーグレーの淡水パールとすばらしく相性がいいです。
デニムブルーのソロバン4ミリと、同じく4ミリ程度のシルバーグレー淡水パールなら、ただ交互にテグスに通していくだけで、本当に上品なネックレスが作れますよ。もちろん金具は銀色を使用してくださいね。

黄味のあるブルー系

黄味のあるブルー系ビーズは、同系色でまとめるのもいいですが、思い切ってイエロー系やブラウン系のビーズを合わせると、ぐっとおしゃれな感じになります。
スワロフスキーのインディコライトなどは、天然石スモーキークォーツと合わせてみると意外なほどシックな配色になります。

 - ビーズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ビーズアクセサリー作りで使う基本道具の紹介【ハンドメイド用道具】

初心者さんは道具を何から揃えたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょ …

ビーズやパーツのおすすめ通信販売サイト4選!

手芸通販ショップサイトは、手芸が趣味な人間にとってはいくら見ても飽きないものです …

ビーズアクセサリーの販売はどうするの?

創作系の趣味というのは、創作したものが手元に残ってしまうというのが難点と言えば難 …

初めて子供と一緒に作ったビーズアクセサリーストラップ!コミュニケーションに最適!

小物作りは、子供がまだ小さいころに出会いました。そのころから10年以上作り続けて …

ビーズアクセ作りの基本は配色

ビーズアクセを作ってみたいけど、私は不器用だから細いテグスで複雑に編んでいくなん …

初心者向け ハンドメイド ビーズピアスの作り方

ビーズアクセサリー作りは初めてという初心者でも作れるビーズで作るピアスの作り方を …

これからビーズアクセサリーの作り方を学ぶ方へ「作る時に心がけて欲しいこと」

子供のころのビーズ遊びではなく、本格的にビーズアクセサリーを作り始めたきっかけは …

初心者でもできる!通すだけビーズアクセサリー(ブレスレット)の作り方

手作りのビーズのブレスレット、憧れるけど凄く難しそう…。そんなイメージがあります …

気軽で簡単!ビーズステッチのおすすめキット3選!

ビーズステッチとは、ビーズを専用の針と糸で編んで作品にする方法です。 海外ではビ …

ビーズアクセサリーの基本の作り方をマスターしよう!

すぐに、あれもこれも作ってみたい!でもこれってどういう意味?どうやればいいの? …