ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ビーズアクセサリー作りの基本は配色!おすすめの組み合わせ

   

bizuakuse1
ビーズアクセを作ってみたいけど、私は不器用だから細いテグスで複雑に編んでいくなんてムリ、と思っている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
でも実はビーズアクセも、テクニックなんてなくてもOKなのです。いいビーズをセンスよく配置していけば、それだけでとっても見栄えのするアクセが作れてしまうんですから。

「センス」を一番発揮できるのが「配色」

例えば、夏に向けてブルー系のネックレスが欲しいな、と思ってネットショップの販売ビーズ一覧を見ると……ブルー系のビーズってこんなにあるの? っていうくらい種類がありますよね。
ビーズアクセ作りの定番、スワロフスキーのソロバンビーズでもブルー系と分類されているカラーは15~16色くらいでしょうか。
この中で特にわかりやすいのは、黄味が強いブルージルコンですね。この色は、かなりグリーン寄りのブルーです。
反対に黄味が全くないのがサファイア。サファイアにはライトサファイアやインディアンサファイアもありますが、どれもほぼ黄味のないブルーです。

金具の色にも注意しましょう

余ってる金具を適当に使うなんてもってのほかです。ちゃんと配色を考えましょう。
黄味のないブルー系ビーズをメインに使うときは、金具は銀色を使うと上品な感じになります。
そしてブルー系でも黄味の強いビーズを使うときは、金色の金具を使うと華やかな感じになります。

組み合わせるビーズ選びのコツ

黄味のないブルー系

黄味のないブルー系ビーズなら、同じく黄味のない色を選びます。白、黒、グレー、透明色など、無彩色を合わせるのが一番無難です。
スワロフスキーのサファイアなら、チェコのファイヤポリッシュでも透明色にラスター加工がしてあるものなどを合わせると、上品な中に華やかさがプラスされた感じになります。オパール加工してある白ビーズもオススメです。

黄味のないブルー系の中で、ややくすんだ色味をしているモンタナやデニムブルーなどは、シルバーグレーの淡水パールとすばらしく相性がいいです。
デニムブルーのソロバン4ミリと、同じく4ミリ程度のシルバーグレー淡水パールなら、ただ交互にテグスに通していくだけで、本当に上品なネックレスが作れますよ。もちろん金具は銀色を使用してくださいね。

黄味のあるブルー系

黄味のあるブルー系ビーズは、同系色でまとめるのもいいですが、思い切ってイエロー系やブラウン系のビーズを合わせると、ぐっとおしゃれな感じになります。
スワロフスキーのインディコライトなどは、天然石スモーキークォーツと合わせてみると意外なほどシックな配色になります。

 - ビーズ

  関連記事

簡単!初心者向けビーズアクセサリーのレシピ【作り方の説明】

キラキラしたビーズ。見ているだけでワクワクしますよね。 手作りビーズアクセサリー …

ビーズアクセサリーの販売はどうするの?

創作系の趣味というのは、創作したものが手元に残ってしまうというのが難点と言えば難 …

ビーズアクセサリーの無料レシピサイト8選!

少しできるようになるとどんどん次に進みたくなるもの。 でもまだまだ初心者の枠が出 …

ビーズステッチ初心者におすすめの本(書籍)4選!

ビーズステッチに挑戦してみたいと思っている方に、おすすめの本をご紹介しましょう。 …

[作り方]キラキラのビーズ刺繍なら、いつものアイテムも華やかに変身!簡単な刺し方にチャレンジ

数年前からビーズの人気は高まり、今では数え切れないほどの種類が販売されています。 …

ビーズ刺繍をしてバレッタを作ってみよう!

ビーズでびっしりと彩られた洋服やアクセサリーってキレイですよね。小さくて細かなビ …

簡単!ビーズでお花モチーフの作り方(+参考動画)

ビーズアクセサリーを作る際には、道具やパーツの使い方ももちろん大事になってきます …

ビーズやパーツのおすすめ通信販売サイト4選!

手芸通販ショップサイトは、手芸が趣味な人間にとってはいくら見ても飽きないものです …

ハンドメイドのビーズアクセサリーショップおすすめ8選!

作家さんが制作されたビーズアクセサリーって素敵ですよね。 自分ではとても作れない …

ビーズアクセサリーの基本の作り方をマスターしよう!

すぐに、あれもこれも作ってみたい!でもこれってどういう意味?どうやればいいの? …