ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

      2016/08/30

3887-2
ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時間もお金もかかってしまいますね。裾上げを自分でサッとできるように、練習してみましょう。ここではミシンが手元にないことを想定して、手縫いで裾上げをやる方法をご紹介します。

裾上げとは?

ズボンなどの裾を折ってまつり、丈を短くする方法です。市販のものはロックミシンなどで処理されていますが、ここでは手縫いのやり方を説明します。
まずは下準備をしましょう。スラックスの場合と、綿のズボンの場合を挙げてみました。

スーツなどのスラックスの場合の準備

やや細めの糸と針を用意しましょう。糸の色は布に合ったものを選んでくださいね。

まだ長さを合わせておらず、端がロックミシンで処理されている状態の時

実際にはいてみて、丁度良い長さを決め、クリップなどで止めておきます。
裾上げ①
ズボンを裏返して、裾の折り返す分の長さを測りながら全体を折り返します。
裾上げ②
サイドの縫い目に合わせ、待ち針を止めておきます。
裾上げ③
アイロンを当てるときれいに仕上がります。

もう出来上がっている状態の時の準備

そのまま折り返して作業しても良いのですがもたついた仕上がりになるので、いったん裾上げをほどくことをおすすめします。
ロックミシンの縫い目が残ればそのまま作業し、取れてしまったら三つ折にして裾上げをします。
準備は①~③まで同様です。三つ折が必要な場合は③の時に折り返しを行い、アイロンをかけるときれいに仕上がります。

綿やチノパンなどのズボンの場合の準備

太めの糸と針を用意しましょう。糸の色は布に合ったものを選んでくださいね。
実際にはいてみて、丁度良い長さを決め、クリップなどで止めておきます。
チノ①
ズボンを裏返して、裾の折り返す分の長さを測りながら全体を折り返します。
チノ②
サイドの縫い目に合わせ、待ち針を止めておきます。
チノ③
アイロンを当てるときれいに仕上がります。

裾上げのやり方

それではまつり縫いという方法で縫っていきましょう。やり方はどちらのズボンも同じです。裾の幅は、下に向かってだんだんと細くなるので、折り返した際にぴったりと合わないことが多いです。うまく布を寄せながら、印同士が合うように作業してくださいね。わかりやすいように糸の色を変えていますが、実際は目立たない色の糸を選びましょう。

 - 裁縫

  関連記事

裁縫の基本!まつり縫いとは?縫い方・コツを写真付きで詳しく!

外出先で突然、スカートやズボンの裾から糸がピリピリ・・・と出てきて困ったことはあ …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

裁縫用品のお話「目打ち」って何?使い方もあわせてどうぞ!

「目打ち(めうち)」という裁縫用品をご存知でしょうか?木の持ち手に、細長い針のよ …

裁縫初心者の方へ!初めての手縫いで「雑巾」はやめておこう!

裁縫ができる人にあこがれるけれど、自信がない、何を縫ったら良いのかわからない、下 …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …

どんな生地で何を作る?裁縫に使う生地を紹介

自分で生地から鞄や服、小物などを作ってみようと思う人はどのように生地を選ぶのでし …

手縫い糸とミシン糸の豆知識!

手芸を趣味とされている方々は、毎日のように糸を使われていることでしょう。この糸に …

お裁縫のゴム通し・紐通し【道具の説明・おすすめ商品・通し方や使い方のコツ】

ゴム通し・紐通しは知っておくと、とっても便利。 洋服のゴムが緩んだ、紐が抜けてし …