ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

手縫いで裾上げの縫い方をマスターしましょう!

      2016/08/30

3887-2
ズボンなどの裾が長くて困ったことはありませんか?お直しに出す方法もありますが、時間もお金もかかってしまいますね。裾上げを自分でサッとできるように、練習してみましょう。ここではミシンが手元にないことを想定して、手縫いで裾上げをやる方法をご紹介します。

裾上げとは?

ズボンなどの裾を折ってまつり、丈を短くする方法です。市販のものはロックミシンなどで処理されていますが、ここでは手縫いのやり方を説明します。
まずは下準備をしましょう。スラックスの場合と、綿のズボンの場合を挙げてみました。

スーツなどのスラックスの場合の準備

やや細めの糸と針を用意しましょう。糸の色は布に合ったものを選んでくださいね。

まだ長さを合わせておらず、端がロックミシンで処理されている状態の時

実際にはいてみて、丁度良い長さを決め、クリップなどで止めておきます。
裾上げ①
ズボンを裏返して、裾の折り返す分の長さを測りながら全体を折り返します。
裾上げ②
サイドの縫い目に合わせ、待ち針を止めておきます。
裾上げ③
アイロンを当てるときれいに仕上がります。

もう出来上がっている状態の時の準備

そのまま折り返して作業しても良いのですがもたついた仕上がりになるので、いったん裾上げをほどくことをおすすめします。
ロックミシンの縫い目が残ればそのまま作業し、取れてしまったら三つ折にして裾上げをします。
準備は①~③まで同様です。三つ折が必要な場合は③の時に折り返しを行い、アイロンをかけるときれいに仕上がります。

綿やチノパンなどのズボンの場合の準備

太めの糸と針を用意しましょう。糸の色は布に合ったものを選んでくださいね。
実際にはいてみて、丁度良い長さを決め、クリップなどで止めておきます。
チノ①
ズボンを裏返して、裾の折り返す分の長さを測りながら全体を折り返します。
チノ②
サイドの縫い目に合わせ、待ち針を止めておきます。
チノ③
アイロンを当てるときれいに仕上がります。

裾上げのやり方

それではまつり縫いという方法で縫っていきましょう。やり方はどちらのズボンも同じです。裾の幅は、下に向かってだんだんと細くなるので、折り返した際にぴったりと合わないことが多いです。うまく布を寄せながら、印同士が合うように作業してくださいね。わかりやすいように糸の色を変えていますが、実際は目立たない色の糸を選びましょう。

 - 裁縫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

裁縫初心者でも簡単!襟の縫い方、作り方(シャツ編)

作るのが難しそうに感じますが、ポイントをおさえると、キレイに簡単に作ることが出来 …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …

【裁縫】衣類の穴あきを当て布で補修してみては?

裁縫の当て布って難しいような感じを受けることはありませんか?ズボンなどに穴があい …

裁縫用語のパイピングとは何のこと?

パイピングという言葉を聞いたことはありますか?裁縫で布を扱うときには色々と役に立 …

裁縫の玉止めが苦手なあなたへ!正しい玉止めの仕方と上手になるコツ!【写真付き】

何か作りたくて手縫いにトライしてみたものの、どうも最後の「玉止め」がうまくいかな …

裁縫で活躍!ボタンの種類と用途について説明します!

一言でボタンと言っても大きさ、形、模様などたくさんありますよね。なぜ、そんなに種 …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …