ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

裁縫用語のパイピングとは何のこと?

      2017/04/18


パイピングという言葉を聞いたことはありますか?裁縫で布を扱うときには色々と役に立つ便利な方法ですよね。注目してみたことは無いかもしれませんが、市販の製品にも意外と多く使われているのですよ。そんなパイピングとはどのような技法なのか説明したいと思います。

パイピングとは

最初にパイピングという言葉を聞いたことが無いかもしれない人のために、どのようなものか説明したいと思います。パイピングという言葉は布のほつれ止めをすることを指します。たとえば、二枚の布を縫い合わせたとして、その縫い目の端がほつれてくることが想定されますよね?そのような場合に、その端をテープみたいになっている布でくるんでしまうことです。縫い代を二枚まとめてくるんでしまう役割は、ロックミシンの様なイメージに近い役割を果たします。身近なものでは、服の裏側などにあったりもします。この場合は、見えないように使用するのですがデザインの一つとして見える場所でも使用することがあります。袖口やカバンの端などにぐるっと巻きつけてオシャレに見せているのもパイピングなのですよ。主にパイピングテープというものを使いますが、自分でテープを作る人もいるのでオリジナル作品を作りたい人には楽しい作業かもしれません。

パイピングにはコツがあるのか?

パイピングテープはミシンを使うのが一般的なので、今回はミシンを使用する時のコツについてまとめてみます。直線に縫うときには、ずれないように手で押さえたり待ち針を使用しますよね?しかし、テープ自体が伸びるものが多い為、待ち針を使用すると布とテープがずれてしまう!ということになります。出来るだけ待ち針を使用しないほうが上手に縫えるようです。他にもカーブしている部分にデザインとして取り付けたい人もいますよね。そんなときは、テープを少しずつたるませながら縫い付けて、アイロンで形を整えればきれいに仕上がります。慣れるまでは大変かもしれませんが、諦めないでチャレンジしてください。逆にカーブが凹んでいる部分には、テープを引っ張りながら縫い付けることが必要です。こちらも後からアイロンの力できれいになるので大丈夫です!
他にも、洗うことが想定されないのであれば、手芸用のボンドなどを使うのも一つの手ですね。この場合は、直接塗るのではなく必ずボンドを薄めて使用しましょう。

端の糸の始末ってどうするの?

テープの端の処理ってどうすればよいのでしょうか?布はほつれないように処理できたのに、テープの端がきれいになっていなければ意味ないですよね。そんなときには、裏側の状態でテープをまとめて縫ってしまいます。表になる部分も一緒にジャバラみたいにして、テープに対して垂直に端っこを縫うことで角が出来るような感じですね。この時には、布は一緒に縫ってしまわないよう気を付けて下さい。あとは、縫った部分のテープを布にかぶせるように縫い代をくるんでひっくり返してあげます。その状態でミシンをかけて仕上げましょう。

 - 裁縫

  関連記事

種類が多くて悩む…裁縫用ゴムの種類と使い道を解説します

ゴムが伸びてしまって買いに行ったら、種類が多すぎて何を買ったらいいかわからないな …

大事な洋服に穴が!!お裁縫で破れを直そう! 初心者でも簡単!

『かけはぎ』という資格を持った方にお願いする、というのを耳にしたことがあるかもし …

手縫いでミシンのような丈夫に縫うコツとは?

手縫いはミシンと比べ、糸の準備も簡単で場所も取らないのでお手軽に始められてとても …

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいます …

ソーイングセットの収納ケースは手作りしよう!おすすめ布小物作り方5選!

小学生の時に皆一度は購入したことのあるソーイングセット。様々なデザインがあり、長 …

【徹底比較】手縫いとミシンの違いを調べてみました!

皆さんは何かを製作する時、手縫い派ですか?それともミシン派ですか?手縫いもミシン …

手縫いで袋縫いの縫い方に挑戦しましょう!

袋縫いという言葉を聞いたことがありますか? 初めて聞く人は、袋の作り方かな?と思 …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

スタイを手縫いで手作りしよう!

赤ちゃんのよだれかけとして使う『スタイ』。 ミシンがなくても、手縫いで作ることが …