ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

簡単リアル!実物サイズのフェイクフードポップコーンの作り方

      2016/09/28

4174-2
映画館で遊園地で、ついつい食べたくなっちゃうのがポップコーン。
軽くてサクサクで、食べ始めると止まりませんね。
さて、フェイクフードでポップコーンを作るのって、どうやると思いますか?

決まった形がないフェイクフードは、実は意外と難しかったりします。
パッと見てソレとわかるためには、むしろはっきり決まった色形があった方が楽なんです。
今回は、そんな偶然の造形を再現するための工夫を試してみましょう。
リアルサイズで今にも食べられそうな、ポップコーンを作ります。

レシピ:偶然の形を再現するリアルサイズポップコーン

難易度: ★★★☆☆ 材料によって難易度が変わります。
完成度: ★★★★☆ かなりリアルで手触りも実物そっくりのポップコーンが作れます。
予算:  200円~600円(全材料・道具を100均でそろえた場合の目安です)

用意するもの

材料

  • 粘土 (軽量粘土または樹脂粘土※)
  • アクリル絵の具 (黄土色・茶色 100均ショップで手に入ります)
  • 木工用ボンド(家庭にあるもので充分です)
  • ニス(水性・透明タイプ 100均ショップで手に入ります)

道具

  • つまようじ
  • 歯ブラシ (使い古したものがベストです)
  • ハサミ (先がとがっている小型のものがベストです。糸切バサミ、眉カット用ハサミなど100均ショップで購入できます)
  • 細筆 (ネイル用の極細の筆があると便利です。100均ショップで購入できます)

※粘土はお好みで構いませんが、以下を参考にしてください。
★軽量樹脂粘土・軽量紙粘土:最上部写真の奥のメモスタンド
質感がリアルになるため、作りやすくキレイに仕上がります。
その代わり完成品は強度が不足するため、カップやトレイなどに入れてディスプレイする必要があります。
軽量紙粘土は100均ショップ各社で手に入ります。
「軽い紙粘土」などと表記のあるものを選んでください。
★樹脂粘土:最上部写真の手前のイヤホンジャックとストラップ
ツルンとした質感のため、リアルに作るには多少の慣れが必要です。
完成品は固いため、金具やナイロンコードを使ってのアクセサリ加工が可能です。

手順

ポップコーンは、固く乾燥したトウモロコシを加熱して、爆発する力で実が膨れてできる偶然のポコポコした形が特徴です。
はじけて膨らんだ白い実を作るには、やはり偶然の造形を利用します。

1.粘土の準備をします
軽量粘土または樹脂粘土を、作りたいポップコーンの量だけ取り出します。
粘土は粘りが出て滑らかになるまでよくこねてください。

捏ねた粘土に薄い色を付けます。
樹脂粘土なら水性ペン、軽量粘土ならアクリル絵の具を使い、ごく薄い黄色になるように色を混ぜてください。
(軽量粘土に水性ペンは使えません。アクリル絵の具か水彩絵の具の黄色を使いましょう)

2.ポップコーンの形を作りましょう
着色した粘土を、ポップコーン1粒大にちぎります。
この1粒大の粘土を、さらに3~4個の小さい玉に分けます。
大きさはバラバラの方がきれいにできます。
そのうちの1個は大きめにして、これを土台に使います。

ちぎった粘土の玉を、土台の玉を中心にひとまとめにくっつけます。
力を入れてつぶしてしまわないように、軽く塊になる程度にしておきましょう。
これがポップコーンの形になります。

3.皮がはじけた部分を作ります
くっつけた塊に、歯ブラシを使ってぼそぼそとした質感を付けます。
この段階で、ただの玉の塊が自然に少しくっついて、ボコボコした不定形の塊ができたはずですね。
その中の比較的小さなでっぱりの部分を、皮がはじけた部分に加工します。

つまようじのお尻の丸い方を使い、出っ張った部分にブスリと差し込みます。
そのまま先端をグルリと押し広げるように、穴を広げていきます。
中が膨らんだ袋か壺のような形を意識してください。

ある程度広げられたら、フチの部分に何カ所か切り込みを入れます。
糸切バサミか眉バサミのような先端がとがったハサミを使って、ランダムに3~4ヶ所カットします。

カットした縁の部分を、指を使って軽く内側に丸めます。
できるだけ不揃いにした方が本物らしい形になりますので、あまり几帳面にきれいに丸めなくても大丈夫。

これでポップコーンの形ができました。

捏ねた粘土の分に全て同じ手順を繰り返します。
形も大きさもバラバラになって構いません。
一通り形ができたら、風通りの良い場所で完全に乾燥させましょう。
軽量粘土なら3~4日、樹脂粘土なら5日ほど乾燥させてください。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

フェイクフードの「焼き海苔」の作り方!和食の基本素材でレパートリーを増やそう!

フェイクフードで和食系の料理を作るときに良く使う食材があります。 例えばお米。あ …

【フェイクフード初心者向け】カリッとジューシーなフェイクベーコンの作り方

100均ショップでも手軽に手に入るようになった、樹脂粘土。 フェイクフードでは、 …

鮮やかでジューシー!簡単フェイクフード房ミカンとちょっと凝った丸ごとミカンの作り方

秋が深まってくると店頭に並ぶのが、鮮やかなオレンジ色でコロコロと愛らしいミカン。 …

初心者でも簡単!具だくさんのフェイクフードおうちカレーライスの作り方

夕方歩いていると、ほのかにカレーの匂いが漂ってくることがあります。 「あ、このお …

100均ショップでどこまでいける?お手軽なフェイクフード素材と道具達

どんな手芸でも同じですが、興味を持って始めてみたいとは思いつつも、いざ材料や道具 …

タレも香ばしいフェイクフード焼き鳥の作り方【リアルなネギが決めて!】

居酒屋メニューの定番、焼き鳥にチャレンジしましょう。 今回はリアルなネギの作り方 …

あったかツルツル!フェイクフードうどんの作り方【キツネうどん・釜玉うどん】

粘土で作る麺類の4つ目は、日本のファストフード「おうどん」の登場です。 ラーメン …

とっても簡単!手軽でリアルなフェイクフードウインナーの作り方

ジュージューと焦げ目のついたウインナー、とっても食欲をそそりますね。 今回はとて …

お弁当にいかが?コメ作りから始めるフェイクフードおにぎりの作り方

日本人のソウルフード、お米。 フェイクフードでは多くの作品でお米を使います。 ハ …

【フェイクフード初心者向け】紙粘土の基本を覚える【食パンの作り方2パターン】

フェイクフードを作成する材料はいろいろあります。 これまで樹脂粘土を使った作品を …