ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

大人も子供も大好き!サクサク♪フェイクフードエビフライの作り方

      2016/08/26

3752-2

今回は洋食の人気者、エビフライにチャレンジしてみましょう。
衣がサクサクで尻尾もピンとたったエビフライは見た目もインパクトがあり、しかも作るのが難しくない素敵な一品です。

レシピ:衣をつけて仕上げるフェイクエビフライ

難易度: ★★★★☆ 細かい部分を丁寧に作りましょう。
完成度: ★★★★☆ 本物とほぼ同じ作り方でリアルな仕上がりになります。
予算:  0~800円(全て100均でそろえた場合)

用意するもの

【材料】

  • 樹脂粘土 (白 お手元になければ、100均ショップダイソーで購入できます)
  • 軽量紙粘土 (100均ショップ各社で手に入ります。「かるいかみねんど」などの商品名の物)
  • アクリル絵の具 (黄土・茶・黄色・赤)
  • 木工用ボンド
  • 水性ニス (100均ショップで手に入ります)

【道具】

  • おろし金 (台所用で充分ですが、専用に買うなら100均の「薬味おろし」をお勧めします)
  • カッターナイフ
  • つまようじ
  • 水彩筆 (出来れば先が平らい「平筆」)
  • 先細の筆 (細かい着色用です。ネイル用の細筆などがあると便利です)
  • クッキングシートなど貼りつかない下敷き
  • 水の容器 (使用済みのプラスチックトレイなどで充分です)
  • ティッシュペーパー

手順

1.最初に衣のパン粉を用意します
パン粉は紙粘土を乾燥させてすりおろして作ります。
紙粘土を作りたいエビフライのサイズと同量取り出してよくこねてください。
全体が少し粘り気が出る程度までなじんだら、アクリル絵の具を使って着色します。

今回はフライの衣を作りますので、黄土色(イエローオーカー)と茶色を使い、しっかり上がった揚げ衣の色まで色を付けてしまいます。
粘土に少量の絵の具を付けてよく混ぜ、何回かに分けて色を濃くしていってください。
着色が終わったら、すりおろすときに指でつまみやすいように少し平たい楕円形または長方形に整え、良く乾燥させます。
サイズにもよりますが、2~3日乾燥させれば大丈夫でしょう。

乾燥した紙粘土を、おろし金ですりおろします。
ボロボロと欠けてしまいますが、この欠片が衣の見た目にピッタリなんです。
大小さまざまな欠片ができたら、そのまま小さい袋か空き容器に入れて保管しておきましょう。

【ポイント】

揚げ物の衣のお話をします。
今回初めて紙粘土の揚げ衣を作りましたが、この揚げ衣は実にいろいろなフェイクフードに使います。
コロッケ、アジフライなどのフライ物のほかに、人気のカレーパンやケーキのまわりのクッキークランチなどにも応用が利く優れものです。
沢山出来てしまったら、捨てずに取っておきましょう。

紙粘土をすりおろすのにおろし金を使いましたが、フェイクフードをたまにしか作らないのであればお台所からちょっと借りてくるだけで充分です。
紙粘土や樹脂粘土は基本的に安全な素材からできていますから、使用後に台所洗剤で良く洗えば問題ありません。

フェイクフードを続けて作ってみたいという方は、100均ショップのキッチンコーナーに行くと、小型の「薬味おろし」というおろし金が色々と売られています。
受け皿が付いているタイプのものを購入しておけば、飛び散らずに作業ができて便利です。
おろし金は揚げ衣だけでなく、様々な粉末を作るのによく使う道具です。
樹脂粘土をすりおろすと細かい色付きの粒になりますし、石粉粘土などでもっと細かいサラサラの粉を作ることもできます。
色々な粘土をすりおろしてみてください。

2.海老の本体を作りましょう
今回は樹脂粘土を使用して、エビフライの海老を作ってみましょう。
白い樹脂粘土を取り出して、よく練っておきます。
作りたいサイズの海老の大きさで、長細い棒状に伸ばします。
シッポになる一方を少し細めにし、頭になる方はやや太めにしておいてください。

シッポ側を粘土ベラや筆のお尻を使って平たくつぶし、扇形になるように薄く延ばします。
一番外側が長くなるように作りますが、粘土が柔らかくて成形が難しいので、この段階では大体の形ができればOKです。

シッポにカッターで切り込みを入れます。
最初に中央に1本、左右それぞれの中央に1本づつ、4分割されるようにしっかりと切り込みを入れてください。

そのまま少し乾かし、粘土の表面がサラサラと乾いて来たら、シッポの根元を指でつまんでグッと寄せます。
シッポが立体的になるように、つまようじやカッターの刃の背側を使ってしっかりと形を付けておきましょう。

最終的には、完全に乾燥してから尻尾の形を整えます。
カッターや手芸用の糸切狭を使って、尻尾のまん中が短く両端が長くなるようにトリミングをします。
上から見るとVの字になるように、キレイに形をそろえてください。

海老本体は、まっすぐでも少し曲げた形にしても構いません。
形ができたら、風通しの良い場所で完全に乾燥させておきます。
サイズや使った樹脂粘土の種類にもよりますが、完全に乾燥させるために4~5日はそのまま置いておいてくださいね。

3.海老に着色をします
海老の本体部分が完全に乾いたら、衣をつける前に着色をします。
ポイントは「シッポ」です。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

トロピカル感満載!ミニチュアフードマンゴーの作り方

最近スーパーのフルーツコーナーでも普通に見かけるようになったマンゴー。 独特な香 …

アクセサリーに最適!愛らしいミニチュアフードロールケーキの作り方

甘いクリームがくるりとのの字に巻かれた愛らしいケーキ。 みんな大好き、ロールケー …

本格的!ご馳走フェイクフードハンバーグプレートの作り方

色々なフェイクフードを作っていくと、最終的にたどり着くのは「食べ物のある情景」に …

【フェイクフード初心者向け】切り口がみずみずしいリアルなキャベツの作り方

野菜はほとんどすべての食事に登場する素材ですね。 フェイクフードでも、さまざまな …

簡単リアル!実物サイズのフェイクフードポップコーンの作り方

映画館で遊園地で、ついつい食べたくなっちゃうのがポップコーン。 軽くてサクサクで …

スイーツデコのトッピングに使える!フェイクフード桃缶とカット桃の作り方

スイーツデコのトッピングに使うフルーツというと、まず思い浮かぶのはイチゴです。 …

こんな風に作れるの!?面白楽しいフェイクフードブロッコリーの作り方

フェイクフードの中には、いったいどうやって作っているのか見当もつかないものがあり …

【フェイクフード初心者向け】パリっとジューシーなフェイク餃子の作り方2種

中華料理はフェイクフードでも人気のジャンルです。 色が鮮やかで材料のバラエティに …

ふっくらして柔らかそう☆暖かさが伝わるフェイクフード肉まんの作り方

寒くなると恋しくなる食べ物の一つが肉まん。 割った瞬間の湯気や、口中に広がる肉汁 …

【フェイクフード初心者向け】紙粘土の基本を覚える【食パンの作り方2パターン】

フェイクフードを作成する材料はいろいろあります。 これまで樹脂粘土を使った作品を …