ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

目移りしちゃう?カラフルなフェイクフードドーナッツ4種の作り方

      2016/07/19


フェイクフードのお菓子で人気のテーマの登場です。
ドールハウスやオーナメント、スイーツデコまで利用範囲が広く、誰もが作ってみたいフェイクフードといえば、ドーナツがありますよね。
実はとっても簡単で、しかもかなり可愛く作ることができちゃうんです。
早速トライしてみましょう!

レシピ1:ドーナッツの成形と着色

難易度: ★★★☆☆ 種類によって簡単さが違いますが、初心者さんでもできないほど難しくはありません。
完成度: ★★★★★ 形もトッピングも自由度が高いフェイクフードです。
予算:  200円~500円(トッピングによって前後します)

用意するもの(ドーナツ本体・各手順共通)

【材料】

  • 粘土(軽量紙粘土・軽量樹脂粘土が適しています)
  • アクリル絵の具(黄土色・茶色 100均ショップ各社で手に入ります)

【道具】

  • 歯ブラシ
  • つまようじ
  • 竹串 (ナイフ形の粘土ベラなどある程度長さがある直線の物なら代用可能)
  • 穴をあけるための丸い物 (ストロー・フタなどサイズに合わせて選びましょう)
  • メイク用のスポンジ (なければキッチン用のメラミンスポンジでも代用可能)
  • (あると便利)タオル (色が薄く、古くて毛羽の立たないものがベストです)

手順1:プレーンドーナツの成形

1.まず粘土の準備をします。
粘土を作りたいドーナッツの分量取り出し、よくこねます。
軽量系の粘土は最初は軽くてフワフワした手応えですが、よくこねると微妙に粘り気が出てきます。
モッチリした感触になったら準備完了です。

2.粘土に着色してドーナツの形を作ります。
アクリル絵の具の黄土色(イエローオーカー)を使って粘土に地色を付けていきます。
粘土のまん中にくぼみを作り、絵の具を少量絞ります。
多すぎると脇から飛び出して大変なことになりますから、とにかく少しだけにしておきましょう。
粘土で包み込むように絵の具を混ぜ込んで練り、均一な薄い小麦色になればOKです。

粘土を手のひらでコロコロと玉にして、平らな物の上で少しだけつぶします。
これがドーナツの形の原型になりますので、あまり薄くしすぎないでください。
真上から見て中心に、つまようじで点を付けておくといいでしょう。

中心の点を目印に、ストローや小さめのふたなどを使って穴をあけます。
一気にまっすぐに穴をあけてください。
これでドーナツの最初の形ができました。

もし穴が大きすぎたり小さすぎたりした場合は、粘土の量で調整をするか穴をあける道具を変えてみてくださいね。

3.ドーナツの表面の質感を付けます。
歯ブラシを使って、ドーナツ全体にぼそぼそとした表面の質感を付けましょう。
古いタオルなどがあれば下に敷いてください。
せっかくついた質感が潰れて消えてしまうのを防ぐことができます。

最初に上下、次に側面を転がしながらボソボソすると、比較的きれいに質感を残すことができます。
特にあとからトッピングする予定の物であれば、上面の質感が多少潰れてしまっても問題ありません。

質感が付いたら、側面に筋を一本入れましょう。
竹串や粘土ベラなどを使い、側面のまん中にくるりと薄い線を入れます。
あまり深くあとを付ける必要はありませんし、途中切れてしまってもそれほど気にする必要もありません。
(上手くできなかったり必要なければ、この工程は飛ばしても大丈夫です。
また、この後オールドファッションドーナツにする場合も側面の筋はつけません)

基本のドーナツの成形はこれでおしまいです。
完全に乾くまで、風通しの良いところで3~4日ほど乾燥させてください。

単純な形では物足りない方は、手順2・3へ進みましょう!

手順2:フレンチクルーラーの成形

基本のドーナツの形ができた状態で、さらに手順を追加するとフレンチクルーラーを作ることができます。

4.基本のドーナツに縦筋を追加します。
フレンチクルーラー独特の筋を刻む作業です。
竹串やナイフ状になっているへらなどを使い、上の穴から下の穴をつなぐように縦に筋を付けます。
まっすぐではなく、S字になるようにドーナツ側をひねりながら筋を付けてみてください。
最初はうまくいきませんが、慣れるとだんだんきれいに引けるようになります。

力が入るとドーナッツの形が少し崩れてしまいますが、あとで調整すれば大丈夫です。
一周筋を付け終わったら、上の穴の形をつまようじで調節し、全体の形も指でそっと整えましょう。

もしどうしようもなく形が崩れたり筋が上手くつかなかったら、一度粘土をこね直して基本のドーナツ型から作り直します。
乾燥してきたら水を少しつけると柔らかくなりますが、あまり何度も水を付け直しているとぼそぼそとまとまりにくくなってしまいます。
そうなってしまったらあきらめて、基本形のドーナツで我慢しておくのも手ですね。

満足いく形ができたら、風通しの良い場所で乾燥させてください。

手順3:オールドファッションの成形

フレンチクルーラーよりは簡単だと思います。
上面がぱっくり割れてボソボソした感じのオールドファッションを作りましょう。

5.基本のドーナツの上面に溝を付けます。
つまようじを使い、ドーナツの上面に溝を刻みます。
ザクザクとはっきりと一周してしまってください。
溝ができたら、つまようじで溝を細かく調整します。
目指すのはぱっくりと焼けてはじけたオールドファッションの形です。
歯ブラシなども使って、キレイな割れ目を作ってみましょう。

オールドファッションは縁に何カ所かの裂け目を付けるとよりリアルな仕上がりになります。
カッターナイフの刃の背中側などの固くまっすぐなものを使い、何カ所か縁に切り込みを入れてみましょう。

最後に全体を見て、形を整えれば完成です。
こちらも3~4日ほど乾燥させておいてください。

6.ドーナツに色を付けましょう
ドーナツが乾燥したら、焼き色を付けて完成させます。
着色に使うのはアクリル絵の具です。

まず黄土色の絵の具を水で薄めに溶かします。
メイク用のスポンジ、またはきめの細かいキッチン用のメラミンスポンジなどに絵の具を付け、ティッシュで水分を吸い取ってからドーナツにポンポンと押し付けます。
最初はごく薄い色から、徐々に茶色を足して色を濃くしていきます。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

粉物の王様!ふっくらカリっとしたフェイクフードお好み焼きの作り方

フェイクフードのカテゴリーでの粉もののご紹介も3つ目になりました。 「フェイクタ …

アクセサリーに最適!愛らしいミニチュアフードロールケーキの作り方

甘いクリームがくるりとのの字に巻かれた愛らしいケーキ。 みんな大好き、ロールケー …

モッチリ麺ととろ~りソース☆フェイクフードパスタの作り方【ペペロンチーノ、ナポリタン、ミート・クリームソース編】

お洒落なイタリアンといえば、まずはパスタですね。 麺の種類もソースの種類も沢山あ …

トロピカル感満載!ミニチュアフードマンゴーの作り方

最近スーパーのフルーツコーナーでも普通に見かけるようになったマンゴー。 独特な香 …

【フェイクフード初心者向け】紙粘土の基本を覚える【食パンの作り方2パターン】

フェイクフードを作成する材料はいろいろあります。 これまで樹脂粘土を使った作品を …

【初心者向け】簡単でカワイイ!フェイクフードマカロンの作り方

口に入れるとサクッとほどけ、中身はふんわりと軽やか。 カラフルな色と可愛らしい形 …

初心者でも簡単!具だくさんのフェイクフードおうちカレーライスの作り方

夕方歩いていると、ほのかにカレーの匂いが漂ってくることがあります。 「あ、このお …

あったかツルツル!フェイクフードうどんの作り方【キツネうどん・釜玉うどん】

粘土で作る麺類の4つ目は、日本のファストフード「おうどん」の登場です。 ラーメン …

大人なイメージのフェイクフードベーグルとベーグルサンドの作り方

人気のパンメニューの中ではやや渋めのフェイクフードの登場です。 造形もシンプルな …

大人も子供も大好き!サクサク♪フェイクフードエビフライの作り方

今回は洋食の人気者、エビフライにチャレンジしてみましょう。 衣がサクサクで尻尾も …