ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[ハンドメイドコラム]知ったら作ってみたくなります。糸と針を使って描く刺繍の魅力

   

shisyu_2-2
刺繍と聞いて持つイメージは・・・
綺麗、かわいい、細かい、面倒くさそう、時間がかかりそう。少し高級な感じがするという人もいます。
確かに、刺繍の入った洋服や小物はそういう場合もあるかもしれませんね。

一般的に刺繍と言われるものはフランス刺繍です。よく見かけるところではハンカチやストールなどで、刺繍教室といえばフランス刺繍を教えてくれるところが多いです。
その他には、チャイナドレスなどに施されている中国刺繍、タペストリーやクッションカバーなどのインテリアで見かけるスザニ刺繍、ノルディック柄に代表される幾何学模様のノルウェー刺繍、そして和服を彩る日本刺繍。
どの国のものも色鮮やかで美しいです。

もし家で、自分で刺繍をするなら、大作は無理でも小さな刺繍をプラスするだけでずいぶんイメージは変わります。
例えば、真っ白なシャツの襟やポケットにイニシャルを刺繍したり、シンプルなTシャツの胸に一輪の花を刺繍したり。
色を幾つか使ってももちろんいいですが、あえて一色だけで刺繍してもセンスよくみえます。
刺繍・ハンドメイド【刺繍の本)
刺繍のいいところは、数センチ四方の小さなデザインでもかわいく仕上がり、線やドットをランダムに刺しただけでも素敵になるところです。そして何より、暖かい感じ、ハンドメイドの良さが出ます。
子供の服や持ち物にも是非、刺繍をプラスしてみてください。
既製のデニムパンツやスカートにも、かわいい動物や車などを加えてあげるとオリジナルのお洋服が出来上がります。ワッペンと合わせてたくさん付けると、ブランド物のような感じになりかわいいです。

ワンポイント刺繍は、そのデザイン本がいろいろ販売されていますので書店で探してみましょう。キャラクターやアルファベット、花や動物など見ているだけでも楽しいです。

もっと華やかにしたい時はビーズ刺繍、リボン刺繍などもおすすめです。
糸にビーズやスパンコールを刺しながら刺繍したり、糸の代わりに細いリボンを使って刺繍をしたりするときらびやかでパーティー用の小物などにもぴったりです。

ひとつひとつ丁寧に刺していきイメージしていたとおり出来上がった時の達成感は、絵を描くことに似ているのではないでしょうか。色を合わせたり糸の素材を変えたりすれば思いもかけない効果が生まれ、素朴な物からアーティスティックな物まで楽しめます。

ちょっとしたひと手間で手作りの良さとオリジナル感を演出できる刺繍。
興味が湧いた方は手芸店を覗いてみてくださいね。

 - 刺繍

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

[手作りしよう]手縫いで作る刺繍ワッペンで服やバッグをかわいく。作り方をご紹介

ワッペンというと、お店で買うものというイメージですが自分で作ることもできます。 …

まずは簡単ワンポイントマークから。刺繍レクチャー

刺繍はデザインの一部として使うのはもちろんなのですが、それが自分の目印になったり …

刺繍を入れたオリジナルフェルトワッペンの作り方!初心者にも簡単!

ワッペンといえば洋服に開いた穴や汚れを隠すのに使ったり、手持ちの洋服やカバンにつ …

初心者の為の刺繍入門

刺繍(ししゅう)とは 「種々な色の糸を用いて、布地の表面に絵や模様を縫い表すこと …

【簡単】手縫いで名前を刺繍する方法!初心者にもできる!

通園・通学のバッグなどに名前を入れる機会が多くありますね。 アイロンプリントに手 …

ソーイング男子と名乗るなら絶対できて欲しい裁縫BEST5!

ソーイング男子という言葉を聞いたことがあるでしょうか。その名の通り、趣味でソーイ …

ハンドメイドに!刺繍ミシンを購入予定ならここに注目!商品紹介

刺繍というと、手でコツコツと作業をするイメージです。ひと針ひと針刺していき、少し …

刺繍した布でくるみボタンを作ろう!

丸みを帯びたくるみボタンは、服のボタンからヘアピンやピアスなどのアクセサリー、そ …