ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[作り方]保冷用の買い物バッグをハンドメイド。簡単アイデアいろいろ

   

horeibag-5-2
みなさんは、買い物のときにエコバッグなどを持っていきますか?

食品売り場では保冷用になっているバッグを使っている人も多いですね。
でもなかなか、保冷用で気に入ったものがないことも。
それなら、やっぱり手作りです。

すでにバッグの形になっているアルミの物を見たことがあるかもしれません。それなら、その大きさに合わせてバッグを作って中にすっぽりとアルミバッグを入れれば新しい保冷バッグの気分です。
アルミシートなら、特に保冷用と書いていなくても(例えば、アルミレジャーシートでも)十分保冷バッグ作りに使えます。厚さのあるものはダメですが、薄くて大きい物を布と同じように必要な分だけカットして使います。
バッグもシートも100円ショップでも売っているので、保冷機能だからと言ってお財布を気にして準備することもありません。

保冷するのであれば、やはりフタ付きのバッグがいいですね。
今回は、ファスナー開閉のトート型保冷バッグの作り方を紹介します。

できあがり

横27cm×縦30cm×マチ16cm

材料

表袋用布 110cm幅×50cm
中袋用アルミシート 80×50cm
ファスナー(40cm) 1本
持ち手用綿テープ(3mm幅) 1m
買い物バッグ・保冷・作り方 (1)

作り方

1.表袋を作ります。
①表布を裁ちます。
横40cm×縦45cmを2枚。(周りに1cmの縫い代込)
②アルミシートを裁ちます。
横78cm×縦45cmを1枚。(周りに1cmの縫い代込)
③表布にファスナーを縫い付けます。
入れ口部分の縫い代を中に折ります。
ファスナーが見えるように表布の縫い代を折った部分とファスナーの土台を重ね、ファスナーから7mmくらいのところをつなぎ合わせるように表から縫い付けます。
④表布をファスナー部分を「わ」にするように中表に折り、脇を縫います。
⑤脇を折りたたみ、マチを作ります。
⑥持ち手を付けます。テープ端を2cm程中に折り表から縫いましょう。
買い物バッグ・保冷・作り方 (2)

2.中袋を作ります。
①ポケットを作る場合はここで作り、中袋に縫い付けます。
今回は、ポケットの表がプリント地、裏がアルミで作ります。
②中布を中表に折り、脇を縫います。
買い物バッグ・保冷・作り方 (3)
ここで上手に縫うためのワンポイント!
アルミシートはミシンでは縫い進むことができません。脇を縫う時は薄手の綿生地などで縫い代を挟み、その上から縫いましょう。

③中袋を表袋の中にセットします。
④中袋入れ口の縫い代を中に折り、手縫いで表袋に縫い付けます。
買い物バッグ・保冷・作り方 (4)
⑤表のみアイロンで形を整えてできあがり!アルミ面はアイロンをかけないようにしてください。
買い物バッグ・保冷・作り方 (5)
中に作ったポケットには保冷剤を入れるといいですね。

普通の布バッグも、ポケットだけ作ったり底を二重にしたりすれば保冷材入れになります。
作ったバッグで、より楽しい買い物にお出かけくださいね!

 - 洋裁

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

簡単!子供用チューリップハットの作り方

子供の外遊びに必要な「帽子」 特に夏場はよく汗をかき、洗えたらいいなあと思うこと …

これから始める!ミシン教室の選び方【初心者編】

ミシンは持っていますか? 手芸を始めたいので買う予定の人もいれば、今は押し入れの …

ミシン糸を上手に保管・収納するコツ

生地の色に合わせてどんどん買い足して増えていくミシン糸。 おまけに下糸をボビンに …

おすすめの子供服の型紙屋さん ~パンツ編初級~

私が使った事のある型紙をショップさん別に紹介します。 スカートに比べて難しそう・ …

[保育園・幼稚園に]手作りで準備する通園バッグ。作る楽しさと使う楽しさ

もうすぐ始まる幼稚園!保育園!さぁ、準備をしなくっちゃ・・・ 必要なものはたくさ …

通園バッグをショルダータイプに変える方法。簡単な後付け法(作り方)をご紹介

園生活で使うバッグ。手で持つトートタイプの物は、お店でもよく見かけます。 手作り …

ソーイングミシンの糸の種類を解説

ミシンソーイングをする際、生地にあった糸を選ぶことで仕上がりが綺麗になります。 …

保育園のバッグを作る時に役立つ無料・有料型紙をご紹介。

保育園や幼稚園で使うバッグを手作りする時、まずその型紙が必要です。 型紙はパター …

手作り子供服で女の子が喜んできてくれるものは?

最近の子供は男の子も女の子もオシャレですね。大人が負けちゃうくらいこだわりを持っ …

すぐできてかわいいハンドメイド雑貨!布のお花は飾っても、つけても素敵。作り方をご紹介

ポーチやバッグを作ったけれどなんだかちょっと物足りないなぁ、などと思ったことはあ …