ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

簡単!子供用チューリップハットの作り方

   

boushiimg2
子供の外遊びに必要な「帽子」
特に夏場はよく汗をかき、洗えたらいいなあと思うことがよくあります。そこで、おでかけにはなかなか洗うことが出来ない麦わら帽子、公園や水遊びには簡単に洗える布製のものをと使い分けることにし、作成したのがチューリップハットです。
c3
用意するものは、

  • コットン生地
  • 必要であれば、帽子用のゴム(100均にもあります)
  • お好みでトーションレース

です。
レースは市販のものでも、手編みしたブレードでもいいですよ。

1.まず、型紙を用意します。本にある場合もありますし、ネットで「チューリップハット 型紙 無料」で検索するとダウンロード出来るので、印刷したものをはさみで切るだけで簡単です。
2.生地に型紙を乗せてなぞってから、縫い代1センチをつけて切っていきます。測らなくても、だいたい1センチで切れば大丈夫です。表に6枚、裏に6枚使用します。色を変えたり、交互に使ってみたりと工夫してみましょう。
3.切った布を頂点からつばの方向にかけて1枚ずつ縫って繋げていきます。6枚繋いだら1枚目の反対側と縫うとほぼ帽子の形になります。頭頂部の部分が重なって少し縫いにくいですが、縫い代を同じ方向に倒して形を整えて縫います。これを表、裏、の2つ作ります。
4.お好みで表の布にトーションレースを縫い付けます。表と裏を合わせる前に飾りつけはしてしまいましょう。これは100均のトーションレースをミシンで縫いました。
c4
5.表と裏を中表にし、帽子のつばの部分を縫っていきます。7センチほど残して返し縫いをしてミシンを終わらせます。縫い残した7センチの部分から表と裏をひっくり返します。
6.縫い残しの部分を折って、まち針で止めます。縫い目の部分がしっかりと端にくるように、目打ちなどを使って形を整えましょう。アイロンをかけると次のミシンがかけやすくなります。
7.端1ミリの部分をミシンで縫い一周します。これで開いていた7センチの部分も塞がりました。ミシンを1周しないと2枚の布がプカプカとしてしまいます。このようなミシンのかけ方を「布を押さえる」といいます。
8.必要であればあご紐(ゴム)を縫い付けます。

 - 洋裁

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

パイピング仕上げで高級感を♪初心者でもできるバッグ縫製

初心者でもちょっとの工夫で、お店に売っているようなバッグが作れます。 今回は、使 …

子供服を手作りしたい!初心者におすすめの型紙3選

デパートなどの子供服売り場。 カラフルにディスプレイされたお店は親子連れやお腹の …

子供服のハンドメイド本でおすすめ紹介

昔の映画を見ていると、母親が子供のために服を作っている場面がでてくることがありま …

[作り方]保育園には手作りバッグを、楽しく作って楽しく登園!

保育園、幼稚園、習い事などが始まるとバッグが必要になりますね。小さい子でも持てる …

【洋裁】ドレメ式原型の作り方

ここではドレメ式原型の引き方を説明します。 用意するもの メジャー(採寸に使いま …

エコバッグを手作りして、お買い物をもっと楽しく[買い物バッグの作り方]

買い物に行くときに忘れてはいけないのが買い物バッグ。 お店の袋は有料のことが多い …

簡単に作れる子供服手作りワンピースの作り方

四季を通して便利なお洋服、ワンピース。 コーディネイトに迷った時やちょっとおめか …

ミシンの下糸がゆるい時の調整、チェックの仕方

綺麗な縫い目にするためには、上糸と下糸の強さが均等でなければなりません。 どちら …

これさえあれば!初心者でも布小物が作れる魔法の道具9選

ミシンも手縫いも得意じゃないけど、布小物を作りたい! そんな方のために、布小物製 …

おすすめの子供服の型紙屋さん ~パンツ編上級~

いよいよ上級編になります。 中級編よりさらに細かい作業が増えているイメージですが …