ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

簡単♪キルトでポットマットとコースター

      2015/07/26

teapot_img1
綿の布と布の間に綿(わた)を挟んで、ステッチをかけたキルト。
ふんわりとして可愛く素朴な雰囲気なので、おうちの中や持ち物に一点あるだけで、なごむ空間になります♪
簡単で可愛い、初心者向きのキルト小物をご紹介します。

●簡単に作れて可愛い、ティーポットを置くポットマットとコースター●
kirutopotto1

○用意するもの○

・綿の布
・バイアステープ
・キルト綿(わた)
→キルティング用の、平たい綿(わた)。キルト芯ともいいます。
ぬいぐるみに入れるような綿ではなくて、キルト用の平たいものを選んでくださいね。
手芸店や100円均一のお店で手に入ります。
・縫い針
→お持ちの普通の針でOKです。
もし新しく手に入れるなら、「キルト針」または「パッチワーク針」と書いてあるものが縫いやすくておすすめです。
・待ち針
・糸
→お持ちのミシン糸でも大丈夫です。
もし新しく手に入れるなら、手縫い用のキルト糸が良いです。
・チャコペン (なければ鉛筆でも可)

○作り方○

1.布とキルト綿を裁断します。
好きな大きさで良いですが、ポットマットは大体直径15㎝前後、コースターは直径9~10cmくらいが使いやすいかと思います。
ポットマットとコースター、布は各2枚ずつ必要です。
※キルト綿(わた)は物によって厚みが違うので、厚いものは1枚で、薄めのものは2枚重ねたほうが良いかもしれません。
kirutopotto2
2.布にチャコペンで縫う線をひきます。(各1枚ずつ)
キルトの縫い方は色々ありますが、今回は簡単な直線のみで。
kirutopotto3
3.布と布の間にキルトを挟んで、待ち針でとめます。
真ん中の線から縫っていくので、待ち針もそのようにとめます。
kirutopotto4
4.まず中央の線をなみ縫いで縫います。
布とキルト綿がずれないように、気を付けて。
kirutopotto5
*一本縫い終わったら、布がずれていないかチェックです。
5.続けてほかの線も縫いましょう。
一本縫うごとに、布とわたがずれてないかチェックしましょう。
kirutopotto6
そして上下をひっくり返して残りの線も。
kirutopotto7
6.あとは周囲をパイピングするだけ。完成までもう少し。
パイピングの先を0.5~1cmくらい折って、その上から縫い始めます。
kirutopotto8
ぐるっと1周縫ったら、布を1、2cm重ねて玉止めを。
余ったパイピングは切りましょう。
kirutopotto9
7.パイピングをくるっと返して、もう片側をまつり縫いします。
kirutopotto10
出来上がり♪
kirutopotto11
大・小と作って、ティーポットとマグカップ用に。
マグカップ用は数枚あってもいいですね。

裏と表を違う布で作ってリバーシブルにして、気分で使い分けても楽しいですよ♪

 - 洋裁

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

【洋裁】ドレメ式原型の作り方

ここではドレメ式原型の引き方を説明します。 用意するもの メジャー(採寸に使いま …

保育園のバッグを作る時に役立つ無料・有料型紙をご紹介。

保育園や幼稚園で使うバッグを手作りする時、まずその型紙が必要です。 型紙はパター …

[初心者向け]初めての洋裁レクチャー~道具と型紙選び

初めて洋裁を始めようと思った時、洋裁の道具は何を用意して、生地はどれにして、型紙 …

手作り子供服で女の子が喜んできてくれるものは?

最近の子供は男の子も女の子もオシャレですね。大人が負けちゃうくらいこだわりを持っ …

[手作り保育園バッグ]ミシンがなくても大丈夫!手縫いで作る裏地付き通園バッグ

ミシンがない!でも、せっかくだから手作りで通園バッグを作りたい! 手縫いは確かに …

ミシン
[洋服を作る]世界が広がる服づくりの仕事

服づくりとは、ものづくりです。 オシャレな響きに、常に流行をチェックするのが主な …

[作り方]保育園には手作りバッグを、楽しく作って楽しく登園!

保育園、幼稚園、習い事などが始まるとバッグが必要になりますね。小さい子でも持てる …

簡単!子供用チューリップハットの作り方

子供の外遊びに必要な「帽子」 特に夏場はよく汗をかき、洗えたらいいなあと思うこと …

【新生児・乳児】ベビー服をサイズアップする4つの方法【赤ちゃん服のリメイク】

「昨日より明らかに大きくなってる!」と感じるくらい、日に日に大きくなっていく赤ち …

[保育園・幼稚園に]手作りで準備する通園バッグ。作る楽しさと使う楽しさ

もうすぐ始まる幼稚園!保育園!さぁ、準備をしなくっちゃ・・・ 必要なものはたくさ …