ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[作り方]保育園には手作りバッグを、楽しく作って楽しく登園!

   

hoikuen-bag-6-2
保育園、幼稚園、習い事などが始まるとバッグが必要になりますね。小さい子でも持てる大きさの可愛いバッグ。ミシンがあれば、作ってみるのも楽しいです。

今回は、簡単にできる裏地付きバッグの作り方を紹介します。

材料

  • 表布用の布
  • 裏布用の布
  • 接着芯(バッグをしっかりさせたい時には必要です)

道具

  • ミシン
  • アイロン
  • ミシン糸
  • ハサミ
  • マチ針
  • 縫い針

必要な布の大きさは、型紙から大まかに考えると表布で40×60cmです。
持ち手を入れても50×70cmほどあれば十分です。
ただ、綿生地は約110cm幅のものが多いので、70cm購入すれば表布と裏布両方とれる大きさになります。
2、3種類のプリント柄を70cmずつ購入し組み合わせ方を変えて作ると楽しいですね。

また、持ち手はここでは作っていますが、市販の2.5cm幅綿テープを使ってもOKです。

作り方

保育園バッグ・作り方 (1)
1.型紙とおりに(必要な箇所には1cmの縫い代をプラスして)表布と裏布、持ち手を取り布を裁ちます。
接着芯を使用する場合は表布と同じ大きさ(縫い代はなし)で切って表布の裏に貼りましょう。
2.表布の表の縫い代部分に持ち手を縫い付けます。
3.表布と裏布を中表に合わせて、入れ口を縫います。
4.入れ口が真ん中に来るように折り、縫い代は開いてアイロンをかけます。
5.裏布の返し口を残して脇を縫います。
6.返し口から手を入れて布を表に返します。
7.裏布を表布の中にちゃんと入れて、入れ口部分に端から2mmくらいのところでステッチをかけます。
8.中布の返し口を縫い閉じます。
9.アイロンで形を整えて、出来上がりです。
保育園バッグ・作り方 (2)

バッグ作りのポイント

・アイロンは作業の途中でまめにかけると、形が整い出来上がりもきれいになります。特に、縫い代を開いたり入れ口のステッチをかけたりする時には面倒がらずに作業しましょう。

・表にひっくり返した後、バッグの角がなかなか四角くきちんと出ない時はリッパーやマチ針ですくい出しましょう。
保育園バッグ・作り方 (3)
・「コの字閉じ」は動画での解説がわかりやすくておすすめです。こちらは、ソーイングの基礎を丁寧なプロセスで教えてくれる「ネコジロウTV」です。

基本のバッグができれば、アレンジもできます。
持ち手の布を2枚に分けて用意すれば表裏の柄を変えることができます。綿テープを使う場合も、上からレースや細めの柄テープを縫い付ければイメージがガラッと変わります。バッグ本体の面で柄を変える、ポケットを付けるのもいいですね。

布は綿プリントの他にデニム、帆布も丈夫でバッグに向いています。
お好きなカラーや柄を探してみてください。

 - 洋裁

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

100均で購入できるソーイング便利グッズ6選!【おすすめ手芸用品】

手芸屋さんには沢山の道具が売っていますが、100円均一店でも十分代用できる道具が …

【新生児・乳児】ベビー服をサイズアップする4つの方法【赤ちゃん服のリメイク】

「昨日より明らかに大きくなってる!」と感じるくらい、日に日に大きくなっていく赤ち …

ミシン初心者にもおすすめの型紙

バッグが好き!見るとついつい買いたくなってしまう。 でも、この色がもう少し濃かっ …

パイピング仕上げで高級感を♪初心者でもできるバッグ縫製

初心者でもちょっとの工夫で、お店に売っているようなバッグが作れます。 今回は、使 …

簡単ハンドメイド布小物でお出かけを楽しく!1日でできるポーチとティッシュケースの作り方

自分が使う物、出かける時の必需品など、身の回りの物を選ぶ時は何を重視するでしょう …

ミシン
[洋服を作る]世界が広がる服づくりの仕事

服づくりとは、ものづくりです。 オシャレな響きに、常に流行をチェックするのが主な …

おすすめの子供服型紙屋さん ~パンツ編中級~

初級編に続き中級編です。 初級編にくらべてパーツもだいぶ増えるので裁断も大変にな …

これから始める!ミシン教室の選び方【初心者編】

ミシンは持っていますか? 手芸を始めたいので買う予定の人もいれば、今は押し入れの …

子供服を手作りしたい!初心者におすすめの型紙3選

デパートなどの子供服売り場。 カラフルにディスプレイされたお店は親子連れやお腹の …

[手作り保育園バッグ]ミシンがなくても大丈夫!手縫いで作る裏地付き通園バッグ

ミシンがない!でも、せっかくだから手作りで通園バッグを作りたい! 手縫いは確かに …