ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

造花を使ったレジンアクセサリー作り方

      2016/10/13

4377-2
レジンはパーツをレジン液に閉じ込めるだけでは無く、レジン液でコーティングするという使い方もあります。
今回は造花をコーティングする方法を紹介します。
生花でも出来ますが、その場合、時間が経つと花の色が変色してしまうので、その点を考えると、造花の方が良いと言えるでしょう。

材料

  • 造花
  • レジン液
  • 爪楊枝
  • 洗濯挟み

作り方

1.造花を用意します。
花をハサミ(又はニッパー)でカットします。
少しだけ茎が残るようにカットしてください。
2.作業しやすいように、茎を洗濯挟みでつまみ固定します。
3.花びらにレジン液を塗ります。
爪楊枝で全体に丁寧に伸ばしていきましょう。
筆でもよいのですが、気泡が入りやすくなるので、爪楊枝の方がきれいに仕上がります。
4.UVライトで硬化。
洗濯挟みのままで大丈夫です。

5.取り出したら、再びレジン液を爪楊枝で伸ばし硬化させます。
この時に、ラメを散りばめたり、パールビズなどでデコレーションしたりすると一層素敵に仕上がります。
6.裏も同様にレジン液をぬります。
この時、洗濯挟みで挟んでいた部分の茎を切り落とします。
花の面を下にして、マスキングテープで固定すると作業がしやすくなります。
この時、あまり強くテープに止めないように注意しましょう。
レジンでコーティングした部分は、力を入れると割れやすいので、テープに固定する時、また、テープからはがす時に割れてしまうことがあります。
ただし、ソフトレジンの場合は割れにくいので大丈夫です。

これで、レジンでコーティングした造花の完成です。

レジン液でコーティングをすると、少し花の色が変わります。

少し濃くなっているのが解るかと思います。

布製の造花はでレジン液が染み込みやすく、その分レジン液を多く使用することになります。
その対策として、先に造花へデコバージュ液で下地を塗っておくとレジン液の染み込みが無くなり、使用量を減らすことが出来ます。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジンアクセサリーで利用するおすすめ材料の紹介

今、ハンドメイド好きの方にレジンクラフトが大人気です。レジンクラフトとは、透明な …

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 でも、 …

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …

ピカエースを使用したレジンでカラフル可愛いドロップアクセの作り方

みなさんはレジンの着色材に何を使っていますか?レジンの透明感をいかし、カラフルな …

UVレジンキーチャームの作り方【簡単基本のバッグチャーム】

お手持ちのバッグに合わせて世界に一つのバッグチャームを作りませんか?! 最近では …

レジンを固める機械のオススメと注意点。電子レンジでも固まる?

UVレジンを硬化するには、大きく分けて2つあります。 まず一つ目は、「日光に当て …

レジンに絵を描く!?オリジナルイラストを封入する方法3パターン

レジン作品を作っていると、もっとオリジナルの作品を作りたい!と思うことありません …

レジンでピルケースを作ってみよう!

レジン制作で定番の一つがピルケースです。 ピルケースはミール皿などのアクセサリー …

ミール皿で作るレジン作品の背景をキレイに作るコツは?

レジン作品でよく使用するミール皿。 形も丸や四角だけではなく、月や猫など、本当に …

レジン液でのにじみを防止する方法

レジンは液体ですので、紙や布などは直接レジン液を注いでしまうと、どうしてもにじん …