ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンとは?レジンってなに?にやさしく回答!

   

rejintoha_img
昨今のハンドメイドブームで、初心者でも簡単にできるクラフト系の目新しいものが注目されてきています。
いわゆる裁縫や編み物だと難しそうでなかなか手を出せないという方も多いと思いますが、クラフト系のものは道具や材料さえ揃えれば比較的チャレンジしやすいので人気です。専用の道具などが必要になるとはいえ、それも今では100円均一で大抵揃えられるようになりましたので、人気の高さがうかがえます。そのようなクラフト系のハンドメイドの中でも最も注目度が高いのが“レジン”です。

注目されているとはいえ、まだまだ新しい分野であるレジン。いったいどんなものなのか、なぜ人気なのか、簡単におはなししていきたいと思います。

まず、レジンという言葉自体を初めて聞いた方はどんな素材のものなのか全く見当もつかないと思いますが、その正体は透明な樹脂です(もともと樹脂のことを英語でレジンといいます)。粘度のある液体状になっており、着色をしたりチャームや小さなパーツやお気に入りの写真などさまざまなものを入れたりして固め、オリジナルのアクセサリーや雑貨などを作ることができます。ホログラムやラメなどを封入すれば、キラキラとした美しいジュエリーのようなものまで作ることもできます。
rejin_2syurui
レジンは大きく分けて2種類あります。
ひとつは主剤と硬化剤という2つの液体を一定の割合で混合することによって起こる化学反応で硬化させるエポキシレジンです。2つの液体を使うので2液性レジンともいわれます。エポキシレジンは混ぜた瞬間から硬化がはじまりますが、完全に硬化させるのには24時間以上かかります(メーカーや気温によって変わります)。
もうひとつは紫外線を当てることによって硬化するUVレジンというものです。UVレジンは紫外線を当てなければ硬化しませんのでゆっくり落ち着いて作業ができ、また硬化を始めるとUVランプを使えば2~3分で、太陽光でも10分ほどで硬化が完了するという特徴があります。

一見UVレジンの方が簡単で早くて良さそうですが、紫外線が届かなければ硬化不良を起こしてしまいますので、濃く着色してしまったり複雑な形で紫外線が届かない箇所があったりすると上手くできません。厚みのあるものや大きいものを作るのにも向いていません。また、エポキシレジンの方が透明度はより高く値段が安いです。両者の特徴をよく理解し、作りたいものに合わせて使い分けましょう。

手軽にできるレジンですが注意点もあります。硬化前のレジン液は、アレルギーを引き起こすことがあります。皮膚の弱い方などは直接触ると皮が剥けたりかゆくなることがありますので、液自体をなるべく触らないようにすること、そして換気を充分に行うことが大切です。注意すべきことをしっかり守って、楽しいレジンライフを始めてください。きっとレジンの魅力にハマりますよ。

これからレジンを始めてみようかな?という方には、次の記事もおすすめです。
作り方は簡単!100円ショップの材料で作れる「フラワーレジンストラップ」【初心者用】

 - レジン

  関連記事

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 でも、 …

全て100円?! ダイソーで購入できるクラフトレジン用アイテムをご紹介します!

最近、レジンアクセサリーの手作りが一大ブームになっていますね。 100円ショップ …

【クラゲモチーフ】レジンとネイルシールで簡単♪海の中を漂うクラゲモチーフアクセサリー

水族館でも人気のクラゲ。男女問わず不思議な魅力にひかれている人も多いのでは?幻想 …

レジンは有害?安全性を知りたい!

近年、種類や販売店も増え、手軽に身近に手に入れる事が出来るようになった「レジン」 …

ダイソーで買えるクラフトレジン商品

初めてレジンに挑戦したい人、「とりあえずどんな感じかやってみたいな!」「一度作っ …

レジン×ビーズに挑戦してみよう!

今回は、レジン×ビーズについて紹介いたします。 様々な形があり、キラキラとしたビ …

簡単!レジンであれこれコーティングのやり方

レジンは、様々なものをレジン液に閉じ込めるだけではなく、素材そのものをコーティン …

レジンで「夜空模様」の作り方。初心者でもできる!

レジンに興味のある方は、目にする事も多い「夜空模様」。 「宇宙塗り」や「銀河塗り …

レジン作業中に出た気泡を消す脱泡方法は?

レジンの作業で、一番細かな作業は、レジン液を流し入れた時に出来てしまった気泡を消 …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …