ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンで人気の猫型に挑戦してみよう!

      2017/03/28

レジンと言えば、サークル型やスクエア型、トライアングル型などで作ることが多いのではないでしょうか?
最初はそのようなシンプルな形から作ってみた方が作業しやすいと思います。
徐々に慣れてきたら、他の形にもチャレンジしてみたくなりますよね!
型も多くの種類が出ています。
中でも人気なのは、「ネコ型」でしょう!
ブームでもある「ネコ」なので、100円ショップでも手に入れる事が出来る型です。

今回は、100円ショップのカワイイ猫型のシリコンモールドを使って作るレジンアクセサリーの作り方を紹介いたします。

材料

  • 猫型のシリコンモールド
  • レジン液
  • パールビーズなど、閉じ込めたいパーツ
  • 爪楊枝

作り方

シリコンモールドで作る場合は、底面が表面になります。
パーツの向きや配置に注意しながら作業していきましょう。

1.シリコンモールドにレジン液を薄く(型の1/3程度)入れます。
気泡を爪楊枝で潰すか、すくい取るようにして取り除いてください。

2.パーツを配置します。
ネコの首にパールを首輪のように並べます。
穴のあるビーズの場合は、穴が表から見えないように置いてください。

3.UVライトで、2分ほど硬化します。

4.レジン液を流し入れ(型の2/3程度)、お好みのパーツを乗せます。
(花や、英字などを体の辺りに置いてみるのはいかがでしょうか?)
気泡が有れば爪楊枝で丁寧に取り除いてください。
レジン液とパーツ(デザインフィルム等)の間には気泡が入りやすいので押さえて気泡を表面に出してから取り除きましょう。

5.UVライトで2分ほど硬化します。

6.レジン液を流し入れ(型いっぱいに)、お好みのパーツを乗せます。
丁寧に気泡を取り除いてください。
(ラメを散らしてみるのも綺麗です。)

7.UVライトで2分ほど硬化します。

8.シリコン型から外し、裏返します。

裏返すと表面がくすんでいますが、ヤスリをかけると奇麗になります。
もしくは、表面に薄くレジン液を塗り硬化してもくすみは無くなります。
ただし、形が複雑なので、縁の部分が細かい作業になり大変かもしれません。
また、ニスを塗ったり、マニキュアのトップコートを塗ったりする方法もあります。

いずれも、側面まで行うと、更にキレイな仕上がりになります。

気泡を取り除く方法にエンボスヒーターを使う方もいらっしゃるかと思いますが、シリコンモールドは熱に弱いので当て過ぎないように注意しながら作業してください。

いかがですが?

ネコの形でも、顔や模様をネコそのものにしなくても、全く違うデザインフィルムなどを合わせるのも素敵な作品に仕上がるのでアイデアを膨らませて作ってみてください。

 - レジン

  関連記事

レジン液で釣り具の「ルアー」を作ってみよう!

様々なものを製作できるレジン液ですが、今回は、魚釣り具の「ルアー」の作り方を紹介 …

ミール皿で作るレジン作品の背景をキレイに作るコツは?

レジン作品でよく使用するミール皿。 形も丸や四角だけではなく、月や猫など、本当に …

レジン作品をきれいに研磨する方法と道具

レジンは、艶々の透き通る輝きが何よりもの魅力ですよね。 その輝きを出すためにも、 …

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

レジンをする際のモールドは自分で作ることも可能です。 色々な作り方がありますが、 …

羊毛フェルトとレジンでふんわり猫モチーフのアクセサリー

ふわふわでかわいい羊毛フェルトの作品作りは根強い人気ですよね。最近ではキャラクタ …

これはおすすめ!レジンに対応出来る格安のUVライト!

UVレジンをするのに持っていると便利な「UVライト」。 UVレジン液は太陽光で硬 …

レジン液でのにじみを防止する方法

レジンは液体ですので、紙や布などは直接レジン液を注いでしまうと、どうしてもにじん …

レジンで使用するオススメのヤスリ

材料も手軽に手に入れる事が出来る為、人気のレジンですが、仕上げのひと手間でぐんと …

レジンで布をコーティング。クルミボタンをワンランクアップ!かわいいヘアゴムの作り方。

お気に入りの布でくるみボタンが作れるキットが100円ショップでも販売されているの …

アイディア次第!身近なものもレジンのパーツに!?

レジンの作品の中に入れるものを考える時間はとても楽しいものですよね。 ですが、資 …