ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

   

rejin3_2
今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方などを紹介します。

大創産業さんのUVクラフトレジン液の特徴

ハードタイプ・5g

rejinosusume1
透明の液で、UVライトを当てると硬くなります。

ラメ・ハードタイプ・5g

rejinosusume2
私はよく作品を作るときにラメパウダーやラメマニキュアを使用していますが、これはもともと透明の液の中にシルバーのラメが入っています。UVライトに当てると硬くなります。

ソフトタイプ・5g

rejinosusume3
こちらのレジンはハードタイプと違い、UVライトに当てても曲げることが可能で弾力もあります。透明の液です。

おすすめパーツ

ミール皿

rejinosusume4
こちらはミール皿です。(DAISOさんで購入しました。)
この中にレジン液とパーツを入れてUVライトに当て作ります。

シリコン型

rejinosusume5
シリコン型です。(キャンドゥさんで購入しました。)
この中にもレジン液とパーツを入れて、UVライトに当て、型から外します。
こちらは、透明で両面からパーツが見えるので、スパンコールなど表裏が同じ柄のパーツを使用した方が良いです。

花やストーンなどいろいろなパーツを入れるとき、レジン液が染み込みにくいプラスチック素材がおすすめです。布の素材を使用したいときは、液が染み込み濃い色になりますのでそのことを考えて作ります。

UVクラフトレジン液の使い方のおすすめ

ハードタイプとラメ・ハードタイプ

ハードタイプとラメ・ハードタイプのレジン液はミール皿に流し入れたり、シリコン型に流し入れたりする作品におすすめです。

ミール皿を使用した作品

rejinosusume6
「フラワーレジンストラップ」を作りました。
パーツはDAISOさんのミニフラワー(水色・ピンク・黄色)と、オレンジさんの白のストーンを使用しています。
背景を好きな色に出来ます。私は白とピンクにしました。

シリコン型を使用した作品

rejinosusume7
「にゃんこレジンストラップ」を作りました。
両面から見えるので、パーツはDAISOさんの蝶スパンコール2枚とオレンジさんのピンクのストーン3個使用しています。

ソフトタイプ

ソフトタイプのレジン液は曲げることが出来るので、リボンなどを使用した作品におすすめです。
(レジン液がリボンに染み込むので濃い色になります。そのことを考えて作品を作ります。)

リボンを使用した作品

rejinosusume8
「リボンフラワーストラップ」を作りました。
DAISOさんのリボンとフラワー(黄色・ピンク・オレンジ)、星、オレンジさんの白いストーンを使用しています。
リボンを平らにしてレジンを塗り、パーツを置きます。UVライトを当て固まったら曲げて作ります。
リボンのままストラップにするよりもしっかりします。

他にもアイデア次第でいろいろな作品を作れます。いろいろ挑戦してみてください。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジンで「波紋」を簡単に作ってみよう!

レジンで立体感のある「波紋」は、見た目にも動きがあり、つくるのが難しそうに見える …

レジンで指輪を作ってみよう!

レジン作品は平面の台座にパーツを閉じ込める作品を作ることが多いと思いますが、一見 …

ミール皿で作るレジン作品の背景をキレイに作るコツは?

レジン作品でよく使用するミール皿。 形も丸や四角だけではなく、月や猫など、本当に …

レジンでピルケースを作ってみよう!

レジン制作で定番の一つがピルケースです。 ピルケースはミール皿などのアクセサリー …

レジン作品をきれいに研磨する方法と道具

レジンは、艶々の透き通る輝きが何よりもの魅力ですよね。 その輝きを出すためにも、 …

ガラス瓶を使ったレジン小物の作り方

お店で売っているようなカワイイ小物を、自分で作ってみませんか? ここでは、ガラス …

ダイソーで買えるクラフトレジン商品

初めてレジンに挑戦したい人、「とりあえずどんな感じかやってみたいな!」「一度作っ …

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 でも、 …

作り方は簡単!100円ショップの材料で作れる「フラワーレジンストラップ」【初心者用】

今回は、「フラワーレジンストラップ」作り方を紹介したいと思います。 100円ショ …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …