ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

      2016/10/11

本サイトはプロモーションリンクを含みます。

レジンをする際のモールドは自分で作ることも可能です。
色々な作り方がありますが、今回はシリコンモールドの作り方をご紹介したいと思います。

シリコン液での作り方

まずはシリコン液での作り方をご紹介します。

道具・材料

  • 作りたい型の原型
  • プラスチック版(プラバン・ファイル等)
  • プラスチックのコップ(ペットボトル・厚紙でも可)
  • シリコン液・硬化剤
  • 計量カップ
  • デジタルはかり
  • ゴムへら

作り方

作りたい型の原型を、プラスチック版に接着剤などで貼り付けます。
プラスチックは適当な大きさにカットしてください。
ハンコをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。


型を壁で囲います。
隙間からシリコン液が漏れないように、セロテープなどでしっかりと止めましょう。
型のサイズにもよりますが、ペットボトルやプラスチックのコップを筒状にカットすると簡単です。
ゼリー・プリンカップでもよいのですが、カットするのが大変です。
無ければ、厚紙などでも出来ます。
高さは作りたい型より5㎜~1㎝高くなるようにしてください。

シリコン液を作ります。
シリコン液と硬化剤を、分量を量りながら丁寧に混ぜていきます。
分量が少しでも違うと硬化しないので、デジタルはかりで、丁寧にはかってください。

シリコン液を少しずつ流しいれます。
最初に流し入れる時、作りたい型と液の間に気泡が入らないように十分に注意してください。
気泡が入ってしますと、その気泡が型の一部になってしまいます。
後半は気泡が入っても問題は有りませんが、この作りたい型に触れる部分に気泡が入ってしまった場合には、爪楊枝などで丁寧に気泡を取り除きましょう。

しっかりと硬化させます。

硬化したら、②で作った壁を外します。
続いて型を外しましょう。
液がはみ出て固まっている部分があれば、ハサミやカッターでカットしてください。

最後にもう一度、型が入っていた面(凹んでいる面)をUVライト(又は太陽光)に当てて、しっかりと硬化させるとしっかりとしたモールが完成します。

シリコン粘土での作り方

次にシリコン粘土を使った作り方の紹介です。

道具・材料

  • 作りたい型
  • シリコン粘土

作り方

2種類のシリコン粘土を混ぜ合わせます。
分量は1:1ですが、目分量で大丈夫です。

まとめたシリコン粘土に、作りたい型を押し付けます。

約5分で硬化します。
型を外せば完成です。

いかがですか?

シリコン粘土の方が簡単に作れそうですね。

自分でオリジナルのモールドが作れれば、レジンの幅もいくらでも広がります!
ぜひ試してみてください。

 - レジン

  関連記事

レジンで布をコーティング。クルミボタンをワンランクアップ!かわいいヘアゴムの作り方。

お気に入りの布でくるみボタンが作れるキットが100円ショップでも販売されているの …

レジンで使用するオススメのヤスリ

材料も手軽に手に入れる事が出来る為、人気のレジンですが、仕上げのひと手間でぐんと …

レジンを不透明な色に着色するには?

レジンと言えば、様々なパーツを閉じ込め、キレイに透き通る輝きが魅力ですが、不透明 …

アイディア次第!身近なものもレジンのパーツに!?

レジンの作品の中に入れるものを考える時間はとても楽しいものですよね。 ですが、資 …

レジン作品をキレイに仕上げるポイントとアクセサリー加工に失敗しないコツ

完成したレジン作品をアクセサリーに加工する時にバリの処理や、作品の表面やサイドの …

簡単!レジンであれこれコーティングのやり方

レジンは、様々なものをレジン液に閉じ込めるだけではなく、素材そのものをコーティン …

レジンにオススメの透明フィルム

レジンに封入する透明フィルムは、レジン液の中に文字や絵が浮いているように見えて、 …

これはおすすめ!レジンに対応出来る格安のUVライト!

UVレジンをするのに持っていると便利な「UVライト」。 UVレジン液は太陽光で硬 …

レジン液で釣り具の「ルアー」を作ってみよう!

様々なものを製作できるレジン液ですが、今回は、魚釣り具の「ルアー」の作り方を紹介 …

枠なしでレジン作品を作るには?

レジン作品を作るには、フレームにレジン液を流し込み、パーツを閉じ込めるものが多く …