ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

      2016/10/11

レジンをする際のモールドは自分で作ることも可能です。
色々な作り方がありますが、今回はシリコンモールドの作り方をご紹介したいと思います。

シリコン液での作り方

まずはシリコン液での作り方をご紹介します。

道具・材料

  • 作りたい型の原型
  • プラスチック版(プラバン・ファイル等)
  • プラスチックのコップ(ペットボトル・厚紙でも可)
  • シリコン液・硬化剤
  • 計量カップ
  • デジタルはかり
  • ゴムへら

作り方

作りたい型の原型を、プラスチック版に接着剤などで貼り付けます。
プラスチックは適当な大きさにカットしてください。
ハンコをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。


型を壁で囲います。
隙間からシリコン液が漏れないように、セロテープなどでしっかりと止めましょう。
型のサイズにもよりますが、ペットボトルやプラスチックのコップを筒状にカットすると簡単です。
ゼリー・プリンカップでもよいのですが、カットするのが大変です。
無ければ、厚紙などでも出来ます。
高さは作りたい型より5㎜~1㎝高くなるようにしてください。

シリコン液を作ります。
シリコン液と硬化剤を、分量を量りながら丁寧に混ぜていきます。
分量が少しでも違うと硬化しないので、デジタルはかりで、丁寧にはかってください。

シリコン液を少しずつ流しいれます。
最初に流し入れる時、作りたい型と液の間に気泡が入らないように十分に注意してください。
気泡が入ってしますと、その気泡が型の一部になってしまいます。
後半は気泡が入っても問題は有りませんが、この作りたい型に触れる部分に気泡が入ってしまった場合には、爪楊枝などで丁寧に気泡を取り除きましょう。

しっかりと硬化させます。

硬化したら、②で作った壁を外します。
続いて型を外しましょう。
液がはみ出て固まっている部分があれば、ハサミやカッターでカットしてください。

最後にもう一度、型が入っていた面(凹んでいる面)をUVライト(又は太陽光)に当てて、しっかりと硬化させるとしっかりとしたモールが完成します。

シリコン粘土での作り方

次にシリコン粘土を使った作り方の紹介です。

道具・材料

  • 作りたい型
  • シリコン粘土

作り方

2種類のシリコン粘土を混ぜ合わせます。
分量は1:1ですが、目分量で大丈夫です。

まとめたシリコン粘土に、作りたい型を押し付けます。

約5分で硬化します。
型を外せば完成です。

いかがですか?

シリコン粘土の方が簡単に作れそうですね。

自分でオリジナルのモールドが作れれば、レジンの幅もいくらでも広がります!
ぜひ試してみてください。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジン作品をキレイに仕上げるポイントとアクセサリー加工に失敗しないコツ

完成したレジン作品をアクセサリーに加工する時にバリの処理や、作品の表面やサイドの …

造花を使ったレジンアクセサリー作り方

レジンはパーツをレジン液に閉じ込めるだけでは無く、レジン液でコーティングするとい …

レジンで作る簡単かわいいピアス【作り方】

手軽に透明感のあるアクセサリーが作れることで人気のレジンですが、その軽さも魅力の …

100円ショップのシールを使って、簡単レジンストラップの作り方

今回は、プードルレジンストラップの作り方を紹介したいと思います。 100円ショッ …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …

レジンでピルケースを作ってみよう!

レジン制作で定番の一つがピルケースです。 ピルケースはミール皿などのアクセサリー …

レジン液の代用になるものはあるのか?

近年人気のレジンアクセサリー。 透き通るガラスのような透明感に、金属パーツやパー …

レジンで簡単な玉(球体)の作り方

一見難しそうに見えるレジンで作る球体ですが、材料さえきちんと揃っていれば、初心者 …

初心者でも簡単!ミール皿を使ったレジンアクセサリーの作り方

様々なパーツを閉じ込めるだけで簡単にオシャレなアクセサリーが作れる「レジン液」。 …

個人でも購入できる業務用のおすすめレジン液5選

レジン液は100円ショップでも購入出来ますが、5gとごく少量になります。 ポピュ …