ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

      2016/10/11

レジンをする際のモールドは自分で作ることも可能です。
色々な作り方がありますが、今回はシリコンモールドの作り方をご紹介したいと思います。

シリコン液での作り方

まずはシリコン液での作り方をご紹介します。

道具・材料

  • 作りたい型の原型
  • プラスチック版(プラバン・ファイル等)
  • プラスチックのコップ(ペットボトル・厚紙でも可)
  • シリコン液・硬化剤
  • 計量カップ
  • デジタルはかり
  • ゴムへら

作り方

作りたい型の原型を、プラスチック版に接着剤などで貼り付けます。
プラスチックは適当な大きさにカットしてください。
ハンコをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。


型を壁で囲います。
隙間からシリコン液が漏れないように、セロテープなどでしっかりと止めましょう。
型のサイズにもよりますが、ペットボトルやプラスチックのコップを筒状にカットすると簡単です。
ゼリー・プリンカップでもよいのですが、カットするのが大変です。
無ければ、厚紙などでも出来ます。
高さは作りたい型より5㎜~1㎝高くなるようにしてください。

シリコン液を作ります。
シリコン液と硬化剤を、分量を量りながら丁寧に混ぜていきます。
分量が少しでも違うと硬化しないので、デジタルはかりで、丁寧にはかってください。

シリコン液を少しずつ流しいれます。
最初に流し入れる時、作りたい型と液の間に気泡が入らないように十分に注意してください。
気泡が入ってしますと、その気泡が型の一部になってしまいます。
後半は気泡が入っても問題は有りませんが、この作りたい型に触れる部分に気泡が入ってしまった場合には、爪楊枝などで丁寧に気泡を取り除きましょう。

しっかりと硬化させます。

硬化したら、②で作った壁を外します。
続いて型を外しましょう。
液がはみ出て固まっている部分があれば、ハサミやカッターでカットしてください。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジンでピルケースを作ってみよう!

レジン制作で定番の一つがピルケースです。 ピルケースはミール皿などのアクセサリー …

レジン液をマニキュアで着色する方法!2種類紹介!

レジン液には、様々な方法で着色する事が出来ます。 勿論レジン専用の着色剤もありま …

レジンにオススメの透明フィルム

レジンに封入する透明フィルムは、レジン液の中に文字や絵が浮いているように見えて、 …

レジンとは?レジンってなに?にやさしく回答!

昨今のハンドメイドブームで、初心者でも簡単にできるクラフト系の目新しいものが注目 …

スチームパンクにピッタリ!レジン用歯車パーツのオススメ商品とアリス風ペンダントトップの作り方

どこかレトロな雰囲気で男性にも人気の歯車パーツは、レジンでも大活躍のオススメパー …

レジン作業中に出た気泡を消す脱泡方法は?

レジンの作業で、一番細かな作業は、レジン液を流し入れた時に出来てしまった気泡を消 …

これはおすすめ!レジンに対応出来る格安のUVライト!

UVレジンをするのに持っていると便利な「UVライト」。 UVレジン液は太陽光で硬 …

レジンで布をコーティング。クルミボタンをワンランクアップ!かわいいヘアゴムの作り方。

お気に入りの布でくるみボタンが作れるキットが100円ショップでも販売されているの …

レジン×ビーズに挑戦してみよう!

今回は、レジン×ビーズについて紹介いたします。 様々な形があり、キラキラとしたビ …

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …