ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

      2016/10/11

レジンをする際のモールドは自分で作ることも可能です。
色々な作り方がありますが、今回はシリコンモールドの作り方をご紹介したいと思います。

シリコン液での作り方

まずはシリコン液での作り方をご紹介します。

道具・材料

  • 作りたい型の原型
  • プラスチック版(プラバン・ファイル等)
  • プラスチックのコップ(ペットボトル・厚紙でも可)
  • シリコン液・硬化剤
  • 計量カップ
  • デジタルはかり
  • ゴムへら

作り方

作りたい型の原型を、プラスチック版に接着剤などで貼り付けます。
プラスチックは適当な大きさにカットしてください。
ハンコをイメージしていただけるとわかりやすいと思います。


型を壁で囲います。
隙間からシリコン液が漏れないように、セロテープなどでしっかりと止めましょう。
型のサイズにもよりますが、ペットボトルやプラスチックのコップを筒状にカットすると簡単です。
ゼリー・プリンカップでもよいのですが、カットするのが大変です。
無ければ、厚紙などでも出来ます。
高さは作りたい型より5㎜~1㎝高くなるようにしてください。

シリコン液を作ります。
シリコン液と硬化剤を、分量を量りながら丁寧に混ぜていきます。
分量が少しでも違うと硬化しないので、デジタルはかりで、丁寧にはかってください。

シリコン液を少しずつ流しいれます。
最初に流し入れる時、作りたい型と液の間に気泡が入らないように十分に注意してください。
気泡が入ってしますと、その気泡が型の一部になってしまいます。
後半は気泡が入っても問題は有りませんが、この作りたい型に触れる部分に気泡が入ってしまった場合には、爪楊枝などで丁寧に気泡を取り除きましょう。

しっかりと硬化させます。

硬化したら、②で作った壁を外します。
続いて型を外しましょう。
液がはみ出て固まっている部分があれば、ハサミやカッターでカットしてください。

最後にもう一度、型が入っていた面(凹んでいる面)をUVライト(又は太陽光)に当てて、しっかりと硬化させるとしっかりとしたモールが完成します。

シリコン粘土での作り方

次にシリコン粘土を使った作り方の紹介です。

道具・材料

  • 作りたい型
  • シリコン粘土

作り方

2種類のシリコン粘土を混ぜ合わせます。
分量は1:1ですが、目分量で大丈夫です。

まとめたシリコン粘土に、作りたい型を押し付けます。

約5分で硬化します。
型を外せば完成です。

いかがですか?

シリコン粘土の方が簡単に作れそうですね。

自分でオリジナルのモールドが作れれば、レジンの幅もいくらでも広がります!
ぜひ試してみてください。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ピカエースを使用したレジンでカラフル可愛いドロップアクセの作り方

みなさんはレジンの着色材に何を使っていますか?レジンの透明感をいかし、カラフルな …

レジンで人気の猫型に挑戦してみよう!

レジンと言えば、サークル型やスクエア型、トライアングル型などで作ることが多いので …

枠なしでレジン作品を作るには?

レジン作品を作るには、フレームにレジン液を流し込み、パーツを閉じ込めるものが多く …

レジンで簡単にべっ甲柄を作る方法をご紹介!

どの世代からも人気のある「べっ甲柄」。 大人女子の雰囲気を出してくれて、特に秋に …

100円ショップのシールを使って、簡単レジンストラップの作り方

今回は、プードルレジンストラップの作り方を紹介したいと思います。 100円ショッ …

レジンは有害?安全性を知りたい!

近年、種類や販売店も増え、手軽に身近に手に入れる事が出来るようになった「レジン」 …

レジンに絵を描く!?オリジナルイラストを封入する方法3パターン

レジン作品を作っていると、もっとオリジナルの作品を作りたい!と思うことありません …

レジンで作るかわいいイチゴマカロンとレモンゼリーのストラップ

今回はUVレジンを使用して、イチゴたっぷりのマカロンとレモンゼリーのストラップの …

レジン液をマニキュアで着色してみよう

レジン液には、透明のクリアカラーだけでは無く、既に着色されたカラーのレジン液も売 …

個人でも購入できる業務用のおすすめレジン液5選

レジン液は100円ショップでも購入出来ますが、5gとごく少量になります。 ポピュ …