ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

食品(食べ物)をレジン封入してみるとどうなるのか?

      2017/03/27

どんなものでも閉じ込める事が出来るレジン液。
「意外!」と驚く方もいる中で、多くの人が閉じ込めている作品の一つが「食品」です。
カラフルなキャンディーやフルーツ、かわいい形や、好きなキャラクターが描かれているクッキー…
お土産品や、限定品などは永久的に保存しておきたいとも思いますよね。

「食品をレジン液で固めたらどうなる?!」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

今回は「食品×レジン」について説明いたします。

食品を入れると?

結論から言ってしまうと「NG」です。
では、「食品×レジン」がなぜいけないのか?

レジン液に閉じ込めたからと言っても完全に密封になるわけでは無いのです。
その為、水分・油脂分の多いものはコーティングの具合や温度などによって、「カビ・細菌・腐敗」の原因にもなります。

クッキーなどのお菓子は、油脂分がとても多く、レジン液でコーティングしても、油脂分が染み出して外に出てきてしまう事があるのです。
また、油脂分が浮き上がり、チョコレートなどは白っぽくなってしまいます。

水分の多いイチゴやバナナなどのフルーツは時間が経つと、変色してしまい、一年後には何を閉じ込めたのかわからないくらいになる事も…。

レジン液をUVライトで硬化する場合、作成過程で高温になるので、キャラメルやチョコレートなどは溶けてしまいます。
硬化後も、例えばアクセサリーなどにして持ち歩く時に日差しによって中身が解ける事もあるようです。

個人が趣味で作るのは自由ですが、傷む事がわかっている作品なので、他人へ販売したりプレゼントしたりするには問題があるのではないでしょうか?
また、小さな子供やペットが口にしないように注意も必要です。

でも食べ物をレジンで閉じ込めたい!

どうしても食品をレジンに閉じ込めたい場合は、腐らせないように完全に完成させて、速乾性の高いレジン液で封入し、混合ウレタンでコーティングする方法が良いでしょう。

また、最近は、フェイクスイーツと言うハンドメイドも流行っています。
粘土でカラフルな色も出せ、リアルな作品が作れます。
このフェイクスイーツで食品を作り、レジン液で閉じ込める方法をオススメします。
これならサイズの調整も可能なので、アクセサリーや、文具など、用途によってお好みのサイズで作ることが出来て良いのではないでしょうか?

食品をコーティングするだけでしたら、食品型のシリコンモールドも多く販売されています。
アメ・クッキー・ドーナツ型などは良く見かけるのではないでしょうか?
レジン液で食品を作成してしまうのも一つの方法ですね。
限定の記念品などでしたら、写真にして封入しておく方が良いでしょう。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジンで「波紋」を簡単に作ってみよう!

レジンで立体感のある「波紋」は、見た目にも動きがあり、つくるのが難しそうに見える …

レジンは有害?安全性を知りたい!

近年、種類や販売店も増え、手軽に身近に手に入れる事が出来るようになった「レジン」 …

ガラス瓶を使ったレジン小物の作り方

お店で売っているようなカワイイ小物を、自分で作ってみませんか? ここでは、ガラス …

レジンで作るかわいいイチゴマカロンとレモンゼリーのストラップ

今回はUVレジンを使用して、イチゴたっぷりのマカロンとレモンゼリーのストラップの …

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …

レジンで使用するオススメのヤスリ

材料も手軽に手に入れる事が出来る為、人気のレジンですが、仕上げのひと手間でぐんと …

枠なしでレジン作品を作るには?

レジン作品を作るには、フレームにレジン液を流し込み、パーツを閉じ込めるものが多く …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …

【クラゲモチーフ】レジンとネイルシールで簡単♪海の中を漂うクラゲモチーフアクセサリー

水族館でも人気のクラゲ。男女問わず不思議な魅力にひかれている人も多いのでは?幻想 …

レジン作業中に出た気泡を消す脱泡方法は?

レジンの作業で、一番細かな作業は、レジン液を流し入れた時に出来てしまった気泡を消 …