ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

食品(食べ物)をレジン封入してみるとどうなるのか?

      2017/03/27

どんなものでも閉じ込める事が出来るレジン液。
「意外!」と驚く方もいる中で、多くの人が閉じ込めている作品の一つが「食品」です。
カラフルなキャンディーやフルーツ、かわいい形や、好きなキャラクターが描かれているクッキー…
お土産品や、限定品などは永久的に保存しておきたいとも思いますよね。

「食品をレジン液で固めたらどうなる?!」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

今回は「食品×レジン」について説明いたします。

食品を入れると?

結論から言ってしまうと「NG」です。
では、「食品×レジン」がなぜいけないのか?

レジン液に閉じ込めたからと言っても完全に密封になるわけでは無いのです。
その為、水分・油脂分の多いものはコーティングの具合や温度などによって、「カビ・細菌・腐敗」の原因にもなります。

クッキーなどのお菓子は、油脂分がとても多く、レジン液でコーティングしても、油脂分が染み出して外に出てきてしまう事があるのです。
また、油脂分が浮き上がり、チョコレートなどは白っぽくなってしまいます。

水分の多いイチゴやバナナなどのフルーツは時間が経つと、変色してしまい、一年後には何を閉じ込めたのかわからないくらいになる事も…。

レジン液をUVライトで硬化する場合、作成過程で高温になるので、キャラメルやチョコレートなどは溶けてしまいます。
硬化後も、例えばアクセサリーなどにして持ち歩く時に日差しによって中身が解ける事もあるようです。

個人が趣味で作るのは自由ですが、傷む事がわかっている作品なので、他人へ販売したりプレゼントしたりするには問題があるのではないでしょうか?
また、小さな子供やペットが口にしないように注意も必要です。

でも食べ物をレジンで閉じ込めたい!

どうしても食品をレジンに閉じ込めたい場合は、腐らせないように完全に完成させて、速乾性の高いレジン液で封入し、混合ウレタンでコーティングする方法が良いでしょう。

また、最近は、フェイクスイーツと言うハンドメイドも流行っています。
粘土でカラフルな色も出せ、リアルな作品が作れます。
このフェイクスイーツで食品を作り、レジン液で閉じ込める方法をオススメします。
これならサイズの調整も可能なので、アクセサリーや、文具など、用途によってお好みのサイズで作ることが出来て良いのではないでしょうか?

食品をコーティングするだけでしたら、食品型のシリコンモールドも多く販売されています。
アメ・クッキー・ドーナツ型などは良く見かけるのではないでしょうか?
レジン液で食品を作成してしまうのも一つの方法ですね。
限定の記念品などでしたら、写真にして封入しておく方が良いでしょう。

 - レジン

  関連記事

作り方は簡単!100円ショップの材料で作れる「フラワーレジンストラップ」【初心者用】

今回は、「フラワーレジンストラップ」作り方を紹介したいと思います。 100円ショ …

初心者でも簡単!ミール皿を使ったレジンアクセサリーの作り方

様々なパーツを閉じ込めるだけで簡単にオシャレなアクセサリーが作れる「レジン液」。 …

太陽光でもできる!レジンでツヤツヤかわいいアクセサリーを作ろう

レジンクラフトに挑戦したいけど、道具をいくつも準備するのはコストも気になりますよ …

簡単!レジンであれこれコーティングのやり方

レジンは、様々なものをレジン液に閉じ込めるだけではなく、素材そのものをコーティン …

レジンは有害?安全性を知りたい!

近年、種類や販売店も増え、手軽に身近に手に入れる事が出来るようになった「レジン」 …

レジンアクセサリーで利用するおすすめ材料の紹介

今、ハンドメイド好きの方にレジンクラフトが大人気です。レジンクラフトとは、透明な …

レジンで綺麗な宇宙色を再現してみよう

最近、女性たちの間でじわじわと人気が出ているのがレジンといわれるアクセサリーです …

レジンで人気の猫型に挑戦してみよう!

レジンと言えば、サークル型やスクエア型、トライアングル型などで作ることが多いので …

レジン作品をキレイに仕上げるポイントとアクセサリー加工に失敗しないコツ

完成したレジン作品をアクセサリーに加工する時にバリの処理や、作品の表面やサイドの …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …