ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンで簡単にべっ甲柄を作る方法をご紹介!

      2016/10/10

どの世代からも人気のある「べっ甲柄」。
大人女子の雰囲気を出してくれて、特に秋には需要が高まりますね。

いくつかの色が交わり合った「べっ甲柄」なので、自分で作るには一見難しそうに見えますが、意外と簡単にできちゃいます!
今回は、「べっ甲柄」の作り方をいくつか紹介しますので、是非試してみてください。

パステル着色

まずは、クリアレジン液にパステルで着色する方法です。

材料

  • クリアレジン液
  • パステル(顔料や絵の具でも可)
  • 爪楊枝
  • クリアファイル(パレットの代わりになるので、適当なサイズにカットしておいた方が使いやすいです。)

作り方

1.3色の色を作ります。
クリアファイルにレジン液を3カ所に垂らしましょう。
パステルを削って入れ、爪楊枝でレジン液と混ぜます。

2.色を付けたレジン液を爪楊枝で少しずつ救いながら型に入れていきます。
まずはベースになる色から入れていきます。

3.次に模様になる2色の色を同じく爪楊枝ですくいながら、斑点模様のようにまばらに置きます。
それぞれの色の量はお好みですが、色の濃いものは目立つので、他の色より少なめで型にいれるのが良いと思います。

4.型に乗せた茶・黒をぼかします。
爪楊枝で混ぜると言うより、救い上げるようなイメージで他の色となじませてください。
混ぜ過ぎてしまうと、柄が上手く出ませんのでほどほどに…

5.一度硬化します。

6.これを、3回程繰り返します。
色を付けたレジン液は硬化しにくいようなので、一度に全てを流し入れ硬化するというやり方は不向きです。
数回に分けて行うようにしましょう。

7.型から外し、バリ(はみ出して硬化した余分な所)をカットします。
ハサミ、カッター、ヤスリなどで丁寧に行います。

8.最後にひっくり返した表面に透明のレジン液でコーティングします。

9.硬化したら完成です。

カラーフィルム

1ステップ簡単にする裏ワザとして、ベースになる色はレジン液を使わず、カラーフィルムを使う事も出来ます。

1.ベースの色のフィルムを型に合わせてカットします。

2.型に透明のレジン液を流しカットした黄色のフィルムを入れ硬化します。
フィルムとレジン液の間に空気が入らないように丁寧に行いましょう。

3.透明のレジン液を入れ、模様になる2色のレジン液を上記同様に入れ、爪楊枝でぼかし、硬化します。

4.もう一度3を繰り返しましょう。

5.型から外し、以降は上記同様に行えば完成です。

べっ甲柄も、白系や赤系、青系や緑系など、様々なカラーでつくれるので、是非オリジナルのカラーでチャレンジして見てください!

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジンで使用するオススメのヤスリ

材料も手軽に手に入れる事が出来る為、人気のレジンですが、仕上げのひと手間でぐんと …

レジン液をマニキュアで着色してみよう

レジン液には、透明のクリアカラーだけでは無く、既に着色されたカラーのレジン液も売 …

レジン液で釣り具の「ルアー」を作ってみよう!

様々なものを製作できるレジン液ですが、今回は、魚釣り具の「ルアー」の作り方を紹介 …

レジンに絵を描く!?オリジナルイラストを封入する方法3パターン

レジン作品を作っていると、もっとオリジナルの作品を作りたい!と思うことありません …

レジンは有害?安全性を知りたい!

近年、種類や販売店も増え、手軽に身近に手に入れる事が出来るようになった「レジン」 …

造花を使ったレジンアクセサリー作り方

レジンはパーツをレジン液に閉じ込めるだけでは無く、レジン液でコーティングするとい …

レジンとは?レジンってなに?にやさしく回答!

昨今のハンドメイドブームで、初心者でも簡単にできるクラフト系の目新しいものが注目 …

初心者でも簡単!ミール皿を使ったレジンアクセサリーの作り方

様々なパーツを閉じ込めるだけで簡単にオシャレなアクセサリーが作れる「レジン液」。 …

作り方は簡単!100円ショップの材料で作れる「フラワーレジンストラップ」【初心者用】

今回は、「フラワーレジンストラップ」作り方を紹介したいと思います。 100円ショ …

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 でも、 …