ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

[作り方]UVレジンで作る自分だけのオリジナルアクセサリー[クラフト]

      2016/01/22

rejin_kiji2
UVレジンとは、紫外線で固める事が出来る液体で市販のUVランプや太陽光で固める事が出来ます。
レジン液ですが、最近ではダイソーやセリアなどの百円ショップでも可愛いコラージュ素材、シリコン型やミール皿と共に売られていますので、お好みのものを購入されると初心者でも簡単に楽しむ事が出来るのではないかと思います。

レジン液で作る可愛いコラージュアクセサリーの第一歩としては、シリコン型やミール皿を使ってコラージュアクセサリーを作る事です。

シリコン型での作り方

シリコン型で失敗しない作り方をご紹介いたします。

1.最初に少量型にレジンを流し入れ、平に薄く伸ばします。
気泡が入らないように注意しましょう。もし入ってしまった場合は爪楊枝で潰します。

2.UVランプで固めます。

3.固まったら好きなコラージュシートを切り、配置します。

4.そしてまたうすくレジンを伸ばし固めます。

5.その上にまた好きなパーツ、ビーズやチャームなどを並べます。

このような形で断層を作る事で硬化不足をおこす事なく、奥行きのあるチャームが出来上がります。

ミール皿での作り方

1.ミール皿の場合は、模様の入ったコラージュシートをお皿の形に合わせてカット、両面テープでしっかりと固定します。

2.そこにレジン液をたらし、好みのパーツ、ビーズやチャームを並べます。

3.一度硬化し、固まったらぷっくりとさせる為に表面張力を利用しこぼれおちないようぎりぎりの所までレジンを注ぎます。

4.可愛くぷっくりできたら、UVランプで硬化、完成です。

コツ

うまく綺麗に作るコツとしては、気泡が入ってしまったら二本の爪楊枝で絡めとるように潰すか、ドライヤーの弱の温風で潰します。温風を使う場合はドライヤーでも良いのですがエンボスヒーターがより細かい作業に向いていますのでおすすめとなります。
レジンは固める硬化を利用して流行のビージューピアスやイヤリングも簡単に作る事が出来ます。
クリアファイルに台座つきのスワロフスキー、コットンパールなどを寄せ合わせて組み合わせます。
可愛くバランスが取れたらランプで一度固めます。
その後裏にレジンを薄く塗り菊座を中央に配置、固めます。しっかりと菊座と本体が付いたら、皿がついているピアスやイヤリングをレジンで接着、UVランプでしっかりと固定したら出来上がりです。

とっても楽しい

簡単にお店で売っているようなものが出来ますので試してみて下さい。
レジンには色んな種類があります。慣れてきたら使い分けるとより出来上がりに差が出てくると思います。
ハードタイプはチャームなどの固定に、ソフトタイプはリボンなどを固めた後に緩やかなカーブを付けたり立体的な作品作りにも役立ちます。
グミータイプは、その名の通り、デコスイーツなどのグミやゼリーなどの素材にぴったりだと思います。様々な使い方が出来る便利なレジン、慣れれば作品の幅がぐっと広がりますでたくさん作ってみると良いと思います。

 - レジン

  関連記事

スチームパンクにピッタリ!レジン用歯車パーツのオススメ商品とアリス風ペンダントトップの作り方

どこかレトロな雰囲気で男性にも人気の歯車パーツは、レジンでも大活躍のオススメパー …

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 でも、 …

枠なしでレジン作品を作るには?

レジン作品を作るには、フレームにレジン液を流し込み、パーツを閉じ込めるものが多く …

ミール皿で作るレジン作品の背景をキレイに作るコツは?

レジン作品でよく使用するミール皿。 形も丸や四角だけではなく、月や猫など、本当に …

レジンで綺麗な宇宙色を再現してみよう

最近、女性たちの間でじわじわと人気が出ているのがレジンといわれるアクセサリーです …

レジン液でのにじみを防止する方法

レジンは液体ですので、紙や布などは直接レジン液を注いでしまうと、どうしてもにじん …

レジンで作る簡単かわいいピアス【作り方】

手軽に透明感のあるアクセサリーが作れることで人気のレジンですが、その軽さも魅力の …

楽天市場で発見!かわいいレジン用デザインシートのご紹介&使い方

最近はレジン用品も通信販売で気軽に購入できるようになりましたよね。私もよく利用す …

レジンでイヤホンジャックを作ってみよう

キラキラ輝くレジンアクセサリーで、オリジナルのイヤホンジャックを作ってみませんか …

レジン作品をきれいに研磨する方法と道具

レジンは、艶々の透き通る輝きが何よりもの魅力ですよね。 その輝きを出すためにも、 …