ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジン作業中に出た気泡を消す脱泡方法は?

      2017/01/06

レジンの作業で、一番細かな作業は、レジン液を流し入れた時に出来てしまった気泡を消す作業ではないでしょうか?
出てしまった気泡を消して「もう無いな。」と思っても、硬化したら、表面に細かな凹が出来てしまう…これが、残っていた気泡です。
また、レジン液と閉じ込めたデザインシート等との間に残っていた空気が、硬化していく過程で徐々に出てきてしまう事も少なくありません。

では、どうすれば、気泡を無くし奇麗な作品を作る事が出来るのでしょうか?
まずは、気泡を作らないようにする事から考えてみましょう。

気泡を作らないために

粘度の低いブランドのレジン液を使う

レジン液もメーカーによって、特徴は様々です。
粘度が高いレジン液だと、気泡が抜け辛いです。
また、低温(20度以下)だと、粘度が増すので、作業をする室温にも注意してください。

容器を押して出さず、傾けて重力に任せる

容器を押して出すと、容器内の空気がレジン液と一緒に出てしまうので、気泡が入りやすくなります。
そこで、容器を傾けて、レジン液が自然に流れ出るように垂らして使うと気泡は入りにくくなるのです。

色付けや、ラメ等をレジン液に混ぜる時は、シリコン型やミール皿の中で混ぜないようにしましょう。

小さくカットしたクリアファイルなどの上で、レジン液と着色料やラメ等を混ぜてから、型に流し入れてください。
ここで混ぜる時に、爪楊枝等を使いますが、爪楊枝の先で混ぜるのではなく、爪楊枝を寝かせるようにして、同一方向に混ぜるようにするのも、気泡対策の一つです。

パーツにもレジン液を塗っておく

パーツをレジン液に封入した時に、気泡が入ったり、細かい凹凸に気泡が絡みついてなかなか取れなかったりする事が有ります。
その防止として、先にパーツにもレジン液を塗っておくと、硬化済みのレジンや、流し入れたレジン液と密着しやすく気泡が入りにくくなるのです。

それでも、気泡が入ってしまう事もあります。
その時は気泡を潰すか、取り除くかをして、気泡を消す作業をしなくてはいけません。

脱泡方法

それでは、気泡を消す方法を紹介します。

先の細いもので気泡を消す


一番ポピュラーなやり方ではないでしょうか?
爪楊枝や針、目打ちやクリップを伸ばしたもの等で、気泡を潰したり、すくい取り除いたりします。
大き目の気泡なら、先端で刺せば気泡が割れて消えますが、細かい気泡は、逃げてしまいなかなか消すことが出来ません。
その場合は、小さな気泡を一カ所に寄せ集め、爪楊枝などですくい取るようにするとよいでしょう。
また、綿棒に付けるように取ることもおすすめです。
ただし、繊維が入らないように注意する事も必要です。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジン作品をキレイに仕上げるポイントとアクセサリー加工に失敗しないコツ

完成したレジン作品をアクセサリーに加工する時にバリの処理や、作品の表面やサイドの …

レジンでピルケースを作ってみよう!

レジン制作で定番の一つがピルケースです。 ピルケースはミール皿などのアクセサリー …

全て100円?! ダイソーで購入できるクラフトレジン用アイテムをご紹介します!

最近、レジンアクセサリーの手作りが一大ブームになっていますね。 100円ショップ …

[作り方]UVレジンで作る自分だけのオリジナルアクセサリー[クラフト]

UVレジンとは、紫外線で固める事が出来る液体で市販のUVランプや太陽光で固める事 …

レジンアクセサリーで利用するおすすめ材料の紹介

今、ハンドメイド好きの方にレジンクラフトが大人気です。レジンクラフトとは、透明な …

レジンで簡単な玉(球体)の作り方

一見難しそうに見えるレジンで作る球体ですが、材料さえきちんと揃っていれば、初心者 …

レジン×ビーズに挑戦してみよう!

今回は、レジン×ビーズについて紹介いたします。 様々な形があり、キラキラとしたビ …

100円ショップのシールを使って、簡単レジンストラップの作り方

今回は、プードルレジンストラップの作り方を紹介したいと思います。 100円ショッ …

レジン液の代用になるものはあるのか?

近年人気のレジンアクセサリー。 透き通るガラスのような透明感に、金属パーツやパー …

レジンを固める機械のオススメと注意点。電子レンジでも固まる?

UVレジンを硬化するには、大きく分けて2つあります。 まず一つ目は、「日光に当て …