ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジンを固める機械のオススメと注意点。電子レンジでも固まる?

      2017/01/12

UVレジンを硬化するには、大きく分けて2つあります。

まず一つ目は、「日光に当てて硬化する」方法です。
紫外線に当てて硬化しますが、この方法は、硬化するまで時間がかかるのが難点です。
早くて(紫外線の強い日で)10分~30分程度当てる必要があります。
その為、何層かに分けて作る場合、数日かかることもあります。
また、当然ですが天候の悪い日には硬化する事ができません。
そして、硬化中放置しておかないといけない為、埃が入ってしまうので、プリンカップなどで蓋をしておくなどの対応も必要になって来るでしょう。
しかし、機械を買う必要はありません。

二つ目は、「UVライトに当てて硬化する」方法です。
UVライトがあれば、短時間で硬化する事が出来ます。
しかし、機械を購入する必要があり、その機械を収納するスペースが必要です。
そして、UVランプには寿命もありますので、定期的なUVランプの交換(購入)が必要になってきます。

どちらの方法が自分に合っているのか検討してみてください。

おすすめの機械

それでは、オススメの機械・UVライトを紹介いたします。
UVライトは、手芸品店やネイル屋さんで購入できます。

ワット数

まず、「ワット数」です。
一般的には9ワットと36ワットの2点が多く出ています。
ワット数が多い方が短時間で硬化します。
よって、36ワットの方がオススメです。


硬化が遅くても、コンパクトな方が良いと言う場合は9ワットでも問題は有りません。

ここで忘れてはいけないのは、「LEDランプ」では硬化しない点です!
ジェルネイル用はLEDランプのものも販売されていますが、レジンクラフトは「UVレジン」ですので、「LED」では硬化できません。
間違えないように注意してください。

電子レンジでも固まる?

そして、注意しなくてはいけない点がもう一つあります。
「機械」「ライト」と言うイメージからなのか、「電子レンジ」で出来るのか?と考える方がいます。
答えは勿論「NO」です!
電子レンジでは、硬化できません。
知らずに、間違って行ってしまうと、熱が強すぎて、小爆発する恐れもあります。
硬化済みのレジンなら有害は有りませんが、硬化前のレジン液には有害ガスが発生します。
揮発した有機溶剤が電子レンジの中に残り、食品に移る恐れもあります。

また、ミール皿やフレームが熱を持ちすぎて火傷をしたり、燃えたりする可能性もあります。
そういった点からも、UVレジンを硬化する際は「電子レンジ」の使用は絶対に避けてください。

UVレジンクラフトを行う際は、「UVレジン液」「UVライト」それぞれの注意事項を必ず確認して、作業をするようにしましょう。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

レジンで簡単にべっ甲柄を作る方法をご紹介!

どの世代からも人気のある「べっ甲柄」。 大人女子の雰囲気を出してくれて、特に秋に …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …

レジンで簡単な玉(球体)の作り方

一見難しそうに見えるレジンで作る球体ですが、材料さえきちんと揃っていれば、初心者 …

レジンアクセサリーで利用するおすすめ材料の紹介

今、ハンドメイド好きの方にレジンクラフトが大人気です。レジンクラフトとは、透明な …

意外と簡単?! UVレジンで宇宙塗りに挑戦しよう!

大人気の手作りレジンアクセサリー。 今回は青とグラデーションが幻想的な魅力を放つ …

楽天市場で発見!かわいいレジン用デザインシートのご紹介&使い方

最近はレジン用品も通信販売で気軽に購入できるようになりましたよね。私もよく利用す …

レジン作業中に出た気泡を消す脱泡方法は?

レジンの作業で、一番細かな作業は、レジン液を流し入れた時に出来てしまった気泡を消 …

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …

初心者でも簡単!ミール皿を使ったレジンアクセサリーの作り方

様々なパーツを閉じ込めるだけで簡単にオシャレなアクセサリーが作れる「レジン液」。 …

[作り方]UVレジンで作る自分だけのオリジナルアクセサリー[クラフト]

UVレジンとは、紫外線で固める事が出来る液体で市販のUVランプや太陽光で固める事 …