ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

男性用ミサンガの最適な長さは?手首サイズに合わせて用意すべき糸の長さ

      2016/06/27

3235-2
せっかくミサンガを一つ一つ巻き結びして作ったのに、もしも長さが足りなかったらとても残念です。時間をかけて作るだけに、できるだけぴったりに作りたいものです。
img3

対策として、気にならない程度に少し短めに作って模様の両側を「三つ編み」にしたり「ビーズ」を入れたりするのも一つの方法です。
もちろん何本か作ればわかってきますが、これから作ろうとする人のために考えてみましょう。
ミサンガを作ろうと思った時に、気になるのがどのくらいの長さにしたらよいか、そのためにはどのくらいの長さの紐を用意すれば良いかです。編み方、紐の種類によっても長さは違ってきますが、よくあるミサンガの作り方で考えてみます。

平均的な手首の太さ

まずは女性と男性の手首の周りの長さを調べてみます。ネットで調べると経済産業省が平成16~18年に調べた日本人の平均的な体の身長・体重などの数値が載っていました。今もそれほど変わりはないでしょう。http://www.meti.go.jp/press/20071001007/20071001007.html

平均的な女性の手首太さは、15cm前後
平均的な男性の手首太さは、17cm前後
(もちろん個人差はありますので一概には言えませんが、ブレスレットなどのプレゼントやミサンガ作成の時には、目安にできます)

※ちなみに平均的な足首の太さは女性が20cm、男性が22cmくらいです。
さらに余談ですが、理想の足首の太さは、「身長×0.12」だそうです。
あくまでも理想なので細目に出るみたいですが。

 - ミサンガ・ヘンプ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ミサンガとはどんな意味?プロミスリングとは違うの?

ミサンガとは もともとはボルトガル語です。missanga 刺繍糸を手首や足首に …

ヘンプの編み方!平結び編【初心者にも簡単、写真付き】

平結びは大変ポピュラーな編み方の一つで、ブレスレッドやストラップなどでよく見かけ …

失敗しないミサンガやヘンプの玉留めのやり方【写真解説】

玉留めは糸端の処理から装飾まで使える便利な編み方ですが、途中で紐がどうなっている …

ミサンガ作りにあったら便利な道具リスト

かわいいミサンガを見つけた! 意外と簡単に作れるらしい! 作ってみたい! と思っ …

ヘンプの編み方石包み(石囲み)編!お気に入りの石やシーグラスをペンダントトップにしよう!

ビーズのように穴が開いていなくても「石包み」という編み方を使えば、天然石やシーグ …

マクラメ・ヘンプの無料レシピサイトをご紹介します。

マクラメは紐と少しの道具があれば、アクセサリーから雑貨まで何でも作れるのが魅力。 …

ミサンガはお風呂に入るとき外す?つけたまま?

大切なお願い事をして身につけたミサンガですが、お風呂に入るときはどうしているので …

ヘンプの編み方動画で初心者におすすめは?流行りのマクラメにレッツトライ!

世界中で人気のマクラメ。Youtubeではたくさんのマクラメに関する動画が紹介さ …

ヘンプ・ミサンガの巻き結びの編み方【写真付き説明】

巻結びは、マクラメでよく使われる編み方です。 文字入りのミサンガはこの巻結びを組 …

【簡単作り方】ヘンプで自分だけのオリジナルリングを作ってみよう【図解編み方】

今回はヘンプでリングを作ってみたいと思います。ヘンプだけのシンプルなものやお気に …