ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

失敗しないミサンガやヘンプの玉留めのやり方【写真解説】

      2016/11/09

玉留めは糸端の処理から装飾まで使える便利な編み方ですが、途中で紐がどうなっているのかわからなくなり混乱しやすい編み方でもあります。ですがマスターすれば5本でも6本でもやり方は同じなので、作品の幅がグンと広がること間違いなしです。今回は説明しやすいように4本の紐を使って編んでみたいと思います。

必要なもの(今回使用したもの)

紐4本

今回は写真のように紐を開いた状態で配置したかったので穴あき段ボールを使用しております。
また説明しやすいように色の違う太い紐を使用しております。

編み方

写真のように紐を配置します。

まずの白紐を動かします。写真のように曲げながら青紐の上に置きます。
この時できる空間を広めにとってください。後々ここにも紐を通すことになります。

次は青紐を写真のように曲げながら左に渡し、黄色紐の上に置きます。①の時と同様に内側にできる空間は広めにとってください。この動作を黄色紐・赤紐も同様に行います。

形が風車のようになったと思います。そうしたら写真の丸の部分のように、赤紐を白紐の下を通してください。
ここで一度手を止めて、紐が写真と同じように通っているか確認してください。確認ができたら次に進みます。

次は赤紐を写真の★の部分から上に出して青紐の上に置きます。

↓こうなります。

次に白紐を☆の部分から出して黄色紐の上に乗せます。

↓こうなります。

次は青紐を☆の部分からだし赤紐の上に乗せます。

↓こうなります。

最後に黄色紐を☆の部分からだし白紐の上に乗せます。

↓こうなります。

少しごちゃごちゃしていてわかりにくいと思いますが、写真通りに紐が通っているかを確認してください。
外側に向かっている紐を引き絞めます。この時一気に引き締めるのではなく少しずつ形を崩さないよう、交差しているところを抑えながら均等に絞めると調整がしやすいです。

ある程度引き絞めたら

弛みがないように確認、調整をしながらさらに引き締めて完成です。

いかがでしたか?
一見難しいようですが紐がどう通っているのか理解できれば、後は引き絞めるだけなのでゆっくり丁寧にやれば初心者でもできると思いますので、ぜひチャレンジしてみてください!

 - ミサンガ・ヘンプ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ヘンプ・ミサンガの巻き結びの編み方【写真付き説明】

巻結びは、マクラメでよく使われる編み方です。 文字入りのミサンガはこの巻結びを組 …

【簡単作り方】ヘンプで自分だけのオリジナルリングを作ってみよう【図解編み方】

今回はヘンプでリングを作ってみたいと思います。ヘンプだけのシンプルなものやお気に …

編み方紹介!4色(4本)で編むミサンガの作り方

4本の糸を使ってミサンガを作りましょう。 三つ編みはできる方が多いと思いますので …

ミサンガの有名なブランド5選!全部知ってる人はミサンガ通!

日本では、Jリーグ開幕と共に一気に流行りだした願いを叶える為のマストアイテムの一 …

ミサンガ作りにあったら便利な道具リスト

かわいいミサンガを見つけた! 意外と簡単に作れるらしい! 作ってみたい! と思っ …

男性用ミサンガの最適な長さは?手首サイズに合わせて用意すべき糸の長さ

せっかくミサンガを一つ一つ巻き結びして作ったのに、もしも長さが足りなかったらとて …

ミサンガの編み始めどうしてる?本数が多い時の結び方

ミサンガの模様には様々あります。作り方の本もたくさんありますが、慣れてくるとオリ …

ミサンガ作りに最適な刺繍糸

ミサンガを作るときには、一般的に刺繍糸を使います。 ほかにもリリアンやヘンプ(麻 …

ヘンプの編み方石包み(石囲み)編!お気に入りの石やシーグラスをペンダントトップにしよう!

ビーズのように穴が開いていなくても「石包み」という編み方を使えば、天然石やシーグ …

ミサンガで文字の編み方!初心者向け写真付き

思いを込めたミサンガに文字を編み込むとさらに思いが深まると感じます。 文字にはき …