ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

アクセサリーに最適!愛らしいミニチュアフードロールケーキの作り方

      2017/05/14

周囲にも焼き色を追加したい場合は、この後すぐに作業をします。
水で濃い目に溶いたアクリル絵の具の黄土色を使い、メイクスポンジに吸わせてティッシュオフしてから、ポンポンと表面に着色してください。
いきなり濃い色を付けてしまわないように、少しづつ丁寧に作業しましょう。

3.カットして仕上げましょう
さて、ロールはきれいにできたでしょうか。
ロールケーキ作りで一番わくわくする瞬間、ケーキのカットです。

一般的に、樹脂粘土作品をカットするのは表面が乾燥してからになります。
粘り気が強い樹脂粘土は、よほどよく切れる刃物を使わない限り出来立ての柔らかい状態ではきれいにカットすることができません。

ただ、完全乾燥または半乾燥でカットすることでのデメリットもあります。
カットした面にも質感感を追加したい場合です。

今回のロールケーキもその一つ。
もちろん、完全に乾いてからカットしてツルリとした表面に仕上げても悪くはありません。
スイーツデコ作品の場合は、そのようなプラスチックっぽい仕上がりが逆に可愛さを強調する効果もあります。
今回はあくまでもフェイクフードとしてのリアルさにこだわりたいので、作りたての粘土作品を柔らかいままでスパッとカットする小技をご紹介しましょう。

粘土を乾かないうちにカットするには、冷凍庫を使います。
え?とびっくりされるかもしれませんが、実は以前から広く知られている手法です。

巻きあがったロールケーキを、ぴっちりとラップで包みます。
そのまま冷凍庫に入れ、15分程度凍らせておきます。

15分経ったら取り出して、すぐにカットしてみてください。
サクっとした手応えで、キレイにカットできるはずです。

これは、樹脂粘土に含まれる水分が凍っているから。
水分が氷になっている状態だと樹脂を結合する粘度が下がり、貼りつくことなくきれいにカットできるのです。

ただし、樹脂粘土の水分が解凍して水に戻ってしまうと、また粘りが強い状態に逆戻り。
解凍はほんの数分で進んでしまうので、凍らせた樹脂粘土のカットは短時間勝負になります。
カットしようとしたときに、刃に引っ張られて表面が沈むように感じたら、もう一度ラップして冷凍し直してください。
無理にカットしようとすると、せっかくのうずまきが崩れて、汚らしい断面になってしまいます。

樹脂粘土を冷凍する方法は、他にもいろいろ応用が利きます。
切り口を柔らかい状態で加工したいものを作るときに、覚えておくと便利ですね。

綺麗にカット出来たら、切り口のスポンジ部分に歯ブラシを使って軽くボソボソした質感を追加しましょう。
まだ柔らかいので、力を入れすぎないように気を付けて。
もし、切り口にフルーツなどを埋め込みたい場合も、ここで作業をしてしまいます。
100均ショップでも販売されているフルーツのスライス棒(薄くスライスして使うフルーツパーツ)などを使い、少量の木工用ボンドで少し埋め込む感じに張り付けておきましょう。

切り口の処理が終わったら、今度は風通しの良いところで完全に乾燥させます。
サンプル程度のサイズなら、3日ほどで乾燥します。
粘土の種類や質にもよりますので、触ってみてカリカリに乾くまで置いておいてくださいね。

おつかれさまでした。
フェイクロールケーキの完成です。

まとめ

今回のサンプルの幅で、端の部分の切り落としを除き、4つのロールケーキが作れました。
生地の幅を広げれば、もっとたくさんのロールケーキを量産することもできそうですが、あまり横長すぎる生地は、巻きにくく、失敗しやすいためお勧めしません。
たくさん作るときも面倒がらずに、巻きやすい幅で作るようにしてくださいね。

実際にやってみるとよくわかるのですが、ロールケーキをキレイに巻くのは意外とコツがいる作業です。
特に”あるある”なのが、「中央にクリームが寄ってしまう」という失敗。
何度かトライすれば慣れてきれいに巻けるようになるのですが、出来ればあんまり失敗作は量産したくありませんよね。

今回ご紹介したように、クリームのサイズと巻き始めの位置に注意すれば、初心者さんでも比較的失敗なしで巻くことができるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

出来上がったロールケーキは固い樹脂粘土製なので、金具を付けてピアスやヘアピンなどのアクセサリーやマグネットやプッシュピン(画鋲)などの雑貨に加工することができます。
たくさん作って、色々な作品に仕上げてくださいね。

 - フェイクフード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

サクッと揚がった衣が決めて!フェイクフード天ぷらの作り方【ネタ4種】

本格的なフェイクフードの一つ、天ぷらに挑戦しましょう。 蕎麦屋の店頭の食品サンプ …

【フェイクフード初心者~中級者】フェイクラーメンの作り方2種【本物そっくり】

日本人に人気の食べ物といえばいくつかありますが、代表的な物の一つにラーメンがあり …

【フェイクフード初心者向け】超簡単!フェイク目玉焼きの作り方(樹脂粘土だけのレシピ)

フェイクフードを作り始めると、いろいろな材料や道具に目が行きます。 すてきな作品 …

鮮やかでジューシー!簡単フェイクフード房ミカンとちょっと凝った丸ごとミカンの作り方

秋が深まってくると店頭に並ぶのが、鮮やかなオレンジ色でコロコロと愛らしいミカン。 …

スライスしちゃいました!フレッシュでジューシーなフェイクフードトマトの作り方【2パターン】

八百屋さんの店頭でパッと目に飛び込んでくる赤。 トマトは植物とは思えないほどつや …

【透明粘土不使用】プリプリ果肉を再現するフェイクフードいちじくの作り方

無花果(いちじく)は、ゴワゴワとした外皮の中にジューシーな赤い果肉が詰まった果物 …

【フェイクフード初心者向け】ソースが決め手!カリカリに焼けたフェイクタコ焼きの作り方

縁日、というと真っ先に思い浮かぶ食べ物って何でしょうか。 綿あめ、りんご飴、チョ …

【初心者向け】簡単でカワイイ!フェイクフードマカロンの作り方

口に入れるとサクッとほどけ、中身はふんわりと軽やか。 カラフルな色と可愛らしい形 …

【フェイクフード初心者向け】シンプルなミニミニハンバーガーの作り方

粘土で目玉焼きやベーコンを作るのはとても楽しいのですが、単品の食品だと、作っても …

【フェイクフード初心者向け】紙粘土の基本を覚える【食パンの作り方2パターン】

フェイクフードを作成する材料はいろいろあります。 これまで樹脂粘土を使った作品を …