ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

ミシンがホッチキス?簡単に使えるハンディミシンを紹介!

      2017/04/20


ミシンと言えば、場所も必要だしセッティングをするのも面倒だと考えている人もいますよね。もう少し手軽にミシンを使うことが出来たらいいのにと考えませんか?そんな人はどのようなミシンなら使ってみようと考えるでしょうか?コンパクトで使い方も簡単なものがいいけれど、なかなか難しいですよね。今回は、「ハンディミシン」と呼ばれるような小さいミシンを紹介します。中でも、ホッチキスの様な形をしているミシンについてみてみたいと思います。参考にしてくださいね。

①スマートハンディミシン 電動&片手で使える簡単裁縫!MEH-9


電源がアダプタでも電池でも大丈夫というミシンです。外出先でも使用できたらと思う人にとって、電池タイプは嬉しいですよね。手軽に使用できることが嬉しいのですが、通常のミシンのタイプとは違って上糸一本のみで縫う構造となっています。そのため、縫い終わりを自分で結ぶことが必要となるのが注意するところです。この作業をしないと解けてしまいます。しかし、結び方も図で説明されているので初心者でも大丈夫だと思います。少しだけ解れたところを直したいと思うなら十分な製品ではないでしょうか?

②電動ハンドミシン アミーガー


こちらもホッチキスの様な見た目をしているミシンです。同じく上糸しかありませんので処理が必要になります。ジーンズ2枚重ねにした厚みのあるものまで縫えるようです。ただし、口コミや評判を見てみると少し慣れるまでに回数が必要になるようです。生地を挟むのに針が邪魔になってしまうことや、糸を通すところが難しいと感じたりすることもあるようです。しかし、価格が安いところが魅力的なので、普段は裁縫をしないという人が念のために持っていたいとして購入するには良いかもしれませんよ。

まとめ

上記では2つのハンドミシンを紹介しましたが、どちらも使いやすいという評価もあれば、使い勝手が悪いかも知れないという口コミもあります。その理由は何なのでしょうか?それは、普段裁縫をしている人が使うのかどうかに影響されているようです。通常のミシンで慣れている人にとっては、ハンディミシンの様な上糸だけで縫うことや単純な縫い目しかできないということに物足りないことを感じるようです。しかし、ズボンのすそ上げやカーテンの解れなどを直せれば大丈夫という人にとっては満足できる商品になっているようです。購入する時には、自分が使いたいと思っている用途に合わせてミシンを購入することを忘れないでください。

 - 裁縫

  関連記事

手縫いが上手になりたい!どんな練習をしたら上達するの?

ミシンより手軽にできる手縫い。でもその技量がはっきり出てしまうのが悩みですね。 …

指を保護する裁縫の必須グッズ!『指ぬき(シンブル)』の上手な選び方

指ぬきは、針先・針穴側(針のお尻)が指にあたって怪我をしたり、痛みが出ないように …

裁縫のピケって何?

裁縫で使用することがあるピケですが、どのようなものか説明したいと思います。まず、 …

手縫いの一本取り・二本取りとは?

手縫いを行う際、作り方や説明の中で「一本取り」「二本取り」という表現を見たことが …

裁縫で活躍!ボタンの種類と用途について説明します!

一言でボタンと言っても大きさ、形、模様などたくさんありますよね。なぜ、そんなに種 …

裁縫初心者でも簡単!ジッパー(ファスナー)の付け方6ステップ

ジッパーとは? ジッパーは、「チャック」「ファスナー」とも呼ばれており、様々な洋 …

初心者も楽しく習う!裁縫教室の選び方のコツ!

本を読んで、独学でやっていこうとしたけれどうまくいかない。だから自分は裁縫には向 …

裁縫の玉止めが苦手なあなたへ!正しい玉止めの仕方と上手になるコツ!【写真付き】

何か作りたくて手縫いにトライしてみたものの、どうも最後の「玉止め」がうまくいかな …

手縫いで強度のある縫い方は?

よく手縫いとミシン、どちらの方が丈夫?という疑問を耳にします。確かにミシンはしっ …

裁縫が出来ない。どうしよう・・・。諦めないで挑戦して!

小学校や中学校では、授業の中で簡単な裁縫を行っていると思います。しかし、大人にな …