ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジン作品をトップコートで仕上げるコツは?

      2017/03/22

せっかく作ったレジン作品、出来るだけ長期間美しく奇麗な状態で保管したいですよね。
その為にやっておきたいのが「トップコート」です。
出来上がったパーツの表面に塗布してツヤを出し保護するための塗料です。

レジン作品は、レジン液の種類や、保管状態にもよりますが、使っていくうちに、手の油や汚れで曇って来たり、黄色っぽく変色して来てしまったりする事があります。
この、変色は紫外線によって起こるようです。
という事はUVカットをすれば防ぐことができるのです。

その役目を果たしてくれるのが「Mr.スーパークリアー UVカット」です。
スプレー式なので、どなたでも簡単に作業出来る優れものです!

と言っても、失敗しないように注意しなくてはいけない点がいくつかありますのであげておきます。

注意点

スプレー缶をよく振ってください。

他のスプレー式の物と同様で、基本的な事ですがとても大事な事です。

作品からは近すぎず遠すぎずの距離でスプレーしましょう。

20cm~30cmほどの距離からスプレーしてください。

湿気が多い場所では作業しないようにしましょう。

白く濁ってしまう場合があります。

数回に分けて振りかけてください。

一度に厚く塗らず、2、3回に分けてスプレーするようにしましょう。

換気を行ってください。

匂いが強いです。
屋外で行うか、しっかりと換気を行って作業してください。

温度に注意しましょう。

気温が低い時は寒さでガス圧が下がっているので、コート剤が均一に吹き出なく、粒子が粗くなりやすいです。
冬場に作業する時は、一度スプレー缶を温めてから(スプレー缶をジップロックなどに入れ、ぬるま湯に浸すなどをして)作業するとよいです。

この「スプレー式」のトップコートは、プラモデルをやっている方には使い慣れている人も多いでしょう。
しかし、女性の方は「筆塗り」タイプのトップコートの方が、マニキュアなどで慣れており扱いやすいかもしれません。
但しマニキュアのトップコートはUV機能がありませんので、その点は妥協しなくてはいいけないでしょう。

では、「筆塗り」タイプのトップコートの注意点をあげていきます。

適量を筆にとり塗ってください。

ケチって少量にしてしまうと、筆の跡が残ります。
また、大量に取ってしまうと、均等に塗れず、凸が出来てしまう事があります。

同一方向に塗って行きましょう。

100円ショップのレジン液は、完成してもベトベトしてしまうものが多いようです。
その対策として、トップコートを塗ると、ベトベト感も無くなりきれいにしあがります。
但し、マニキュアのトップコートは、ご存知の通り固まります。
レジン液がソフトタイプのもので柔らかい作品を作ったとしても、マニキュアのトップコートを塗ってしまうと、ソフト感が無くなってしまいます。
その点を考慮しながらトップコートを選ぶようにしてください。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

[アクセサリーの材料]100円ショップのUVクラフトレジン液、特徴とおすすめの使い方

今回は、DAISOさんで販売されているレジン3種類の特徴と使い方、パーツの選び方 …

レジンの幅が広がる!モールドの作り方!

レジンをする際のモールドは自分で作ることも可能です。 色々な作り方がありますが、 …

楽天市場で発見!かわいいレジン用デザインシートのご紹介&使い方

最近はレジン用品も通信販売で気軽に購入できるようになりましたよね。私もよく利用す …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …

レジンで「波紋」を簡単に作ってみよう!

レジンで立体感のある「波紋」は、見た目にも動きがあり、つくるのが難しそうに見える …

レジン着色のススメ!材料と方法紹介

透明な樹脂のなかに好きなものを入れて固めるレジンクラフト。無色透明なままで使って …

簡単!レジンであれこれコーティングのやり方

レジンは、様々なものをレジン液に閉じ込めるだけではなく、素材そのものをコーティン …

レジンに絵を描く!?オリジナルイラストを封入する方法3パターン

レジン作品を作っていると、もっとオリジナルの作品を作りたい!と思うことありません …

[作り方]UVレジンで作る自分だけのオリジナルアクセサリー[クラフト]

UVレジンとは、紫外線で固める事が出来る液体で市販のUVランプや太陽光で固める事 …

レジンでイヤホンジャックを作ってみよう

キラキラ輝くレジンアクセサリーで、オリジナルのイヤホンジャックを作ってみませんか …