ハンドメイド専科

ハンドメイド好きのためのウェブマガジン

*

レジン×ビーズに挑戦してみよう!

      2017/03/23

今回は、レジン×ビーズについて紹介いたします。
様々な形があり、キラキラとしたビーズはレジン作成にピッタリの装飾パーツの一つです!

ビーズを使って作る

早速、ビーズを使ったレジン作品の作り方を説明いたします。

材料

  • シリコンモールド
  • レジン液
  • 閉じ込めたいビーズ
  • 爪楊枝

作り方

1.シリコンモールドにレジン液を薄く広げ硬化します。
  爪楊枝で気泡を取り除くように丁寧に広げてください。

2.レジン液を流し入れ広げたら、ビーズを封入し、硬化します。
  ビーズは穴が表から見えないように爪楊枝で動かしながら配置してあげると見栄えが良いです。
  シリコンモールドの場合は底面が表面になるので、反転するようにデザインを考えてください。

3.もう一度レジン液を流し入れ、広げ、硬化します。

4.シリコンモールドから外し、表面(シリコンモールドに接している面)がくすんでいたら、レジン液を薄く塗り硬化します。

5.はみ出したレジン(バリ)があれば、ヤスリで削るなどをして処理します。

これで完成です。

ビーズを封入する時のポイントは、ビーズの穴の向きです。
他の封入パーツと合わせて工夫しながら穴を隠すように封入しましょう。
遠近感を出したい場合は、2の工程を何度かに分けて作業してみてください。

ビーズをレジンで作る

では、封入するビーズそのものをレジンで作ってみませんか?

ビーズの型が有ればよいのですが、無いようなので、型から作る必要があります。
良く使われているのは、「おゆまる」です。
熱を加えると柔らかくなり、冷えると固まるプラスチック製の粘土です。
100円ショップでも手に入れる事が出来、熱を加えれば、何度でも成型できるので、とても便利です。

おゆまる単色(全6色)

取りたい型の原型も必要になります。
厚みのあるストロー等がビーズの形に近いかもしれませんが、せっかくレジンで作成するのなら、色々と閉じ込め装飾できるくらいの厚みがほしいですよね?
そこでオススメなのは「ボルト リング」です。
形も丸から、四角形、六角形など様々なので、完成したビーズを使用する用途も広がるのではないでしょうか?

それでは、型から作成していきましょう。

材料

  • おゆまる
  • 原型となる型
  • 熱湯
  • タオル
  • お箸

型の作り方

1.「おゆまる」を熱湯に浸しやわらかくします。

 - レジン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

ガラス瓶を使ったレジン小物の作り方

お店で売っているようなカワイイ小物を、自分で作ってみませんか? ここでは、ガラス …

100円ショップのシールを使って、簡単レジンストラップの作り方

今回は、プードルレジンストラップの作り方を紹介したいと思います。 100円ショッ …

レジンで作るかわいいイチゴマカロンとレモンゼリーのストラップ

今回はUVレジンを使用して、イチゴたっぷりのマカロンとレモンゼリーのストラップの …

レジンと合成樹脂の違いは?(エポキシ樹脂とUVレジン液)

最近では、「樹脂」「レジン」という言葉をよく耳にするようになりましたね。 でも、 …

レジン作品をトップコートで仕上げるコツは?

せっかく作ったレジン作品、出来るだけ長期間美しく奇麗な状態で保管したいですよね。 …

【簡単】初めてさんのためのUVレジンアクセサリーの作り方【初心者向け】

透明感がありガラスのような見た目ながらも、自分好みのアクセサリーなどをお手軽に製 …

レジンで簡単にべっ甲柄を作る方法をご紹介!

どの世代からも人気のある「べっ甲柄」。 大人女子の雰囲気を出してくれて、特に秋に …

UVレジンキーチャームの作り方【簡単基本のバッグチャーム】

お手持ちのバッグに合わせて世界に一つのバッグチャームを作りませんか?! 最近では …

作り方は簡単!100円ショップの材料で作れる「フラワーレジンストラップ」【初心者用】

今回は、「フラワーレジンストラップ」作り方を紹介したいと思います。 100円ショ …

レジン作品
レジン液のUVタイプと二液タイプの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

レジンクラフト、という言葉が一般的に知られ始めて量販店でも専用のコーナーがちらほ …